50歳以上の女性は骨密度が低下します。日々の食事から骨粗しょう症を予防しよう!

スポンサーリンク
728×90




骨粗しょう症を知っていますか?あなたは骨粗しょう症にならない自信がありますか?骨は50代から骨密度が低下してきます。ですから今自信がある人でも将来骨粗しょう症になるかも知れません。骨粗しょう症とは何か、そして予防法についてご紹介します。

骨粗しょう症とは

骨には新陳代謝があり、古い骨は壊され新しい骨がつくられます。この循環がうまくいっていれば良いのですが、何かの原因で循環がうまくいかずに、急に古い骨が多量に壊されはじめ、新しい骨が作られない状況になると、骨はスカスカになってしまいます。

この症状を骨粗しょう症といいます。

骨量は20代でピークを迎え40代後半まで一定ですが、50代から減少し始めます。骨量減少の原因は加齢と女性ホルモンです。骨粗しょう症に女性が多いのは、女性ホルモンのエストロゲンが関係しているからです。

女性は閉経後、骨を壊す働きを抑えるエストロゲンが減少します。そのため、女性は男性に比べ骨粗しょう症になりやすくなります。

また、思春期に大幅に増える骨量が、無理なダイエットなどで充分に作られていないとピーク時の骨量が少ないため、将来骨粗しょう症になりやすくなります。骨粗しょう症の患者は、椎体という骨が潰れるように骨折する圧迫骨折や手足の骨折をしやすくなります。

しかし、本人でも気がつかないうちに圧迫骨折をおこすこともあります。その場合、背が縮んだり背中が丸くなるので、他人に指摘されてはじめて気がつくようです。

食事から骨粗しょう症を予防しよう

早い人は50代から骨密度が低下します。測定は簡単ですので、定期的に測定し、骨密度が低下したら食事を見直したり、医師に相談して予防治療を受けましょう。骨は食事から作ることができます。

タンパク質、ビタミンD、カルシウムを意識的に摂るようにしましょう。

タンパク質は

  • 肉類
  • 魚類
  • 卵、
  • 乳製品
  • 大豆

に含まれており、

カルシウムは

  • 牛乳
  • チーズ
  • 納豆
  • 大豆
  • モロヘイヤ
  • チンゲン菜
  • 小魚
  • うなぎ
  • 大根の葉
  • 春菊

などに含まれています。ビタミンDはシイタケなどのきのこ類やサケなどの魚類に含まれています。これらの食材をバランス良く食べましょう。

骨を作るには運動と日光浴が大切です。午後は日差しが強いので、午前中のやわらかい日差しの中を散歩しましょう。骨粗しょう症になっている方は運動をすると骨折してしまうことがあるので、医師と相談して運動をするようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?上記のことに気をつけていたけど骨粗しょう症になってしまった人や、すでに健康診断で骨密度が低下していた人は投薬治療で骨密度の低下を防ぐことができます。医師に相談してみてください。

年を取ると色々な痛みがありますが、背中が痛いという方。もしかしたら狭心症かもしれませんよ…。

更年期の女性は特に気をつけよう。背中の痛みは狭心症のせいかも

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら