100億円突破も?!大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」は子供も見れる?

スポンサーリンク
728×90

現在上映中の「ボヘミアン・ラプソディ」は、日本で公開9週目にして興行収入84億円を突破しました。大ヒットを記録し、いよいよ100億円突破も視野に入ってきましたね。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は世界的人気ロックバンドのクイーンの伝記映画であり、ボーカルのフレディ・マーキュリーの物語です。

友達同士、カップル、家族連れなど、多くの人達が「ボヘミアン・ラプソディ」を見ているようですが、子供と見に行こうか悩まれる親も少なくないようです。

そこで今回は、「ボヘミアン・ラプソディ」の概要と子供と見るときの注意点についてまとめました。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」とは

1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリー。

映画は、1971年に結成された伝説のバンド「クイーン」のボーカルであるフレディ・マーキュリーの実話をもとに製作されています。

劇中ではフレディ自身の生歌を使用しており、28もの名曲が映画本編に寄り添って登場。名曲「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」などの名曲誕生の瞬間や、伝説のライブ「ライブ・エイド」の圧巻のパフォーマンスが再現された迫力ある映画です。

フレディ・マーキュリーといえばバイセクシャルをカミングアウトしており、劇中では性に対する葛藤も描かれています。

子供と見るときの注意点

親が最も気になるのは、フレディ・マーキュリーがバイセクシャルであるため、男性同士とのからみのシーンがあるのではないかということではないでしょうか。

「ボヘミアン・ラプソディ」を見た方ならご存知の通り、男性同士のからみのシーンはゼロではありません。

濃厚なシーンではありませんが、男性同士のボディタッチやキスシーンなどが数回含まれているので、子供にとっては衝撃なシーンとなる可能性が高いでしょう。

もし子供と映画を見に行くのであれば、事前にそのようなシーンが含まれていることを説明しておくことが大切だと感じます。

子供が理解するまでの年齢に達していなかったり、親が説明すること自体が難しいと感じたりするようであれば、子供に見せるのは控えた方が無難でしょう。

実際に子供と見に行った人たちの感想

とはいえ、実際に「ボヘミアン・ラプソディ」を子供と一緒に見た方も少なくないようです。

子供に見せるか悩んでいる親御さんは、子供と一緒に見た方の感想を参考にしてみてもいいかもしれませんね。

そこで、実際に子供と「ボヘミアン・ラプソディ」を見た感想のツイートを調べてみました。

  • 子供がどうして「フレディとジムは結婚しなかったの?」と不思議そうでした。

これは同性婚が認められていない時代だからだけど、未成年の世代では意識が変わりつつあるのかなと感じました。

  • 子供と見に行きましたが、ゲイ同士のラブシーンに対してまったく反応はありませんでした。

年齢的なものもあるかもしれませんが・・・

  • めっちゃ感動して、子供たちと一緒に泣きました。

  • 子供たちは曲に合わせて「ドン・ドン・パン」ってやってました。

  • フレディがどうして亡くなったかは、まだ理解できていないようでした。

  • 小5の娘は映画を見て、「同性愛なら知ってるよ、おっさんずラブで」と。

子供は柔軟ですね。

というように、子供と見た方であまりマイナスな意見はなかったように感じられました。

もしかすると、子供にとってライブの迫力の方が印象的なのかもしれませんね。

どうして子供に人気なの?

たまに小学生が「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を口ずさんでいる姿を目撃するのですが、どうしてクイーンを知らない世代にも人気があるのでしょう。

本来であれば、CDからライブへというのが通常の流れですが、映画からCDへという逆流現象が起きているからだと考えられます。

とくにクイーンを始め、70年代のアバやカーペンターズなどの楽曲は、キャッチーで分かりやすくキラキラしたイメージが残っています。

洋服の流行は一周してまた戻ってくると言われているように、音楽も次世代の人達の前に現れて強い印象を残していくのかもしれませんね。

ストーリー映画であれば1回見れば十分ですが、音楽映画であればさまざまな曲が流れ体感できるのが子供にも好まれているのかもしれません。

クイーンを知らない人でも映画は楽しめる

クイーンを知らない世代であっても、劇中ではどこかで聴いたことがある楽曲が流れます。

メンバーの名前や歴史を知らなくても、映画を楽しむことは十分できるでしょう。

しかし、事前知識があるとより映画を楽しめることは間違いないので、予習をしておくのもおすすめですよ。

「ライブ・エイド」のライブシーンは、圧巻のパフォーマンスで実際のライブを見ているような感動を味わえるでしょう。

最後に

いかがでしたか?大ヒット中の「ボヘミアン・ラプソディ」は、知らない世代であってもぜひ見たい映画のひとつとなりそうですね。

しかし、子供と見ることに躊躇してしまう親も少なくないでしょう。

実際に子供と映画を見た方は、一緒に楽しんで見ることができたというコメントも多いようなので、一緒に見ようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら