2017年の世相はどう!?2017年を干支でみると、丁酉(ひのととり)

干支と12支

明けましておめでとうございます。今年1年の世相がとても気になりますよね。アメリカでは新しい大統領が誕生する年。2017年、丁酉(ひのととり)の年がどのような1年になるのか、過去の丁酉(ひのととり)などからも世相を占ってみたいとおもいます。

干支に関する基礎知識の復習!

ちょうど1年前の記事でもご紹介いたしましたが、干支という文字は2文字からなっていることは文字を見れば何となくわかりますよね。

『支』は年賀状を書くなかで、十二支の中で2017年は酉(とり)年であることは既に周知されているかと思います。十二支の支は、子供が「ね~、うしとらうたつみ・・・」と歌っているやつです。

『干』は甲から始まる十干(じっかん)と呼ばれるものなんです。「甲・乙・丙」って日本人ならよく耳にしますよね。これが十干は10種類の要素から成り立っているのです。

毎年、年賀状には干支の「支」しか気にしませんが、本来であればこの「干+支」の2文字をきちんと理解すべきなんです。2017年は丁酉(ひのととり)。今年も繰り返しますが、干支は「十干+十二支」で表わされるものなのです。

干支の「干」の意味について

干支の「干」の部分は十干(じっかん)とよばれるものです。昨年、音読みと訓読みで一覧をつくりましたので再度UPいたします。

  • 甲(こう / きのえ):押さえ込まれ芽が出ない状態。草木の芽生えをしめす
  • 乙(おつ / きのと):すれ合いながら抜け出す状態。陽気が伸びきらない
  • 丙(へい / ひのえ):万物が明らかになる状態。陽気が発せられる!
  • (てい / ひのと):成長した後に勢いが止まり、一人前として認められた状態
  • 戊(ぼ / つちのえ):成長した後に変化・退化して行く状態
  • 己(き / つちのと):絡まった糸を解す紀であり、秀でた物が更に伸びて行く
  • 庚(こう / かのえ):変更・改まる状態。結実・形成・隠化する
  • 辛(しん / かのと):成長を極めて変革する状態。陰による統制強化
  • 壬(じん / みずのえ):芽が出ようとして膨らんでいる状態
  • 癸(き / みずのと):規則正しく萌芽する状態。新たな成長を待つ

生物の成長と同じように10年で一回りという考え方なのです。また、十干を考える上では、陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)というものがとても重要になります。

古代中国で生まれた思想で、万物に陰と陽があると考えられています。また、五行は万物は「水・木・火・土・金」の元素に分けられ、それぞれが作用をしあって成り立っているという考えかたです。この五行には相性のよいものと悪いものがあるといわれています。

相性が良いといわれる「相生(そうじょう)」

相生(そうじょう)は世の中の物が生まれる循環を示すものになります。

  1. 水を与えることで木が育つ
  2. 木をこすることによって火が発生する
  3. 火を燃やすことで灰になり土に戻る
  4. 土の中で金が生まれる
  5. 金を冷ますを水が生まれる

相性が悪いといわれる「相剋(そうこく)」

相剋(そうこく)は破壊されるサイクルを示すものになります。

  1. 水は火を消してしまう
  2. 木は土から養分を吸い取ってしまう
  3. 火は金属を溶かしてしまう
  4. 土は水を吸い上げてしまう
  5. 金属は木を切ってしまう

また、十干はそれぞれ兄弟の関係で示すこともできるのです。最初にも書きましたが、成長した後の勢いがとまり、弟の時代になるのです。

十干 意味
木の兄
木の弟
火の兄
火の弟
土の兄
土の弟
金の兄
金の弟
水の兄
水の弟

この十干、近年の出来事にあてはめると面白いとおもいます。また、10年は甲から始まるという考えがあります。物事をはじめるのであれば、甲の年が流れに乗っていいかもしれませんね。

  • 2011年 → 辛 (東日本大震災が起きた年)
  • 2012年 → 壬 (政権交代が起きた年)
  • 2013年 → 癸 (アベノミクスが打ち出された年)
  • 2014年 → 甲 (消費税が8%に。景気回復がもう一歩の年)
  • 2015年 → 乙 (日本人2名がノーベル賞を受賞!ラグビーW杯で3勝!平均株価も15年ぶりに終値2万563円15銭を達成!)
  • 2016年 → 丙 (みなさん、どんな一年でしたか???)

干支の「支」の意味について

これは比較的多くの方がごぞんじですよね。年賀状を書くときに干支は必ず確認されるとおもいます。念のために一覧で表示しておきます。

  • 子(ね / しすい):水の作用があり、海や泉や大河をしめす
  • 丑(うし / ちゅうど):土の作用があり、柔らかい土をしめす
  • 寅(とら / いんぼく):木の作用があり、大木をしめす
  • 卯(う / ぼうぼく):木の作用があり、草木花をしめす
  • 辰(ねたつ / しんど):土の作用があり、大きな山・硬い土をしめす
  • 巳(み / しか):火の作用があり、蝋燭の様な弱い火・ともし火をしめす
  • 午(うま / ごか):火の作用があり、燃え上がる炎・太陽をしめす
  • 未(ひつじ / ひど):土の作用があり、柔らかい土をしめす
  • 申(さる / しんきん):金の作用があり、剛金をしめす
  • 酉(とり / ゆうきん):金の作用があり、加工された金属・貴金属をしめす
  • 戌(いぬ / じゅつど):土の作用があり、大きな山・硬い土をしめす
  • 亥(い / がいすい):水の作用があり、雨や露や池をしめす

他にも色々な意味や状態を示しています。該当の年だけでもしっかり確認することができればいいですね。

近年の年号から見る60通りある十干+十二支の組み合わせ

十干十二支は60個の組み合わせからなりたち、甲子から癸亥までの60個を繰り返すのです。あの、甲子園も十干十二支から名付けられたようですね。

十干十二支の順番  西暦(年号)   干支(訓読み / 音読み)

1

 1984年(昭和59年)  甲子(きのえね / こうし)
 1985年(昭和60年)  乙丑(きのとうし / いっちゅう)
 1986年(昭和61年)  丙寅(ひのえとら / へいいん)
 1987年(昭和62年)  丁卯(ひのとう / ていぼう)
 1988年(昭和63年)  戊辰(つちのえたつ / ぼしん)
 1989年(平成元年)  己巳(つちのとみ / きし)
 1990年(平成2年)  庚午(かのえうま / こうご)
 1991年(平成3年)  辛未(かのとひつじ / しんび)
 1992年(平成4年)  壬申(みずのえさる / じんしん)
10   1993年(平成5年)  癸酉(みずのととり / きゆう)
11   1994年(平成6年)  甲戌(きのえいぬ / こうじゅつ)
12   1995年(平成7年)  乙亥(きのとい / いつがい)
13   1996年(平成8年)  丙子(ひのえね / へいし)
14   1997年(平成9年)  丁丑(ひのとうし / ていちゅう)
15   1998年(平成10年)  戊寅(つちのえとら / ぼいん)
16   1999年(平成11年)  己卯(つちのとう / きぼう)
17   2000年(平成12年)  庚辰(かのえたつ / こうしん)
18   2001年(平成13年)  辛巳(かのとみ / しんし)
19   2002年(平成14年)  壬午(みずのえうま / じんご)
20   2003年(平成15年)  癸未(みずのとひつじ / きび)
21   2004年(平成16年)  甲申(きのえさる / こうしん)
22   2005年(平成17年)  乙酉(きのととり / いつゆう)
23   2006年(平成18年)  丙戌(ひのえいぬ / へいじゅつ)
24   2007年(平成19年)  丁亥(ひのとい / ていがい)
25   2008年(平成20年)  戊子(つちのえね / ぼし)
26   2009年(平成21年)  己丑(つちのとうし / きちゅう)
27   2010年(平成22年)  庚寅(かのえとら / こういん)
28   2011年(平成23年)  辛卯(かのとう / しんぼう)
29   2012年(平成24年)  壬辰(みずのえたつ / じんしん)
30   2013年(平成25年)  癸巳(みずのとみ / きし)
31   2014年(平成26年)  甲午(きのえうま / こうご)
32   2015年(平成27年)  乙未(きのとひつじ / いつび)
33   2016年(平成28年)  丙申(ひのえさる / へいしん)
34   2017年(平成29年)  丁酉(ひのととり / ていゆう)
35   2018年(平成30年)  戊戌(つちのえいぬ / ぼじゅつ)
36   2019年(平成31年)  己亥(つちのとい / きがい)
37   2020年(平成32年)  庚子(かのえね / こうし)
38   2021年(平成33年)  辛丑(かのとうし / しんちゅう)
39   2022年(平成34年)  壬寅(みずのえとら / じんいん)
40   2023年(平成35年)  癸卯(みずのとう / きぼう)
41   2024年(平成36年)  甲辰(きのえたつ / こうしん)
42   2025年(平成37年)  乙巳(きのとみ / いっし)
43   2026年(平成38年)  丙午(ひのえうま / へいご)
44   2027年(平成39年)  丁未(ひのとひつじ / ていび)
45   2028年(平成40年)  戊申(つちのえさる / ぼしん)
46   2029年(平成41年)  己酉(つちのととり / いつゆう)
47   2030年(平成42年)  庚戌(かのえいぬ / こうじゅつ)
48   2031年(平成43年)  辛亥(かのとい / しんがい)
49   2032年(平成44年)  壬子(みずのえね / じんし)
50   2033年(平成45年)  癸丑(みずのとうし / きちゅう)
51   2034年(平成46年)  甲寅(きのえとら / こういん)
52   2035年(平成47年)  乙卯(きのとう / いつぼう)
53   2036年(平成48年)  丙辰(ひのえたつ / へいしん)
54   2037年(平成49年)  丁巳(ひのとみ / ていし)
55   2038年(平成50年)  戊午(つちのえうま / ぼご)
56   2039年(平成51年)  己未(つちのとひつじ / きび)
57   2040年(平成52年)  庚申(かのえさる / こうしん)
58   2041年(平成53年)  辛酉(かのととり / しんゆう)
59   2042年(平成54年)  壬戌(みずのえいぬ / じんじゅつ)
60   2043年(平成55年)  癸亥(みずのとい / きがい)

2017年は丁酉(ひのととり)の年

丁酉の年がどんな年になるか、過去を見るのが一番いいのです。実際に昨年書いた記事にも、60年前、120年前をみることで、今年を占うことができる旨書いておりました。昨年は以下のことから、独立が起きた年と記載しました。

  • 1776年:アメリカ独立宣言
  • 1836年:テキサスがメキシコから独立宣言
  • 1956年:モロッコとチュニジアがフランスから独立。スーダンがイギリスから独立。

覚えていますよね。2016年はイギリスがECから離脱を決めた年です。やはり歴史は繰り返されたのです。そして、過去の丁酉にはこのようなことが起きていました。

  • 757年  :養老律令
  • 1297年:永仁の徳政令
  • 1477年:応仁・文明の乱が終わる
  • 1657年:明暦の大火(江戸三大大火の一つ)
  • 1837年:大坂で大塩平八郎の乱が発生(地方の乱)
  • 1897年:貨幣法が制定

火災が起きて江戸の景気が良くなったり、地方発の混乱が発生などがありました。今年も同じようなことが繰り返されるのでしょうか。

丁が示す意味について

丁という文字は、甲・乙・丙から始まる文字の4番目にあたります。ちょうど、成長が終わり、陽気から陰気への転換に向かうタイミングにもなるのです。

丁の上の一は、陽気の代表的な干である去年の丙の上の一(一は陽気を表す)を承けて、さらに陽気が進んだ段階を示しております。したがって、春から延びてきた陽気の最後的段階、季節でいうならば四月、五月に当たります。

しかしその頃になると盛んであった陽気が、やや末期に入ってくる、沈んでくる。それが丁の字の本義であります。 酉であるが、これは元来酒を醸造する器の象形文字で、醗酵を表している。

したがって成る・熟する・飽く等の意となり、時刻では午後五時から七時、季節では仲秋、方位では西方を表す。

(中略)中に醸されている新しい勢力の爆発、蒸発、これは昔から新しい革命勢力のつくられることを表すわけであります。
(安岡正篤 『干支の活学』より抜粋)

酉が示す意味について

酉刻は夕方18時ごろを示します。そろそろ終わりを示す意味になります。また、お酒というじ。「さんずい+酉」という文字ですよね。酒宴を示し、一仕事を終えて、一息つこうという意味に取ることもできます。

また、鳥という字を使わず、酉という字を使うのは、形声文字として音をあてただけで、本来は酒や酒壺という意味を持つのです。

酒樽の形。金文では字を酒の意に用いており、酒の初文。
(白川 静「字統」より抜粋)

丁酉の年はどんな年?

甲午(2014年)→ 乙未(2015年)→ 丙申(2016年)で勢いづいてきたところ、いったん一服をするという年になることが推測されます。戊戌(2018年)には成長したものを刈り取る年になることから、その準備として一旦足をとめ、どう刈るかしっかり考える1年になるのです。

最後に

私が干支を信じるようになったのは、2011年の東日本大震災の年でした。会社の経営者のかたから、辛卯の年とその意味について教えていただきました。辛卯の年は大災害が過去に発生しているので、注意するようにいわれたのです。

  • 1771年:八重山地震で約12,000人が死亡もしくは行方不明
  • 1891年:濃尾地震で約7,000人以上が死亡
  • 1951年:三原山の噴火
  • 2011年:東日本大震災

本当に、大災害が発生したのです。今年についても、まだ成長があるものの、いったん立ち止まり、今後どうするかしっかり考える年です。まさに、お酒を飲みながら考えなくてはいけない一年になるのです。そして、来年(2018年)は決断の年です!

2016年の世相はどう!?2016年を干支でみると、丙申(ひのえさる)!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら