貯金が苦手な人に最適!手軽に今すぐできる500円玉貯金で貯める喜びを実感しよう!

スポンサーリンク
728×90

貯金はしたいけど、なかなかお金が貯まらない」と悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが「500円玉貯金」です。お財布の中に500円玉があれば、貯金箱に入れていくだけの簡単な方法なので、地道に続けやすいというメリットがあります。実際に、TBSアナウンサーの安住紳一郎さんは、500円玉貯金を続けなんと230万円の貯金に成功しています。そこで、今回は500円玉貯金の魅力についてご紹介します。

500円玉貯金の魅力

貯金をしたくても、生活費を捻出するだけでやっとという方も少なくありません。そのため、無理をしてまで貯金をしようとすると、長続きしないのも目に見えてきますよね。

そこで無理なく続けやすいことから、始める方が多いのが「500円玉貯金」なのです。それでは、500円玉貯金の魅力についてご説明しましょう。

1:貯まるスピードが速い

何と言っても500円玉貯金の魅力は、他の硬貨よりも圧倒的に貯まるスピードが速いことです。500円玉自体、世界で1、2位を争うほどの高額なコインなので、1日1枚500円玉を貯めると1ヶ月には1万5千円、1年で18万円の貯金に成功するということです。

また、買い物へ行くと常に500円玉ができる可能性が高く、貯金できるチャンスが増えるため、500円玉貯金は貯めやすいという魅力があります。

2:貯まる様子が実感できる

銀行に預けてしまうと、通帳上の数字でしか貯まった金額を確認できませんよね。

しかし、500円玉貯金なら自分の手元で貯金することができるので、貯金箱の重みを感じたり、山のような高さに積み上げてお金が増えていることを実感したり、リアルタイムでお金が貯まっていく様子を感じられます。

そのことが励みとなり、貯金することが面白くなって習慣付けられたり、モチベーションが維持できたりするということです。

3:手軽にスタートできる

いざ貯金を始めようとすると、銀行選びや口座の開設といった面倒な手続きもありますよね。しかし、500円玉貯金は、思い立ったらすぐに始めることができるのです。貯めるスピードや1日に貯める金額など、自由に調節できるのも500円玉貯金の魅力と言えるでしょう。

500円玉貯金を継続させるポイント

それでは、500円玉貯金を始めるにあたって、長続きさせるポイントをご紹介します。

1:貯金箱は自分に合った物を選ぼう

500円玉貯金をするには、まず貯金箱が必要ですよね。貯金箱は様々な種類がありますが、どんな物なら継続しやすいのか自分の性格に合った物を選ぶようにしましょう。

例えば、「中身が見えている方がやる気が出る」という方や、「意思が弱いから、すぐに開けられないタイプのものが良い」という方など、どのような貯金箱なら続けやすいのか見極めるのがポイントでしょう。

2:目につきやすい場所に貯金箱を置く

500円玉貯金を習慣化させるため、あえて目につきやすい場所に貯金箱を置くのがおすすめです。いつもバッグを置いている場所や財布からお金を出しやすい場所など、500円玉貯金を習慣化しやすい場所に置くようにしましょう。

3:500円玉を作るためのゲームをする

買い物などのお金を支払うときに、いかに500円玉を作るのかというゲームをしてみるのもおすすめです。あえて500円玉を作るテクニックを身に付けることで、ゲーム感覚で500円玉を作ることができるのです。

例えば、支払いが500円未満の場合は、千円札を出してお釣りで500円玉を貰えるようにします。支払いが500円を超える場合は、あえて支払金額に500円をプラスした金額で支払うようにします。650円の支払金額であればプラス1,150円となるため、細かい硬貨がなければ1,200円を支払えば500円玉のお釣りを貰えるでしょう。

これで、上手に500円玉のお釣りを貰えれば、500円玉貯金ができる上に達成感も感じられます。

4:イベント化して楽しもう

500円玉貯金を始めたら、開封する日を設定するのも楽しいです。誕生日などの記念日に開封したり、開始日から1年後などはっきりと日にちを明確にしたり、500円玉貯金をイベント化するのも継続できる方法のひとつです。

貯まった500円玉の両替方法

500円玉に限らず硬貨を貯金している人の悩みで多いのが、両替方法です。

東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の大手3大銀行では、500円玉500枚まで平日の9時から午後3時までは手数料がかからず自動両替機で両替ができます。銀行窓口で両替をする場合は手数料がかかるところが多いため、自動両替機を活用するのがおすすめでしょう。

しかし、近くに大手3大銀行がないという場合もありますよね。この場合は、ゆうちょ銀行を活用すると良いでしょう。ゆうちょ銀行では両替のみでは手数料が発生してしまいますが、窓口で入金をする場合は手数料が発生しません。

入金する場合は入金する総合金額を記載しなければいけないので、事前に500円玉の枚数を数えておくか、窓口で計算してもらうようにしましょう。そして、入金が済んだらATMでお金を引き出せば、結果的に手数料がかからず無料で両替したことと同じ形になります。

一般的に、銀行での両替手数料は300~600円程度かかるようです。

最後に

いかがでしたか?無理なく続けやすい500円玉貯金は、いつでもチャレンジ可能な簡単にできる貯金方法です。なかなかお金が貯まらないとお悩みの方は、試しに500円玉貯金をスタートさせてみてはいかがでしょう。

手元に貯金箱があるだけでお金が貯まっていく喜びが実感でき、継続して頑張ろうという気持ちにさせてくれますよ!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら