生後5か月の赤ちゃんの夜泣きは昼間の刺激が強すぎるから?生活リズムで大切なポイントとは?

スポンサーリンク
728×90

生後5か月くらいになると、赤ちゃんによってはある程度の生活リズムが決まってくる様子が見られるようになってきます。生まれてすぐの赤ちゃんは夜中もミルクを飲んでいますが、5か月になると夜もまとまって寝るようになり昼夜のリズムがはっきりとしてくるのです。この頃の赤ちゃんは、一日のメリハリを意識する大切な時期でもあります。今回は、5か月の赤ちゃんの生活リズムで大切なポイントをご紹介していきますね!!

早寝・早起きを意識して!

「朝起きて、日中は活動し、夜は暗くなったらベットに入る」この様な一日の流れのリズムがつかめるようになってくるのが、5か月くらいの赤ちゃんの特徴です。この時期に意識してあげたいのが、早寝早起きのリズムです。

できるだけ一日の生活時間を同じ時刻で送れるように、親も協力してあげて下さい。親が夜更かしを習慣化していると、赤ちゃんの生活リズムにも変化が生じるようになってきます。一度身に付いた習慣を治すのは大変です!

良い習慣は、早めのうちに身に付けさせたいですよね?赤ちゃんが早寝・早起きのリズムが身に付いてくると、親の方もお世話が楽になりますよ!

昼間の活動が大切!

5か月の赤ちゃんは、ねんねの頃よりも首がすわり体がしっかりとしてきます。体がしっかりしてくると、色々な物や行動などに興味津々の時期です。

昼間の明るいうちは、散歩に出かけたり、公園で日向ぼっこをしたりと活動して好奇心を満たしてあげることが大切です。昼間の適度な活動が、夜まとめて寝てくれることにもつながります。

つらい赤ちゃんの夜泣きにはどうすれば良い?

夜まとまって寝てくれる様子が見られる反面、夜泣きが増えるのもこの時期ならではの悩みです。夜泣きが始まったら、基本的に赤ちゃんが落ち着くまであやします。

夜泣きの原因は様々ですが、特に主な理由として昼間の刺激が強すぎる為と言われています。親の都合で、色々な場所に連れまわしてはいませんか?疲れないだろうと思われる赤ちゃんですが、過度の外出は赤ちゃんにとって刺激が強すぎる場合があります。

夜泣きが治まらない場合は、あやす方法の他に昼間の刺激が強すぎていないか今一度生活をチェックしてみることも良いかもしれません。

なお、学術的に夜泣きはおなかの中にいたころの習性が残ったものとされています。お母さんのお腹にいる頃、昼間に動くとお母さんの負担になることから、お腹の赤ちゃんが活動するのは夜中。

そのリズムが未だに続いているのです。

何かと辛い夜泣きですが、お腹の中にいたころは、お母さんのことを思って夜中に活動をしていたのです。

最後に

いかがですか?生活のリズムをつかみ始める大切な時が、5か月の赤ちゃん期です。あまり神経質にならず、赤ちゃんと一緒に生活リズムを作り上げる感覚を忘れずに楽しんで過ごして下さいね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら