不要なものを捨てたいが捨てられない!そのモノが捨てられない5つの理由とは?

スポンサーリンク
728×90

気が付けばモノが増えてしまい、捨てようと決めても中々捨てられない…。モノを捨てられない理由は、いくつかあります。「捨てる」という行為は、簡単なように見えて実は複雑です。何故なら、心理的な要素が大きくからんでくるからです。新年を前に、来年こそはこのスパイラルから抜け出してみませんか?ここでは、捨てられない理由を5つご紹介します。

使っていないが、壊れていないモノ

使用、未使用に限らず壊れていないモノほど捨てる事をためらう場合はありません。壊れていないモノを捨てるなんて、もったいない! そうです。もったいない!でも、それはモノの状態や使用状況により通用することです。

未使用で長い間そのままのモノ、ありませんか?このような場合は、使っていない状況自体がもったいないです。モノは、それぞれ役割があります。モノの役割に見合った状況でなければ、壊れていないモノでも、そのモノの存在意義は見いだせないでしょう。

使いきっていない中途半端なモノ

そこそこ使用していたけど使わなくなってしまった、でもまだ壊れていない或いは使いきっていないので捨てられない。。。ありますよね。そのようなモノ。初めは気に入っていたけれど、次第に使わなくなってそのままのモノは今後も出番の可能性は低いでしょう。

頂き物など相手の気持ちが絡んでくるモノ

「好みに合わないモノを頂いたけれど、使わないで取っておきます。」この様な方は、多いのではないでしょうか?頂き物を捨てたらその人に申し訳ないから捨てることが出来ないのでしょう。相手の気持ちをも捨ててしまう様な感覚から、一種の罪悪感を感じてしまうことも。。。

ブランド品など高価なモノ

高価なモノだからと言って、タンスに仕舞い込んでいませんか?惜しげなく、どんどん使いましょう。高価なモノは、費やした費用を気にしすぎるあまり捨てられないケースが殆どです。ただし高価なモノでも、モノの役割を果たさなければ意味がありません。

どうしても処分をためらう場合は、買い取り専門店やリサイクルショップなどに相談してみるのもおススメです。

モノが無くなると不安?

「いつか使うのでは?」「これを捨ててまた使う機会がきたらどうしよう?」この様な不安感から、モノを捨てられない場合がありますよね。大丈夫です。今まで使わなかったモノのいつかは、この先もおそらくやってこないでしょう。

「使わないモノ」をいつ使うかも分からない時の為に取っておくことは、未来への不安を表しています。これは精神上好ましくありません。使わないモノは、思い切って処分しましょう。

最後に

いかがでしたか?捨てる事は、モノへの自分の気持ちと向き合えるチャンスです。断捨離をして、来年こそはすっきりと過ごしましょう!

モノの整理と言えば、こんまり流が有名ですよね。次の記事で続けてご確認ください!

こんまり(近藤麻理恵)流が大人気!ときめき整理収納法とは

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら