夏の家族旅行、ネットを利用した賢い宿の予約方法はこれ!キャンセル料も恐れない!?

スポンサーリンク
728×90

暑い日が続いています。夏が近づいてきてますね。 もうすでに遊ぶ予定がぎっしりで楽しみにしている方もいるのではないのでしょうか。 近場で遊ぶにしろ、遠出するにしろ、出費は免れません。。今回は遠出するときに宿泊する、”宿”を安く予約する方法をご紹介したいと思います。

宿泊先の探し方

まず、皆さんは宿泊先を探すときにはどうしていますか? ネットで探して自分で予約するか、旅行会社などでお願いするのが大半だと思います。一番の手は、予約する時期が早ければ早いほど、安くおさえることができると思います。

でもそう都合よくいくなら苦労しませんよね。

旅行会社から予約をするときには飛行機や新幹線などの移動手段+宿泊がセットが多いです。もちろんセットと称してしているので、別々に予約をするよりは断然安くなっています。

パックツアーは当日もOK?

基本はツアーなどのパックになっているものが多いと思いますが、添乗員がつかない自由行動ができるものもたくさんあるので、とても便利になってきました。ツアーの種類によっては、なんと当日の出発まで予約可能なものまで出てきています。

旅行会社が扱っているツアーは元から料金が安めになっているので、そこからさらに値下がりすることはほぼありえません。ですがやはり保証なんかもついているのでいざという時は安心ですね。

楽天トラベル&じゃらん

次はネットでの宿泊サイトは楽天トラベルじゃらんが大手ですね。 大半の方はこの2つのサイトで探されるのではないでしょうか。その他、一休るるぶトラベルコなどもあります。大手2社よりはちょっと小さ目ですが、出しているプランなどは、ほぼ同じです。

ネットでのプランは施設側が作成しているので、より利用してもらうための策がこされています。クオカード付きや観光名所の割引付き、ポイント10倍など利用者の目的によって選択できます。

エクスペディアについて

また、エクスペディアというサイトはご存知でしょうか。こちらは外国人向けでサイトですが、日本人も利用は可能です。エクスペディアは楽天よりもじゃらんよりも安い料金で設定されていますが、室数が少なく設定されているので、見つけたときはラッキーです。

最後は当日予約!繁忙期に安く予約を取る方法とは

次は繁忙期により安く予約する方法を教えます。 普通の日はそんな満室になることなんて滅多にありませんが、繁忙期となると半年以上前からどんどん埋まってきて、二か月前にはほとんどの施設が満室になります。

部屋やプランの作成などは施設側のスタッフが管理しているので、状況によって増やしたり、減らしたりと調整していきます。

残室が多ければ、施設側も部屋を埋めたいので安く安く出していき、逆に少なければ高めに出してきます。 部屋の提供をしているのは、旅行会社、ネット関係がほとんど。

旅行会社は二週間前にはいったん締切をするので、その時点で余った部屋を施設側に返してきます。その帰ってきた部屋をネットで再販するので、その期間を狙い予約します。それでもダメなら最後は当日!!

もちろん、当日でもネットでは満室表示されますが、HPはどうでしょうか。 旅行会社やネットは利用手数料が発生するので、お客さんが支払った金額の10%くらいは支払わなければなりません。そうすると施設側も手数料が発生しない自社のHPに出してくるわけです。

朝の時点で狙っているHPをさがしてみましょう。 それでも満室ならお昼、夕方と遊んでいる合間にちょくちょく探りを入れます。 直接電話するのも手ですね。そして最後の最後は施設の最終チェックインの時間に注目します。

最終チェックインは、この時間を過ぎたら部屋の保証はしませんよという意味合いが多いです。もちろん、玄関がしまる施設もあるので、過ぎたら館内に入れないというところもありますが、いまは24時間空いているところが大半なので、そこを狙っていきます。

または旅行会社で予約した人が宿泊だけをキャンセルをすることがあるので、その分を施設側は売り出してきます。

「キャンセルする人なんかいるの?」

って思ってる方いませんか? ええ、結構いるんです。飛行機や新幹線も単独でとるよりも、宿泊とのセットで取った方が安くなる場合があります。

帰省する人や、友人のところへ遊びに行く方がそれを利用すると、実家・友人宅で寝泊りするので、わざわざ施設に行く必要はありませんよね。

お客さんが宿泊する権利が最終チェックインの時までなので、遅くなる連絡しない場合を除いては宿泊の権利破棄という扱いをするので、その分の部屋が空きますね。なので、その時間を狙って電話をかけます。

キャンセル料がかかると書いてあるが、万が一に備えて予約をしよう

ここまで説明しましたが、空いていない場合ももちろんあります。必ず保険はかけておいたほうがいいですね。

ちょっと高めだけど、予約をしておいて安いところが空けばキャンセルする。キャンセル料がかかると書いてはありますが、先払いしていない限り、取られることはありません。

当日のやり方は、慣れていないとリスクが高くなるので、1~2週間前の月曜日に検索をかけたほうがいいでしょう。また、1泊で探すよりも連泊で探したほうがヒットすることもあります。

施設側がより部屋を埋めるためにそういう設定をしているときもあるので、連泊でひっかけて宿泊し、予定が変わったといえば、2日目はキャンセルしてもらえます。宿泊をしていないのに、連泊プランだからと2日目の宿泊を取られることもありません。

ただ、食事つきだと材料が用意がされていたりするので、その分は取られるかもしれないので注意です。旅行先ではただでさえ、出費が増えてしまうので、宿泊費だけでも抑えることができたら違うことに使えますよね。

寝るだけならばカプセルホテルやビジネスホテル、ゲストハウスなど今は女性一人でも使いやすいようになっているので、お得に活用できると思います。

最後に

子どもの二泊三日で満喫できる旅行プランについて、こちらの記事でご紹介しております。是非ご覧ください!

小学生、幼稚園(保育園)児の子供と3連休に山梨・長野(信州)方面のオススメ家族旅行プランはこれ!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら