近場のイオンが変わった!身近に落ち着ける場所とは

スポンサーリンク
728×90




日々の暮らしの中で気落ちが豊かになれる時間があると幸せを感じられますよね。海外でブランド品をいっぱい買う?高級なレストランでのリッチなディナー?(そういえばバブルの頃に「イタ飯」なんて言葉、流行ったなー。)いいえ、普段の生活圏内に意外と(お金をかけず)満たされた時間を過ごすことの出来る場所はあるもんです。今回、ささやかだけれど気落ちが豊かになれる場所をお伝えします。

イオンの店が変わった!

デパートでのお買物は綺麗な服、キラキラするジュエリー、美味しそうな食べ物、見てるだけでとても楽しいですよね。生活必需品を買うお買物とはちょっと違います。でもわざわざ出かけると時間と交通費がかかるし面倒くさいし…。デパートじゃなくてもリッチな雰囲気で楽しく(ウィンド)ショッピングできる場所ないかなー。あったんです!それはずばりイオンの店舗。最近できた幕張新都市店みたいな大型ショッピングモールでなくても以前からあった店舗が去年あたりから変わってきているんです。

私は千葉県在住なのですが、千葉駅からJR外房線の下り方面3つ目に鎌取駅があります。その駅前に「ゆみーる鎌取ショッピングセンター」があります。

http://www.aeon.jp/sc/yumiru-kamatori/

昨年の4月の改装までは専門店街があって広いけど、デパートとは違う地元のショッピングモールという感じでした。一階にあるフードコートも広い空間にテーブルと椅子があるだけの寂れたファストフード店みたいだったのです。ところが改装後に行ってみてびっくりポンでした。「な、なにこれ、デパートやん!」

本屋さんで至福の時-私の場合

改装後のイオン鎌取店は木目や黒を基調とするシックな内装でした。フードコートは座席も増え、スタバほどでなくても落ち着いた雰囲気になっていました。リカーショップには「ここは石井成城?」と思うくらいの海外の食材が揃えられ、文具売場はロフトのようにおしゃれな小物がディスプレーされ以前の「スーパーの文具売り場」ではなくなっていました。

一番素晴らしかったのは書店です。お店は前と同じ(「未来屋書店」)でしたが店内に椅子や図書館のようなテーブル席がありました。購入前の本を持ち込めるカフェまで出来ていたのです。本好きでなくても雑誌を読みながらゆっくりお茶できそうです。私の場合、テーブル席にランキングに入った本を全部抱え込み一気読みします!読むだけでもok。(ちゃんと一冊は買いましたが。)隣では漫画本を全巻読破しようとしている中学生がいました。(笑)

楽しみ方いろいろ

鎌取店だけでなく他のイオン店舗も改装され高級感があるお店に変わって来ているそうです。
都内にある店舗ではおしゃれなバルができて仕事がえりに軽くワインを楽しめるそうです。
日常生活圏内にあったスーパーが素敵な空間に変わって毎日にチョコっと楽しい時間が増える。楽しみ方は人それぞれだと思いますが日常生活が豊かになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら