大手航空会社とLLCでは対応が違う!個人旅行は特に注意したい飛行機の欠航による注意点とは

スポンサーリンク
728×90




台風などの影響で飛行機が飛ばないことってありますよね。実際に乗る予定だった飛行機が、台風や大雪により欠航となってしまった場合、どのように対処すればいいのでしょう。1度経験している方は次からはこうしようと対策ができますが、初めての場合は動揺してしまいます。そうなる前に飛行機が欠航したときの注意点を知っておくと安心です。今回は、飛行機が欠航したときに慌てないためのポイントをご紹介します。

行き(往路)の飛行機が欠航した場合

ツアーの場合、行きの飛行機が欠航してしまうと、ツアー自体が中止になることがほとんどです。そのため、キャンセル料はかからずに、次回のツアーに既に支払っている料金を充てることができます。

しかし、台風が近づいているから、大雪だからと自己判断でツアーをキャンセルした場合は、キャンセル料が発生します。天候によってツアーの実施等が気になる場合は、事前にどのような状況なら中止になるのかをツアー会社に確認しておくと安心です。

また、個人で航空券を購入して飛行機に乗る予定の人は、各航空会社のホームページより運行状況を確認しましょう。もし、天候調査中や条件付き運航などの案内が表示されている場合は、キャンセルや振り替えをすることができます。

もちろん手数料などの料金は発生しませんので、安心してください。通常、格安航空券はキャンセル・変更不可がほとんどですが、天候による欠航であれば無料でキャンセル・変更をしてくれます。

帰り(復路)の飛行機が欠航した場合

もし帰りの飛行機が欠航した場合は、ツアー、個人と関係なく順次空席がある便へ変更してくれますが、振り替えができるまでは帰れないということになります。そのため、その日はどこかに宿泊しなければいけないという場合も出てくるでしょう。

このとき疑問に思うのが、「宿泊費は誰が負担するの?」ということではないでしょうか。残念ながら、この場合宿泊費は自己負担となります。

航空会社が払うべきと勘違いする方もいますが、あくまでも台風や大雪といった天候による欠航は自然災害です。そのため、誰の責任でもないということになります。

別の交通手段で帰る方法を選択する場合は、一度払い戻しをしてもらい交通費に充てるということもできます。このとき、もし余分に交通費が発生してしまっても、全て自己負担となるので注意しましょう。

LCCでの欠航の際は、特に注意が必要!

今まで説明していた飛行機が欠航した場合のポイントは、すべてフルサービスキャリア(大手航空会社)の対応となります。そのため、LCCでの対応は別となるため、どのような点に注意が必要かまとめました。

  • LCCで欠航または大幅な遅延(2時間以上)となった場合は、自社便のみの振り替えしかできない。
  • 往路と復路を一括購入していない場合、往路が欠航となったときに往路のみ振り替えか払い戻しができる。そのため、復路の予約はそのまま残った状態になる。

LCCが欠航した場合は、このような注意点があります。そのため、LCCで航空券を購入する場合は、往路と復路両方とも同じエアラインにするか、往復のチケットを一括で購入するということがポイントとなります。

最後に

いかがでしたか?万一、欠航となった場合はどのように行動すればいいのか、事前に各航空会社のホームページで対応について確認しておくと安心です。欠航当日は受付も電話も混雑して、なかなか思うような対応を受けられない可能性があります。

そのためにも、自分自身で情報を収集して必要な手続きをするようにしましょう。

LCCで海外にも気軽に行けるようになりましたが、台北やシンガポールに行くなら、シンガポール航空の子会社スクートという選択肢もあるのです。

LCCを利用して台北やシンガポールにいくなら、スクートがオススメ!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら