飛行機で耳が痛くなる!その原因と対処法について

飛行機に乗ると必ず耳が痛くなったり詰まった感じがしたり、快適に過ごせないという方もいるのではないでしょうか。どうして飛行機に乗ると耳が痛くなるのでしょう。さらに、耳が痛くなりやすいタイプがあるのをご存知ですか?今回は、飛行機に乗ると起こる耳の痛み、その他にも起こりやすい症状についてご紹介します。

どうして飛行機に乗ると耳が痛くなるの?

飛行機で耳が痛くなる原因は、気圧の変化にあります。航空性中耳炎という症状で、気圧の変化により鼓膜の内側と外側の調整が上手くできないことから耳鳴りや耳の痛み引き起こすのです。

耳が痛くなりやすい人の特徴

風邪やアレルギー性鼻炎の人

鼓膜の奥にある中耳は、耳管という細い管で鼻に繋がっており、気圧の変化があると耳管が鼻側で開くことで圧を調整することができます。風邪やアレルギー性鼻炎の人は、鼻の粘膜が腫れて耳管が開きにくくなっているため、耳抜きができず耳が痛くることがあります。

耳抜きが上手にできない人

耳抜きをすることで気圧の調整をすることができますが、耳の器官が小さく鼓膜の内側と外側の調整が上手くできないと、耳鳴りが起きやすくなるでしょう。とくに子供は耳抜きがまだ上手にできない子が多いので、耳鳴りがしやすいようですね。

耳が痛い、耳が詰まっているときの対処法

飛行機で耳抜きができず耳鳴りや痛みを感じる場合、どのように対処すればよいでしょう。いくつかある対処法をご紹介します。

飴をなめる、あくびをする、つばを飲む

耳鳴りや耳が詰まっている感覚がした場合、飴をなめると良いでしょう。飴をなめると、気圧の調整をする鼓膜の内側と外側の耳の器官が広がり、気圧が調整しやすくなると言われています。あくびをしたりつばを飲んだりするのも、飴をなめるのと同じ効果があるでしょう。

バルサルバ法

バルサルバ法とは、いわゆる耳抜きのことです。息を軽く吸い込んだら鼻をつまみ、口を閉じた状態で耳に息を送り込みます。あまり強くやらないよう注意してくださいね。

最後につばを飲みこんで耳抜きができます。子供は耳抜きが上手にできない子も少なくないため、ミルクやジュースを飲ませてあげると痛みが軽減されるでしょう。

耳栓を使う

耳栓は、離着陸の直前で気圧の変化が始まる前に装着するのがポイントです。フライト中装着し続ける必要はありませんが、気圧の変化が大きくなる離陸時と着陸時は装着すると良いでしょう。

飛行機に乗ると起こしやすいその他の症状

飛行機に乗ると耳鳴りや耳が痛くなるなどの症状以外にも、頭を悩ませる症状を引き起こすことがあります。それでは、どのようは症状を引き起こす可能性があるのか説明します。

吐き気、嘔吐

車や船と同じように、飛行機の揺れによって乗り物酔いをすることがあるでしょう。吐き気がした場合は、ゆっくり深呼吸をして座席をたおして辛くない姿勢を保ちましょう。酔い止めは機内に常備されているので、辛くなる前に心配な場合は客室乗務員に伝えて酔い止めを服用すると良いですね。

飛行機に乗る前は食べ過ぎや飲みすぎを避け、空腹すぎるのも吐き気を引き起こす可能性があるため注意しましょう。

飛行中揺れが大きいときは、雑誌や新聞などを長時間読むのは避けて下さいね。

顔が痛い

顔の表面近くには副鼻腔と呼ばれる空洞がいくつかあるのですが、鼻が詰まっていると気圧の変化が生じたときに副鼻腔炎を発症することがあります。前頭部が最も痛みを感じやすく、頬や目の周りに痛みを感じることもあるでしょう。

腹痛、お腹の張り

便秘の人やお腹にガスが溜まっている人、炭酸などの飲み物を多く飲むと腹痛やお腹の張りなどの症状があらわれることがあります。飛行中に起こるお腹の痛みの多くは、胃腸の中の空気が膨張することが原因と考えられています。

腹痛を感じた場合は、ベルトや衣類、下着を緩めてお腹が締め付けられないようにしてくださいね。

飛行機ではお腹が締め付けられない服装を選び、炭酸飲料などのガスを多く含む飲み物は控えましょう。飛行機に乗る前に排便を済ませたり、便秘の場合は事前に改善できるよう薬を飲んで対処したり対応してください。

歯が痛い

治療中の歯や虫歯があると、飛行中に歯が痛むことがあります。

原因は、治療中の歯や虫歯に含まれる空気が膨張・収縮するために引き起こされます。治療中の歯や虫歯がある場合は、飛行機に乗るのは避けた方が良いでしょう。

飛行中に歯の痛みを感じ我慢できないときは、客室乗務員から鎮痛剤をもらってくださいね。

最後に

いかがでしたか?飛行機に乗るといつも何らかの症状に悩まされ、快適に過ごすことができない方もいるのではないでしょうか。症状によって対処法や予防策が異なるため、飛行機に乗ると引き起こす可能性がある自分の症状をしっかり把握しておきましょう。飛行機に乗る前に対策ができていれば、快適なフライトを楽しめるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら