フリマアプリの使い方のコツを伝授します!

スポンサーリンク
728×90




こんにちは。私が生活の中でフリマアプリを活用しています!今回はフリマアプリをうまく使うコツついてご紹介したいと思います。

フリマアプリを使うようになったきっかけ

私がフリマアプリを活用するようになったのは、友人からフリマアプリについて教えてもらったことがきっかけです。最近、巷では物を捨ててすっきり暮らすという「捨てブーム」が起こっています。私もそのブームに乗り、余計なものを捨ててすっきりしたいなと思うようになりました。まずは着ていないのに箪笥に入れたままになっている服を処分しようと思いました。私は最初、リサイクルショップなどに服を持っていきました。しかし、服というのは思った以上に値段がつきません。これではリサイクルショップに持っていく手間の方が大きくなってしまうなと思った私は、友達に着なくなった服の処分方法を聞いて回りました。するとある友達が「フリマアプリで売っているよ!」と教えてくれました。早速私もフリマアプリをダウンロードし、出品してみることにしました。

フリマアプリで売れるようになるまで

さて、服を何着か出品してみました。少し時間が経つと、商品に”いいね”をくれる人が何人か現れました。しかし、コメントや購入申請にはつながりませんでした。いろいろと試行錯誤していく中で、フリマアプリで物を売るにはコツがいることが分かってきました。そのコツの中で私が特に意識していることは以下のことです!!

タイムラインで見てもらえる時間に出品する

フリマアプリにはタイムラインがあり、最新の出品された商品が次々に更新されていきます。そして、フリマアプリで買い物をしている多くの人は仕事終わりや夜家で過ごしている時にこのタイムラインを見ます。このタイミングに合わせて出品することでより多くの人に自分の出品した商品を見てもらえます。

値段交渉にはなるべく応える

出品をしてコメントをもらうと7割ぐらいの確率で値下げ交渉をされます。このとき断ってしまうと、購入につながる可能性はとっても低くなってしまいます。赤字になってしまわない限りはなるべく値段高所には応じてあげるべきか後思います。特に始めたばかりの時は利益よりも買ってもらえる和を増やすことの方が大切だと思います。

たくさんの商品を出品する

とても単純なことですが、なるべくたくさんの商品を出品しておいた方が人の目に触れる確率は増えます。商品を見てもらえ無ければ買ってもらえる可能性も無いので、出来るだけたくさんの商品を出品するようにしています。これらのコツを取り入れていくうちにだんだんと売れるようになってきました。やはり大切なのはただ出品すればいいということではなく、自分が買おうとする立場だったら…ということを考えて出品することですね。

最後に

細かいアプリの紹介については、こちらの記事を参照ください。

メルカリ・Fril(フリル)・LINE MALL(ラインモール)!手軽に洋服を売れる「フリマアプリ」を使おう!

フリマアプリを活用すれば、捨てようと思っていたものを売って、喜んでもらえて、さらにお小遣い稼ぎにもなるんです!しかも捨てるわけではないので環境のためにもなります!興味のある方はぜひ一度活用してみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら