豆板醤とコチュジャンはどう違う?正しく理解して美味しく料理に活用!

スポンサーリンク
728×90




中華料理韓国料理に欠かせない、辛さが自慢の調味料・豆板醤コチュジャン。非常に良く似ていますが、実は産地や味・作り方など何もかもが違う、別物の製品なのです。「どっちも赤いし辛いし・・・」と同じ使い方をしていると、せっかくの料理が台無しになってしまうことも!豆板醤とは?コチュジャンとは?今回は豆板醤コチュジャン違いについてご紹介します。

豆板醤の特徴・作り方

豆板醤は、中国は四川省で主に作られている調味料です。そら豆を発酵させ、大豆や塩・ごま油、さらに大量の唐辛子を混ぜて作られます。時間をかけて作り上げることで、辛さの際立った味になります。

長く寝かせたものほど色や味が濃厚になり、高級品として扱われる傾向にあります。唐辛子の辛さの中にそら豆の風味が加わり、食べることで発汗を促します。高温多湿の地域で活力を得るために欠かせない食材です。

コチュジャンの特徴・作り方

コチュジャンは朝鮮半島で主に作られている調味料です。もち米や麹(こうじ)、唐辛子の粉などを混ぜ合わせて作ります。地域によっては小麦粉や砂糖など、様々な材料をを加えることもあります。唐辛子が入っていますが、もち米は発行すると甘くなるため、全体的に豆板醤に比べて辛みの少ない、まろやかな味わいになります。日本では味噌の仲間と認識して、「唐辛子味噌」と呼んでいます。

それぞれに合った料理とは?

豆板醤は、熱を加えることによってコクが増し、よりおいしさを楽しむことができます。辛さを生かせる中華料理・麻婆豆腐や回鍋肉などの味付けに向いています。

コチュジャンは辛さの中に甘みを持つ食べやすい調味料のため、野菜に直接つけて食べたり、韓国料理のピビンパ・トッポギなどの味付けに向いています。

辛い料理が苦手、という人は、豆板醤代用してコチュジャンを利用して中華料理を作ることもできますが、甘みが混じることで本来の味は損なわれてしまいます。逆に朝鮮料理に豆板醤を使ってしまうと大変な辛さになるため、辛さに耐性のない人は注意しましょう。
基本はその地域の味が活きる調味料を使って料理をするほうがうまくいきますが、料理に自信がある人は、それぞれの違いを理解して、ちょっとした味の変化をつけるために使用すると、オリジナル料理にアレンジできるかもしれませんね。

最後に

日本人には中華料理と朝鮮料理の違いが、はっきりと分からないことが多いですが、正しく理解することで、しっかりと使い分けて美味しく調理したいですね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら