関東版!今からでもいける、おすすめの紅葉スポット

スポンサーリンク
728×90

11月に入り寒さも増す中、紅葉を楽しむ人もいるのではないでしょうか。木葉の彩の変化を楽しんだり、紅葉狩りをしたりと、自然と触れ合うことで気持ちもリフレッシュしますよね。もう紅葉を楽しんだ方も多くいると思いますが、まだこれから!という人にも是非参考にしてほしい、紅葉のおすすめスポットをご紹介します。 

奥多摩(奥多摩湖畔)

最初におすすめしたいのが、東京都西多摩郡奥多摩町にある「奥多摩」の豊かな自然です。紅葉名所の中でも断トツの人気で、湖面に映る山々の紅葉が絶景といわれています。奥多摩湖は、多摩川を小河内ダム(おごうちダム)によって堰き止めて造られた貯水池です。山々の紅葉が湖面に映る光景がとても素敵で、たくさんの人々の目を輝かせてくれています。また、奥多摩湖畔や奥多摩周辺道路にも紅葉スポットが点在していて、場所によって紅葉の色付きに変化があるのも見どころです。露天風呂付の温泉も楽しむことができ、ゆっくりと旅の疲れを癒しながら紅葉を楽しむこともできるのです。現在の色付き状況は10/29の時点で7割の色づきとなっているため、まさに今が見頃ではないでしょうか。例年の見頃は10月上旬から11月中旬となっていて、意外に長い期間楽しめるのも嬉しいですね。 

http://www.town.okutama.tokyo.jp/

長瀞(ながとろ)

埼玉県の秩父郡にある長瀞も、秋の紅葉スポットとして賑わいを寄せています。例年の見頃は11月中旬から11月下旬といわれていて、まさにこれから紅葉を楽しむのにもってこいです。秩父赤壁と呼ばれる絶壁から岩畳周辺の木々が色づき、水面に映る紅葉が魅力的です。また、月の石もみじ公園では夜にライトアップされていて、昼間とは違う紅葉の表情を楽しむことができるのです。そして、長瀞のおすすめポイントはもうひとつあります。なんと川下りをしながら紅葉を楽しむこともできるのです。いつもとは違う楽しみ方で、紅葉を見るもの面白いですよね。現在の色付き状況は10/29の時点で3割の色づきとなっているので、これから紅葉を見に行こうと思っている人におすすめです。 

http://www.town.nagatoro.saitama.jp/

中津峡

最後におすすめする紅葉スポットは、こちらも埼玉県の秩父にある中津峡です。中津峡は荒川の源流のひとつで、大滑(おおなめ)から最奥の中津川地区までの約10㎞の間には100mに及ぶ絶壁が続きます。秋にはカエデやブナ、ツツジ類の紅葉を楽しむことができ、秋深くなると赤や黄色に染まり渓谷を色鮮やかに彩ります。また、最も紅葉が美しく見える10月下旬から11月下旬には紅葉まつりも行われ、この時期の中津峡が最も賑わうといわれています。現在の紅葉の色付きは10/29の時点で4割の色づきで、こちらも長瀞同様にこれから楽しめる紅葉名所です。

最後に 

いかがでしたか?全国の紅葉スポットは数多くありますが、その中でも今回は特に人気のある紅葉スポットベスト3をご紹介しました。紅葉を見る機会はあっても、なかなか紅葉を楽しむためだけに旅行や観光をする人は多くはないと思います。ぜひこの機会に秋の彩を楽しんで、心も体もリフレッシュしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら