その臭いの原因は口腔内にあるかも!口臭の8割以上は口腔内が原因

スポンサーリンク
728×90

口臭で悩んでいる人は、どのような対策をしているのでしょう。最近では、口臭対策のサプリメントを摂取している人も増えているようですね。しかし、サプリメントでもなかなか口臭が改善されないと悩む人も少なくありません。

実は、口臭の原因の80%以上は「口腔内」によるものだったのです。あらゆる口臭ケアを試しても改善されなかったのは、口腔内のケアができていなかったからです。そこで今回は、おすすめの口腔内ケアについてご紹介します。

厚生労働省が発表する「口臭」の原因とは?

口臭と言えば、ニンニクやアルコールなどの飲食後に気にする人が多いのではないでしょうか。しかし、口臭の定義では、「口や鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」のことを指しています。

ということは、口臭はにおいの質と強度が問題となり、ニンニクやアルコールなどの呼気臭や口から出る生理的な臭気は口臭に含まれないのです。

口臭の原因は、80%以上が口の中(口腔内)にあると言われています。その原因の多くが、歯周病と舌苔(ぜったい)です。さらに、歯周病よりも舌苔のほうが臭いの強度が強いため、舌のお手入れは意外と大切なことなのです。

ベストな口腔内ケアは?

口臭の原因が口腔内にあるなら、徹底した口腔内ケアが必要ですね。もちろん歯磨きは口臭対策に大切なことなのですが、歯磨きだけでは口腔内の汚れは全体のわずか25%しか除去できません。

残りの75%の汚れは、歯茎や舌、口腔内の粘膜についているのです。これらは除去するのにベストな方法が、「マウスウォッシュ」です。

アメリカは、口腔内ケアの最先端とも言われています。そのアメリカでは、6割以上の人が毎日口腔ケアにマウスウォッシュを活用しているそうです。アメリカは、挨拶でキスをする文化もあるので、口臭ケアに対する意識が高いのかもしれませんね。

マウスウォッシュの選び方のポイント

マウスウォッシュと言われてもたくさんの種類があるので、どれを選べば良いか悩んでしまうのではないでしょうか。ここでは、マウスウォッシュの選び方をご紹介しましょう。

1:成分で選ぶ

マウスウォッシュの効果は様々です。どんな目的で使用するのかによって、成分を見極めて選びましょう。

殺菌成分を含んだもの

口臭や口内のねばつきが気になるときは、殺菌成分が配合されたマウスウォッシュがおすすめです。口腔内に繁殖しやすい雑菌を防ぎ口臭を緩和します。殺菌成分とは、トリクロサンやCPCと記載があるものです。

磨き残しが気になる

洗浄成分やコーティング剤が含まれているものは、歯磨きで落としきれない汚れを分解してくれ、汚れの付着を防ぐ効果があります。

無水ピロリン酸Naやエリトリトールは洗浄成分を含み、残った汚れをしっかり落とせます。コーティング剤であれば、フッ素が配合されているものが良いでしょう。フッ素は、汚れが再度付着するのを防いでくれるので、より磨き残し対策に効果的ですよ。

歯茎トラブルを改善

歯肉炎や歯槽膿漏などの歯茎トラブルがある人は、歯茎ケアも同時に出来るものがおすすめです。

グリチルリチン酸などの抗炎症成分を含むマウスウォッシュを使うと、歯茎トラブルの改善にも繋がります。抗炎症成分を含むものは、歯周病予防にもおすすめでしょう。

2:アルコールの有無で選ぶ

マウスウォッシュは、アルコールが入っているかいないかで、味や爽快感に違いがあります。使う人の好みに合ったものを選んでくださいね。

アルコール入りは後味すっきり

口腔内をすっきりさっぱりしたい人は、アルコール入りのマウスウォッシュがおすすめです。風味も良く爽快感を得られますよ。なかには、アルコール入りだとピリピリとした刺激感が良いという人もいます。

ただし、アルコール入りだからと言って殺菌作用が強くなるわけではありませんのでご注意を。

低刺激のノンアルコール

低刺激が好みで子供と一緒に使う場合は、ノンアルコールのマウスウォッシュが良いでしょう。ただし、アルコールが入っていない分、独特の風味が気になるという声もあるため、少量タイプのマウスウォッシュから試してみるのがおすすめです。

3:即効性と継続性の違い

アルコールを含む刺激が強いマウスウォッシュは、即効性に優れています。例えば、急に人と会う約束ができたときや、食後の歯磨きができないときなどに便利でしょう。

毎日の習慣として継続的に使う場合は、アルコールを含まない低刺激のマウスウォッシュが良いですね。

刺激が強いマウスウォッシュは即効性がある反面、酸性が強い傾向があるため、歯を守るために必要な菌も殺してしまったり、歯を溶かしてしまったりする可能性もあるようです。

4:用途に応じて小分けタイプを取り入れる

旅行や出張など、出先でマウスウォッシュを使いたい場合は、携帯できる小分けタイプのマウスウォッシュがおすすめです。1回分が個包装されているので、持ち運びに便利ですよ。

最後に

いかがでしたか?最近口臭が気になると言う人は、きちんと口腔内のケアをしていますか?サプリメントでは対応できない部分は、マウスウォッシュを活用して口腔内ケアを取り入れてくださいね。マウスウォッシュ選びに迷う方は、今回ご紹介したポイントを参考にしてみましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら