気分が落ち込んだり体調が悪くなったり…それは部屋のせいかも!身体に悪影響な部屋とは?

自宅はくつろげる憩いの場ですよね。それなのににいると気持ちが落ち込む眠気が取れない咳が止まらないと体調不良に悩まされることってありませんか?もしかすると、自分の部屋が関係しているかもしれません。体調を崩しやすい部屋作りをしていませんか?今回は、健康に悪影響とされる部屋の特徴と対処法についてご紹介します。

照明が明るすぎると眠りが浅くなることも

メラトニンという睡眠を誘導するホルモンは明るさに反応します。ベッドルームが明るすぎるとメラトニンが抑制されるため、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりするでしょう。夜寝られなかった分昼間に眠気が襲い、仕事や学校で睡魔と闘うことになってしまいます。

実に日本では5人に1人が不眠症と言われています。ストレスや疲労など原因は様々ですが、照明の明るさが原因かもしれませんよ。

寝室の照明は、一般的に売られている「6畳用」や「8畳用」といった照明を選ぶと明るすぎてしまいます。

寝室としてだけでなく多目的として利用するなら○畳用の照明が必要ですが、就寝前は電気を消すか枕元にスタンドライトを置く、間接照明で部屋を暗くするといった方法をとると良いでしょう。

スタンドライトを置いても直接光が目に入るようなら眠りが妨げられてしまいます。真っ暗にすると寝られないという場合は、光だけが部屋の空間に広がるようなまぶしくない照明が良いですね。

通気が悪い部屋は、カビが繁殖し体調を崩しやすい

部屋の通気が悪いと、とくに梅雨のジメジメした季節はカビが繁殖しやすいです。カビに感染すると水虫や胃腸炎、髄膜炎などを発症する可能性があるでしょう。

カビによってアレルギーを引き起こす場合もあります。アレルギーを引き起こすと、喘息やアトピー、アレルギー性鼻炎などを発症する可能性がありますよ。

湿気が高い時期はとくに注意して換気する必要があります。カビはジメジメしたところが大好きなので、湿度65%以上で温度20~25℃の環境を好みます。カビがどんどん繁殖すると人体への影響も大きくなるでしょう。

部屋で鼻水や咳などの症状が見られる場合は、生活空間の見直しをしましょう。天気に応じて換気を十分にすることや湿度は50%前後に保つことが大切です。押し入れや物置はついつい放置しがちですが、カビが繁殖しやすい場所であるため、定期的に換気をしてくださいね。

とくに浴室は温度も湿度も高いのでカビが繁殖しやすい場所と言えるでしょう。浴槽の端や椅子の下など見えないところにカビが生えているケースも少なくありません。浴室の壁にもカビは繁殖しやすいので、お風呂上りは雑巾で壁を拭いて水気を切るなど対策をしてくださいね。

部屋で落ち着けないのは色のせい?!

自宅にいるのに落ち着かない、勉強がはかどらないという人は、室内の色に原因があるかもしれません。人は強すぎる色がある場所や色合いがバラバラな場所にいると、意識していなくても自然とストレスを感じてしまうものです。

人が室内の色でどのように感じるか実験をしたところ、赤やオレンジなどの暖色系は長居したような感覚であり、青や緑などの寒色系は滞在時間より短く感じたそうです。

色と筋肉の関係を調べると、ベージュや生成り色の部屋は筋肉の緊張が解れ安らげるのに対し、暖色系の部屋は緊張したり興奮したりするという結果があります。

実験結果により、人が部屋で落ち着けるのはベージュや生成りの部屋ということが分かりますね。部屋の色の面積を考えるなら、ベージュや生成り色の基調色を全体の70%とし、基調色に近い白色を25%、残りの5%を好きな色にすると心地よい部屋が完成しますよ。

また、緑は血圧をベストな状態に安定させ、血行を良くする効果があります。血行が良くなると健康な身体作りや美容効果も期待できますよ。緑はイライラした気持ちが落ち着くとも言われているので、インテリアに緑を飾るのがおすすめでしょう。

太陽光が入りにくい部屋は、気分が落ちやすい

最近、理由もなく不安を感じたり、気分が落ちたり、悶々とする日々を過ごしている人はいませんか?もしかすると、日光をあまり浴びていないのではないでしょうか?

実は、日光は人の精神状態に重要な関わりがあり、セロトニンという脳内神経伝達に影響を与えています。セロトニンは精神を安定させる作用があるのですが、分泌が減ると気分が落ちてしまう傾向があるのです。自然光のような強い光を浴びると、脳内のセロトニンが増えて不安や憂鬱な気分が解消されやすいですよ。

太陽光不足がうつの要因とも言われているため、太陽光が入りにくいようであれば、小窓に椅子やソファを置いて、自ら光を感じられる工夫をすると良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?まさか室内の空間に体調を崩す原因が隠されているとは思いませんよね。

最近、気分が落ち込んだり体調が優れなかったりする場合は、部屋の中を見回してみましょう。もしかすると室内に原因があるかもしれませんよ。不健康を招く部屋にしていないか、確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら