その食べ合わせNGかも!意外と知られていない食べ合わせの悪い食材

スポンサーリンク
728×90

食べ合わせの悪い食材と言えば、「うなぎ+梅干し」の組み合わせを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

昔から、うなぎの脂っこさ梅干しの強い酸味が、消化不良を引き起こすと言われているからです。しかし、現代では梅干しの酸味が脂の消化を助けてくれるとも言われています。

もしかすると、日常で何の疑いもなく食べている料理が、栄養学的に食べ合わせが悪いということも考えられますね。今回は、意外と知らない食べ合わせが悪い食材についてご紹介します。

大根+人参

人参には、酵素を含むアスコルビナーゼという栄養素があり、ビタミンCを壊す作用があります。大根はビタミンCが豊富に含まれているので、人参との相性が悪いと考えられています。だからと言って、アスコルビナーゼが悪者ということではありませんよ。

アスコルビナーゼは熱や酸に弱い性質なので、加熱調理をしたり酸味のあるものと混ぜ合わせたりすると、酵素の働きを抑えることができます。大根と人参の食べ合わせは、調理方法によって異なるということですね。

ほうれん草+ベーコン

ほうれん草とベーコン炒めは、よく聞くメニューのひとつではないでしょうか。相性が悪いなんて疑うこともしないでしょう。

なぜ食べ合わせが悪いかと言うと、ほうれん草に含まれる「硝酸」とベーコンの発色剤である「亜硝酸塩」の二つの成分が体内で反応すると、「ニトロソアミン」という発がん性のある物質に生成してしまうとされているからです。ただし、発色剤を使用していないベーコンを使えば問題ないですよ。

また、ビタミンCはニトロソアミンを抑制する作用があるので、レモン汁などのビタミンCを含む食品を組み合わせても良いですね。

トマト+きゅうり

トマトときゅうりは、サラダでは定番の組み合わせですよね。きゅうりには、人参と同じようにアスコルビナーゼを含んでおり、トマトに含まれるビタミンCを壊してしまうと言われています。酵素は酢などの酸味に弱いので、お酢のドレッシングを使うと良いですよ。

また、トマトときゅうりは夏野菜で身体を冷やすと言われているため、冬の寒い時期こそ気を付けたいですね。

ワカメ+ネギ

ワカメとネギといえば、お味噌汁の定番の組み合わせですね。しかし、韓国ではワカメとネギの組み合わせは良くないと言われているそうです。なぜかと言うと、ネギに含まれるリンがワカメに含まれるカルシウムの吸収を阻害してしまうとされているからです。

だからと言って、一緒に食べても問題はないのですが、栄養の吸収率を考えると、ワカメにネギを組み合わせない方が良いということですね。

焼き魚+漬物

和食の定番とも言える焼き魚と漬物は、食卓にセットで並ぶという家庭も少なくないでしょう。

実は、焼き魚の焦げに含まれる「ジメチルアミン」と、漬物に含まれる「亜硝酸塩」の組み合わせが良くないのです。この二つの組み合わせは、発がん性物質が生まれるとされているからです。

そこで、おすすめなのがレモン汁です。レモン汁は発がん性物質の生成を抑える働きがあるので、焼き魚にレモンを添えると良いですよ。

蕎麦+なすの漬物

夏の暑い日は、ざるそばになすの漬物で塩分を補給なんてこともあるかもしれません。しかし、そばは胃を冷やしやすく、なすの漬物は身体を冷やす作用があります。とくに冷え症の人は、お腹がゆるくなってしまう傾向があるそうです。

そばは熱を通すことで胃を冷やす作用が緩和されるので、温かい汁そばにするのがおすすめです。身体を温める効果がある七味やネギを加えても良いですね。

納豆+卵白

ごはんの上に納豆と生卵をかけて食べるのが好きという方は、気を付けたい食べ合わせですね。納豆と卵黄に含まれる「ビオチン」は、肌や髪に良い栄養成分があるのですが、卵白にはこのビオチンの吸収を妨げる成分が含まれているそうです。

納豆と卵の組み合わせが好きな方は、卵黄だけにするのがおすすめですよ。

牛乳+スナック菓子

おやつに牛乳とスナック菓子を組み合わせる方は、牛乳に含まれるカルシウムの吸収を阻害する可能性があります。

スナック菓子には、食品添加物として多く使われるリンという成分が含まれています。このリンが体内に多くあると、カルシウムの吸収を阻害してしまうのです。せっかく牛乳を飲んでいるのに意味がなくなってしまいますよね。

牛乳のカルシウムが無駄にならないよう、スナック菓子との食べ合わせはしない方が良いでしょう。

お酒+からし

お酒とからしは血行を促すため、人によっては痒みを引き起こす可能性があります。湿疹や蕁麻疹が出やすい人は要注意ですよ。

さらには、高血圧、高コレステロール、糖尿病といった生活習慣病を助長する危険もあるため、食べ合わせに注意しましょう。トマトやきゅうりといった身体の熱を冷ます食材を食べると良いですよ。

最後に

いかがでしたか?意外にも知らない食べ合わせもあったのではないでしょうか。食べ合わせが悪いからと言っても、加熱したり他の食材をプラスしたりすることで改善されることもあります。献立を考えるときは、食べ合わせにも注意して調理してみてはいかがでしょう。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら