疲れた時に甘い物は良い?師走の忙しさで疲れた時、胃腸に負担をかける避けたい食べ物や飲み物

師走忙しい時期は、皆さんお疲れではありませんか?疲れる食欲がなくなるやる気が起きなくなるなんてことがありますよね。一方では甘いものが食べたくなったり、焼き肉でガッツリ栄養補給したりする人もいるかもしれませんね。実は疲れたときに食べると、身体の負担となる可能性がある食べ物をご存知ですか?

特に12月は忙しい時期なので、なかなか食にまで気が回らないのではないでしょうか。そのため、食べ物により疲労回復の効果を下げてしまっている可能性もあるのです。

今回は、疲れた時避けた方が良い食べ物をご紹介します。

疲労を感じるときは胃腸も弱っている

疲れているときは美味しいものをいっぱい食べて、疲労回復をしようと考える人もいますよね。エネルギーを補充するため、肉などガッツリ系の食べ物を選ぶ人も少なくないようです。しかし、疲労を感じているときは胃腸も弱っているのです。

ストレスや疲労は胃の働きを悪くしてしまい、ガッツリ系を食べることは疲労回復に繋がりません。むしろ胃腸の疲れを助長してしまうのです。疲労を感じるときは、疲労回復に効果的な食事を選ぶようにしましょう。疲れたときに避けた方が良い食べ物を知っていると安心ですね。

次に、避けた方が良い食べ物についてご紹介します。

疲れたときに控えた方が良い食べ物

胃腸に負担をかけやすい食べ物をご紹介します。これからご紹介する食べ物は、疲れを感じているときになるべき避けた方が良いでしょう。

脂肪分の多い食べ物

ガッツリ肉を食べるとエネルギーが回復しそうですが、実は脂肪分の多い食べ物は胃腸の分泌を下げる作用があります。消化に時間がかかり胃の中に溜まっている時間も長いため、胃の負担も大きいのです。

塩辛い食べ物

疲れたときは味が濃いものを食べたくなる人もいるようです。塩分の摂りすぎにも注意が必要ですね。塩辛い食べ物の摂りすぎは、胃腸に負担を与えてしまいます。

刺激のある香辛料

わさびやトウガラシなどの刺激が強い香辛料は、胃を刺激することで胃酸の分泌が増えます。胃酸は消化に欠かせないものですが、分泌が多すぎると胃潰瘍になる可能性があるのです。

食物繊維が多い食べ物

食物繊維は身体に良いイメージがありますが、健康なときに積極的に取り入れたい食べ物です。

食物繊維は繊維があるためよく噛んで食べますが、疲れたときは噛むことも面倒になってしまい、十分に噛み砕いていない状態で飲みこんでしまうこともあるでしょう。噛み砕いていない状態で飲みこむことは、胃腸への負担に繋がるのです。

疲れたときに控えた方が良い飲み物

次に、疲労を感じるときに避けた方が良い飲み物をご紹介します。

アルコール

仕事で疲れて帰ってきた日は、アルコールを飲んで疲れを吹き飛ばしたくなりますが、疲れているときこそ飲まない方が良いでしょう。

アルコールは胃酸の分泌が増加し、胃の粘膜を荒らす作用があります。睡眠の質を下げる可能性もあるため、疲れを翌日も引きずってしまうこともあるのです。

炭酸飲料

疲れたときは、シュワシュワの炭酸で疲れを癒したい人もいるようですね。しかし、炭酸飲料は胃酸の分泌を促し、炭酸が胃を膨らませて胃潰瘍を引き起こす可能性があるのです。

コーヒー

疲れたときこそコーヒーを飲んでホッと一息つきたいですが、カフェインは胃酸の分泌を促進するのです。胃腸が疲れているときは、胃酸の分泌は抑えたいところです。

紅茶やココア、抹茶などのカフェインが多く含まれる飲み物は、疲れている身体には合わないでしょう。

疲労回復に甘いものは効果的?

疲れたら甘いものを食べると良いと聞いたことはありませんか?この説は本当なのでしょうか。実は、甘いものは身体の疲れよりも頭の疲れに効果的と言えるでしょう。甘いものに含まれる糖質は、ブドウ糖として脳のエネルギーに変わるからです。

しかし、甘いものの摂りすぎはNGです。疲れているからと多く摂りすぎてしまうと、血糖値が急上昇して急激に下がるという身体への負担が増えるからです。

血糖値が急激に変化することは、余計に疲労を与える可能性があるため、甘いものの摂取量には気を付けて下さいね。

疲労回復には消化の良い食べ物!

疲れたときは胃腸の負担を減らすため、避けた方が良い食べ物や飲み物があるのが分かりましたね。それでは、疲労回復にはどのような食べ物が良いのでしょう。

早く疲労回復をしたいときは、消化の良い食べ物の摂取が良いでしょう。消化の良いものを食べて早めに休息することが、胃腸への負担を減らし疲労を回復する効果があるのです。

最後に

いかがでしたか?これから年末年始を迎え、忙しくしている人もいるでしょう。疲労を次の日に引きずらず、次の日を気持ち良く迎えたいですよね。

疲れを感じているときは胃腸も弱っているときということを忘れずに、毎日の食事を見直してみると良いでしょう。忙しくなるこれからの時期だからこそ、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら