金利やATM手数料は要注意!銀行の上手な利用方法、気を付けたいポイント

私達の生活に欠かせない銀行ですが、節約上手になる為には銀行の使い方が大切になってきます。「銀行のサービスなんてどこも一緒でしょ?」と考える方、多くいらっしゃるのではないでしょうか?近年では実店舗を持たないネット銀行の数も増えてきました。サービスも銀行独自のものが登場してきたりと、いろいろな視点から銀行を選ぶ選択肢が増えたとも言えます。一度選んだ銀行を変えないケースは多いと思いますが、金利やサービスは変化するものなので、それらを意識して銀行を利用すると節約への意識も高まります。今回は、銀行の上手な使い方で気を付けたいポイントをご紹介します。

ATM手数料に注意!?

預金を引き出す際に便利なATMですが、利用する時間帯や曜日によっては高い手数料がかかります。たとえ100円の手数料でも「まあ100円くらい大丈夫」と利用していませんか。

現在の普通預金の金利は、0.001%の銀行がほとんどです。例えば100万円を普通預金に1年間預けたら、利息は10円になります。100円という単位だけ見ると大したことないように感じますが、利息に注目すると月に数回の手数料を払って預金を引き出すことが如何にもったいない事なのかがお分かりいただけると思います。

手数料が無料の時間に上手く利用しましょう。時間外のATM利用は意識して減らすことが節約につながります。

金利に注意

マイナス金利の影響もあって、銀行の普通金利は0.001%です。ネットバンクでは0.001%、少し金利が高い銀行でも0.002%とたいして変わりはありません。

銀行の様々なサービス(預金残高や定期預金の有無、中にはポイント制のキャッシュバックサービスなども有ります)によって一般の金利よりもグレードアップできる場合があります。このようなサービスを利用する際は、ネット銀行を選ぶことをおすすめします。

元々の金利が高いネット銀行は、優待度合いで金利が上がりやすいからです。

ご自身が利用中の銀行にこういったサービスがないか調べてみましょう。低金利時代とはいえ、意識するのとしないのとでは差がついてきます。金利の情報はこまめにチェックするようにしましょう。

残高確認に注意!

ついさぼりがちになってしまう、記帳(ネットバンクではweb確認)ですが、一度記帳を忘れると残高確認が疎かになりがちです。こまめに記帳、web上の確認で常に残高を把握しておきましょう。残高を把握しておくと、お買い物などの計画も立てやすくなりますよ。

最後に

以上のATM手数料、金利、残高確認の3つは、意識して行動することが大切です。上手に銀行を利用して節約意識を高めましょう!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら