体に良くてもガブ飲みは厳禁!麦茶で水分補給する時に注意したい副作用

スポンサーリンク
728×90

毎日、茹だるような暑さが続いていますね。今年は例年に比べても気温が高く、熱中症による救急搬送者や死亡者も過去最多という、災害クラスの暑さとなっています。

この暑さを無事に乗り切るために必要な対策として、水分補給は絶対に欠かせません。
効率よく水分補給できる飲み物として麦茶が有名ですが、麦茶を飲んで胸やけを起こしたり、気分が悪くなった経験はありませんか?暑さ対策健康に良いとされる麦茶ですが、飲みすぎると体調を崩す原因になってしまうのです。

今回は、麦茶水分補給する際の注意点についてご紹介します。

酷暑の夏。水分補給に適した飲料水とは

汗をたくさんかくと、体内の失った水分を取り戻すために、水分補給が必須です。推奨されている飲み物は水ですが、夏場に熱中症予防をするためには、水分だけではなく塩分やミネラルを補給できる経口補水液、スポーツドリンク、そして麦茶を飲むと良いとされています。

牛乳やお酢なども体によく、夏バテに効果的です。

他の飲み物でも水分補給は同様に行えますが、コーヒーや紅茶、緑茶などはカフェインが含まれいるため、利尿作用があり、飲んでもすぐに尿として体外に排出されてしまうので、飲みすぎると逆に脱水症状に陥る危険もあります。

胃への刺激も強いので、暑さで体力が落ちている時や空腹時には体調不良の原因になるので避けたほうが良いでしょう。エナジードリンクやアルコールも、利尿作用や汗をかきやすくなるといった作用があるため、水分補給としては適さない飲み物です。

体に良い麦茶の成分について

麦茶が熱中症対策に良いとされるのは、麦茶の中に含まれているミネラル成分が豊富だからです。麦茶にはナトリウムカルシウムリン亜鉛カリウムなど、不足しがちな成分が含まれているため、飲むと水分と同時にこれらの補給もできるのが大きなメリットです。

特にカリウムは体内の塩分バランスを調整するのにたいへん有効で、血圧を下げたり血流を良くする効果があります。胃の粘膜を修復して保護してくれる働きもあり、胃が弱っている時には最適です。さらに、ノンカフェインでカロリーもゼロと、健康にも美容にも嬉しい飲料水なのです。

注意が必要な麦茶の効能とは

そんな万能な飲み物だと言われている麦茶ですが、飲みすぎには注意が必要でもあります。
麦茶の原料は大麦ですが、大麦には体を冷やして体温を下げる効果があることが知られています。

暑い夏にはピッタリだと思いがちですが、冷蔵庫で冷やした麦茶を大量に飲むと、内臓の温度が急激に下がってお腹を壊したり、冷え性になりやすくなるなどの副作用があります。

お腹が冷えると、体を内側から温めるために代謝を増やしてエネルギーを消費するため、疲れやすくもなります。特に、体を冷やしやすい女性や乳幼児、妊婦さんなどは要注意です。

麦茶で水分補給をする際には、一度にガブ飲みせず、コップ一杯など適度な量を飲むことが大切です。温度も冷たいものではなく、常温に近い温度のものを飲むようにしましょう。

アレルギーのある人は大麦アレルギーに要注意

麦茶を飲む時に、最も注意しなければならないのは、大麦アレルギーです。大麦アレルギーのある人が麦茶を飲むと、胸焼けや喉の痒み、咳、腹痛や下痢などの症状が現れることがあります。特に、濃く煮だして成分を抽出してある麦茶は注意が必要です。

小麦アレルギーの人がパンを食べられないのと同じように、大麦を摂取することによってアレルギー症状が現れる場合があります。よく知られているのがグルテンというたんぱく質成分で、小麦にも大麦にも含まれています。

しかし、名前は同じでも、大麦と小麦ではグルテンの種類が異なるため、必ずしもどちらの成分に対してもアレルギーが発症するとは限りません。

中には、「パンは食べられないけれど麦茶やビールは平気」という人もいますし、その逆という人もいます。自分が何に対してアレルギーを持っているのか、その判断は意外と難しいので、気になる人は医療機関での検査をおススメします。

小麦に比べて、大麦アレルギーは発症例が少なく、それほど危険視されてはいませんが、体質によっては激しい症状を引き起こす危険もあるため、何らかの食物アレルギーを持っている人は様子を確認しながら、注意して少しずつ飲みましょう。

乳児にも麦茶での水分補給は良いとされていますが、アレルギーの有無が分からない時には飲ませないほうが無難です。もしくは薄く煮だした成分の少ない麦茶を与えると、アレルギーのリスクも少なくなります。

アレルギー症状以外にも、麦茶に限らず、どんな飲み物でも冷たいものを一気に飲むと、体温が急激に下がり、さらに不足していた水分が一気に浸透することで、体がビックリしてしまいます。

環境の大きな変化は体にも大きな負担をかけるので、できるだけ避けたいところです。喉が渇いていても、水分補給は少しずつ、体になじませて染み込ませるように飲むのが良いでしょう。

最後に

「他の飲み物は平気なのに、麦茶を飲むと調子が悪くなる」という人は、大麦アレルギーを持っている可能性があるので、気をつけてください。

ただ、副作用があるにしても、麦茶が熱中症予防に効果的な飲み物であることに変わりはありませんので、敬遠せずに適度な分量や濃度に調節したものを摂取して、効率よく水分やミネラルを補給できるようにすると良いですよ。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら