5分もかからない!お風呂洗剤を活用して、きれいなお風呂場を保つ簡単なテクニックとは

スポンサーリンク
728×90




新築のお家の新しいユニットバス。水はけが良くて、明るくて、使い勝手が良くてウキウキします。でも・・・しばらくしてくると、隅にピンクのヌメヌメ。鏡が曇ってる。あちこちになんだか黒いカビ・・・。ちゃんと掃除しているのに。ちゃんと、お風呂から上がるとき水かけているのに、使い終わったあと乾燥させているのに、どうして!?

働き者の夫が助太刀。一時は綺麗になるものの..

そうこうしているうちに、すっかりお風呂掃除にも力が入らなくなってきた私。だらだらです。そして、見かねた働き者の夫が、漂白剤をシュッシュッしてラップを貼る作業を手の届く範囲全面に行い、塩素臭いけれど、びっくり!

元のきれいなお風呂に戻してくれました。その作業のお手伝いは息子。私はダメダメ主婦まっしぐらです。

ますますやる気が失せ、せっかく綺麗になったお風呂もまただんだんと汚れていき、そしてまた、見かねた夫が漂白し、綺麗になって、また私が凹む。魔のルーチンが出来上がっていました。そんなある日の、そろそろ漂白頃のこと。お風呂に入っていた私は、ふと、洗面器が結構汚いことにきがつきました。

汚い。でも、めんどくさい。

でも、やっぱり、汚いかも。もんもん悩んでいると、目の隅に、浴槽を洗ったスポンジがお風呂場に転がったままになっているのが映りました。

なんと~。

絞ってもいなかったです。(ハズカシイ)。絞ってなかったことだし、ついでかと思い、洗面器をさささ~とスポンジでなで洗いして、ゆすいでみました。すると、そこには、大して綺麗になっていなかったものの、さっきよりは間違いなく綺麗になった洗面器が現れました

「これかも」

目からウロコが落ちた気持ちになりました。

ぐうたら主婦が編み出した、ぐうたらなお風呂掃除法

私のお風呂掃除のコンセプトは、「昨日よりはきれいなお風呂」。一瞬綺麗になっても、ものすごく労力がいれば、続けることは難しいです。毎日続けても苦にならない労力で、綺麗さを手に入れて、なおかつ維持することが目的。

  1. お湯を抜きがてら、スポンジを浴槽にインサート。(←濡らす手間すら省くぐうたら)
  2. 手の届く範囲でお風呂全面に、お風呂洗剤をシュッシュとかけて回ります。浴槽、風呂ふた、壁、洗面器、お風呂いす、鏡、棚の下や床、排水口の周り等々、余すことなくかけて回ります。
  3. そのまま放置5分以上。この放置タイムがミソ。洗剤が威力を発揮します。この間、他の家事をしています。
  4. お風呂スポンジで、洗剤をかけたところを、ざざざ~とこすって回ります。力加減は食器洗いくらい。全面やっても5分かかりません。

そしてシャワーで洗い流します。これだけです。もちろん、一日では綺麗になりません。でも、毎日少しづつ昨日より綺麗になっていけば、原点に戻るはず。もちろん、初めてでも、明らかにやる前よりは少し綺麗になっています。

ざっと洗いでも、毎日やっていれば、大体やり残さずにできます。

続けた結果

単身赴任中の夫が久々に帰宅して、息子に、

「お風呂場の鏡に、曇り止め塗ってくれたんだね、ありがとう」

と言いました。何もしていない息子はきょとんとしていました。この時、例のお風呂掃除を続けて2ヶ月目くらいでした。

それから半年後、

「ウチのお風呂は間違いなくきれいだ」

と夫が太鼓判を押してくれました。大して労力をかけていないので、毎日続けられています。綺麗さも維持できています。

欠点は、お風呂掃除スプレーの中身が一週間ほどでなくなることです。でも、これだけで綺麗さが維持できるのだから、安いもんだと思っています。ぐうたらなお風呂掃除術。お勧めです。

最後に

重層を上手に使っていますか!?このブログの中でもたくさん紹介していますが、お掃除やお洗濯にとっても役立つのです。

重層の使い方をおさらいしよう:お掃除・洗濯編

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら