これであなたもブルース・リー体型!?実録ウチの息子の食生活

スポンサーリンク
728×90




巷でココナッツオイルダイエットが大流行しています。行きつけの珈琲屋さんのお兄さんが、「もう2瓶たべた、海に行くにはもうちょっと落としたい」と言っていたので、一緒にいたママ友に、「ウチの三男の食事法を真似したほうが、ナイスバディになるんじゃない?」と言ったところ、「そうかもしれない!」と言われたので、真似できるか否かは別として、ご紹介してみます。

ウチの息子・三男16歳

ウチの三男は、小学校高学年の頃から、プール参観に行ったマダムたちに「オタクの息子、ナイスバディ!」と絶賛され、高2の今、運動らしい運動は全くしていないのに、水着になると同級生たちが、「お前、かっこいいな!」と絶賛。先日もふら~~と上半身裸で現れたところ、居合わせた長男が、「ちくしょう、カッコええ!」とつぶやきました。三男は小学校の間、ずっとスイミングスクールに通っていました。小2から小4くらいまで、やる気のない態度でサッカースクールにも行っていました。中学時代は水泳部の勧誘を突っぱねて、テニス部に入り、万年補欠でした。高校2年の現在、運動らしい運動はしていません。でも、まるでブルース・リーのような、引き締まった筋肉質に見える体型をしています。これは小学校高学年の頃からです。彼は、卵牛乳のアレルギーがあります。3歳位まで小麦粉も食べることができませんでした。そのため、彼の食生活はちょっと変わっています。また、吸収率も、一般より低いかと思います。その点も含めて、この体型が出来上がっているかと思います。

ウチの三男の食生活

  1. 一番好きなおやつはきゅうりそのまんま

気が向くと丸かじりしています。塩くらいはしますが、一本丸かじりが好きです。

  1. 洋菓子は全く食べない

「俺がケーキを受け入れないんじゃない、ケーキが俺を受け入れない!」と高らかに宣言しました。生クリームやカスタードは天敵。唯一食べる洋菓子はゼリーとグミとシャーベット、チョコレートくらい。和菓子は多少は食べますが、一口ふた口が限度です。

  1. スナック菓子は大好き

一日一袋食べきれないことのほうが多いのですが、スナック菓子は好んで食べます。昨年から、ビスコ(なぜかイチゴ味)は気に入って食べています。

  1. 完全に火が通った卵牛乳しか口にしない。

ヨーグルトもチーズも、ほとんど食べません。卵はおでんの卵か、うずらのゆでたまごのみ食べます。鶏卵は年間10個も食べません。うずらは最近冷蔵庫の中にあればすぐ食べてしまうようになりましたが、それまでは年間10個食べるか否かでした。牛乳は、私がたまに作るグラタンやクリームシチューに入っているものしか食べません。ミルク含有率の高い好物は私が作った生チョコが最高でしょう。生クリームを沸騰させて作っています。

  1. 毎日食べたい納豆

とにかく、納豆は欠かせません。銘柄は問いません。

  1. 麺類・ご飯党で、パンは殆ど食べない

パンは、それしかなければしぶしぶ、というくらい食べません。

  1. 刺し身には醤油もわさびも付けない。

にぎり寿司であれば、わさび付きでも食べますが、やっぱり醤油はつけません。

  1. 脂の乗った霜降り肉は好きじゃない

マグロの脂は好きですが、肉類の脂は好きではないです。とんかつもヒレが基本で脂身を嫌います。

  1. とろろ、めかぶ、オクラなど、ネバネバしたものは大好き。漬物も好き。

まとめ

こうしてまとめてみると、パンや洋菓子を食べない、フレッシュ牛乳・卵を取らない、動物性の脂を取らないのが彼に近い食生活の基本のような気がします。同じように育てたつもりの次男はまん丸で、機敏なおデブと言われています。次男と三男の食事で特に違うのは、パンや洋菓子が好きで、フレッシュ牛乳・卵が好きで、脂も好きなことに気が付きました。ナイスバディにはこれらは厳禁なのかもしれません。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら