梅雨時の頭痛やだるさ、食欲低下などの改善は薬膳生活~ジメジメ梅雨の湿気対策~

スポンサーリンク
728×90

頭が痛い、カラダが重い、ダルイ、食欲が落ちる、浮腫む…などなど、梅雨時になるとこういった体調不良に悩まされる人も多いのではないでしょうか。高温多湿の地に住むわたしたちは、中医学で言うところの「脾(ひ)」がもともと弱い人が多いのです。「脾(ひ)」というのは、食べ物を消化吸収しその栄養から人の元気の源である「気」を作り出す臓器で、とても湿気に弱い臓器なのです。なので脾が弱った状態だとちょっとしたことですぐ疲れるし、何もやる気が出ないし、ただただカラダが重ダルイという状態になってしまいます。わかりやすい判断例としては、雨の日は決まって体調がよろしくなくなるという人は脾(ひ)が弱ってる可能性が大なのです。

枝豆やそら豆の豆類で脾(ひ)を強く!

「脾」を強くするのに一番のオススメは豆類。豆類は脾を強くしてくれるだけでなく、カラダにたまった余分な水分も排出してくれるという梅雨時にはもってこいの食材なのです。特にオススメなのが枝豆そら豆

体内の余分な湿気を追い出してくれる効果がとても高いのです。そら豆の効能は皮の部分に多いので是非そのままで。

  • 大豆
  • あずき
  • グリーンピース
  • さやいんげん

なども利尿作用があるのでお好みで、料理の種類で使い分けたりしてみてください。

緑豆もやしで水分代謝アップ!

緑豆もやしは水分代謝を高めて尿の排出も促してくれる作用がダントツ。解毒作用が高いので

  • 吹き出物
  • 膀胱炎
  • 口内炎

などの改善に、そしてなんと二日酔いにもいいのです。もやしにもし何かプラスするなら

  • 三つ葉
  • シソ
  • パクチー

などの香り野菜。その香りが体内の余分な湿気を追い出してくれます。

もやしは年中いつでもお安いので、梅雨時だけでなくむくみやすいという方は

  • ナムル
  • 炒め物
  • サラダ

にとフルで活用してください。ちなみに緑豆春雨も原料は同じ緑豆なので、ランチに1品カップ春雨のスープをコンビニで調達したりとかでも大丈夫。カラダの余分な熱を収めてくれる作用もあるので、冷えやすい方や冷やすとよろしくない方は摂りすぎに注意してください。

とうもろこしのヒゲは利尿作用が高いから夏向き!

とうもろこしはなんとつぶつぶの実だけでなく丸ごと使える食材なのです。とうもろこしのヒゲは「南蛮毛」という立派な生薬。ヒゲの方が利尿作用が高いのです。

生薬として買うと結構なお値段します。生で買うと生薬がもれなくついてきますよ。南蛮毛は日干しにして煎じてお茶としてのんでもヨシ(ほんのり甘いですよ、とうもろこしの味がします)、炒め物に刻んで一緒に炒めてもヨシ、だしパックに入れてスープのだしにするもヨシ。

普段生で買っても使い道があると思ってなくて捨ててたヒゲ、意外と手間かけず簡単に使えるでしょう?

最後に

余分な水分が体内に溜まりがちな梅雨時は、水捌けのいいカラダを目指すのと同時に冷たいものの食べ過ぎや水分の摂りすぎにも要注意ですよ。水捌け良くするもの食べてるからといってわざわざ自ら水分溜め込むようなことはやめて、快適な梅雨ライフをお過ごしください。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら