自転車保険は必要なの?転倒したケガは自動車保険の歩行中も担保する人身傷害でカバーできる!

スポンサーリンク
728×90

子供が自転車に乗り始めたとき、相手にケガをさせたときの備えや子供が転倒してケガをしたときに備えを考えますよね。実は自動車保険の補償で全てカバーできてしまうの知っていますか?

自転車保険は第三者への賠償と自分のケガに備える

学校などで加入の検討をすすめられる自転車保険は、主に2つの補償からなりたっています。自転車に搭乗中に誤って他人の車体に傷をつけてしまったとき、または自分自身が転倒等でケガをしたとき備えるものです。

自転車に乗る子供を持つ方には個人賠償保険の重要性を再認識させられる事故が平成になってから発生しました。小学校5年生の児童が自転車で60代の女性と衝突し、女性が寝たきりで意識が戻らない状態になってしまった事故をご存知でしょうか。

裁判に発展し親の監督義務というものが問われる裁判になったのです。事故当時、子供がヘルメットを被っていなかったことなどから、親の監督が行き届いていなかったという結論に至り、なんと9,500万円もの損害賠償請求を命じられたのです。一般の家庭であれば、とてもじゃないですが、支払えない金額です。

このようなケースの場合、個人賠償責任保険という保険で保険金を支払います。この個人賠償保険は、特約としてさまざまな保険に付帯することが可能ななのです。例えば、火災保険。住宅ローン向けの火災保険にも付帯が可能ですし、賃貸向けの火災保険にも付帯が可能です。また、自動車保険にも個人賠償責任保険は特約として付帯が可能な会社が多いのです。

自転車保険、もう一つの機能はケガで入院や通院に対して1日あたりの保険金、死亡や後遺障害発生時に保険金をもらうようなものです。ただ、この部分は自動車保険の人身傷害でカバーされるのです。

自動車保険の人身傷害で自転車のケガをカバーしよう

自動車保険に人身傷害という補償があります。加入率が80%を超えるような補償なので、自動車保険に加入している方であればほぼ補償を受けていると思います。

この人身傷害というものは、車に乗っているとき、もしくは歩行中・交通乗用具と呼ばれている自転車やベビーカーなどなどに乗っているいるときにケガをした場合、治療費実費を支払ってくれる優れものなのです。人身傷害は3,000万円から5,000万円程度の補償が一般的なので、まず治療費が足りないということはほとんどありません。

治療費実費が支払われるので、損をすることがないという大きなメリットがあるのです。また、自動車に搭乗中から自転車まで本当に幅広い範囲で補償してくれるのでケガによる治療費はこれでほとんどカバーされてしますのです。また、お住まいの地域を確認していただきたいのですが、中学校3年生までは医療費助成制度があるところも多いようですね。

大手国内損保でも通販型損保でもOK!

自転車保険で補償をカバーしたい第三者への賠償とケガをしたときの治療費。自動車保険でカバーができることを理解頂けたかと思います。

なお、この個人賠償責任保険と人身傷害保険、東京海上日動火災や損保ジャパン日本興亜などの大手国内系損保会社でも加入できますし、TVコマーシャルでみかける通販型損保会社でも加入することができます。

契約期間の途中からでも補償を付帯することができるようなので、代理店さんや保険会社に連絡をして確認をしてみてください。少し賢い保険の使い方のお話でした。

また、自転車の罰則規定が新たに設けられたことご存知ですか!?思わぬところで罰金を支払う目になる前に次の記事をご覧ください!

意外と多い自転車の交通事故。罰金もある自転車の交通ルールを知っておこう!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら