夏休みももう終わり!小学生の宿題の鬼門となる「読書感想文」の書き方

スポンサーリンク
728×90

もうすぐ夏休みも終わりを迎えますが、子供たちの宿題は進んでいますか?我が子もそうだったのですが、最後の最後に読書感想文が残ってしまったなんてことはないでしょうか。もともと本を読むのが苦手な子供もいるでしょう。また、読書感想文自体の書き方を学んでいない小学校低学年の子は、そもそも読書感想文って?と何を書くのかサッパリなんてこともあるかもしれません。親自身も読書感想文のお手伝いってしていいものなのか、悩んでしまいますよね。今回は、夏休みの課題になりやすい読書感想文の書き方についてまとめました。

本選びのポイント

とあるアンケート結果によると、読書感想文が夏休みの苦手な宿題で断トツの1位だったそう。それには、そもそも本を読む習慣がなかったり、自分の感想を文章にするのが難しいなどの理由があるようです。最初に必要なことは、どんな本を選んで読書感想文を書くかということです。

それには、日常の家族や友人との会話にヒントが隠されています。マンガを読んだり、ゲームをしたり、テレビを見たときに自分が面白かったと思うことは、家族や友人に話しますよね?逆に、家族や友人から面白かった本やマンガを紹介されることもあるでしょう。

つまり「自分以外の人に教えてあげたい!」と思うような本は、楽しく読書感想文に取り組むことが出来ます。

一つ注意しなければいけないのが、名作の本を読むことは避けた方が良いと言われています。誰もが知っている名作の本が自分の関心のある内容のものであるなら良いのですが、みんな知っている本だからといった安易な理由では、おそらく読書感想文を書くために渋々選んだという気持ちが感想文に表れてしまう可能性もあります。

自分が人に伝えたいと思うような本を選ぶことが、読書感想文のスタートとなるでしょう。

本を読むときに必要なこと

それでは、読書感想文にする本が決まったら、さっそく本を読んでいきましょう。ただ本を読むだけでなく、読むときにも注意することがあります。

まずは、自分だったらどんな気持ちなのかということを置き換えていきます。自分自身に置き換えることで、「なぜ、そう感じたのか」「こんなとき、自分ならどうするのか」といった素直な感想が出てくるでしょう。

次に重要なのが、本を読んでいるときに気になる内容や重要と思ったシーンには、付箋や読書メモを残すようにします。1冊まるまる読み終わったときに面白いや楽しいといった大雑把な感想しか残ってしまわないよう、特に心に残ったページには「なぜそう思ったのか」理由を簡単にメモすることも大切です。

読書感想文の書き方

本が読み終わり、気になる内容や重要なページへの読書メモも終わったら、いよいよ読書感想文を書いていきます。読書感想文を書くときには、構成を考えておくとスムーズに進みます。最初に、なぜその本を選んだのか、本との出会いや読むきっかけを書いていきます。

次に簡潔にその本のあらすじを書いていきます。簡潔すぎて本の内容が分からないことがないよう、重要なページは具体的に分かりやすく書きます。あらすじには自分の感想は入れないのもポイントです。

そして、次に付箋や読書メモを参考になぜそう思ったのか、具体的な感想を述べていきます。最後の締めくくりは、この本を読んだことで自分が得られたことをまとめてみましょう。

読書感想文が書き終わったら自分自身で読み返し、最後に家族に聞いてもらって分かりにくくないか確認することも大切です。

最後に

いかがでしたか?もうすぐ夏休みが終わりますが、読書感想文に苦戦しているお子さんもいるのではないでしょうか。今回ご紹介した方法を参考に、まずは自分が面白いと思う本選びから始めましょう。

また、自由研究で親がどこまでサポートすべきかについての記事もありますので、よろしければ一読ください!

小学生の夏休みの宿題。親の自由研究のサポートはどこまで?

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら