パンの耳は捨てないで!「パンの耳」がひと工夫で楽しいおやつに早変わり♪

節約おやつの筆頭に数えられるのがパンの耳。サンドイッチを作るときに切り落としたものが「もったいないから」と、揚げて「かりんとう」などを作って活用する方も多いでしょう。パン屋さんでも驚くほどの安さでたくさん手に入れられます。活用すれば、「これがパンの耳?」と驚かれるようなおやつもできちゃいますよ。簡単で、食べてみれば、わざわざ買ってでも作りたくなるレシピをご紹介します。

パンの耳で!キャラメルタルト風

パンの耳に卵液とキャラメルソースを絡めて焼くだけですが、ふっくらとケーキみたいな食感になって、カリっとした食感も楽しめて、ちょっとうれしいスイーツに。

[材料]

タルト型5個分

パンの耳150~200g キャラメルシロップ適宜

a(牛乳1/2カップ 卵1個 砂糖大さじ3)

 [作り方]

  • パンの耳は2~3㎝角に切ってaを絡めてしばらく置く。
  • 全体にキャラメルシロップを絡めてタルト型に分けて入れ、200℃のオーブンで20分ほど、焦げ目がつくくらいに焼く。

※キャラメルシロップはハーシーのものを使いました。キャラメルシロップが加わるだけで、濃厚な風味が楽しめておすすめです。

http://www.hersheyjapan.com/products_m.html#cat5-3

パンの耳でラスク2種 シュガー&ガーリック!

ラスクを作るには、パンを薄く切って焼いて水分を除くのが大変ですが、パンの耳を使えば、簡単にさくさくのラスクができあがります。作っておけば、いつでも手軽に食べられるので、市販のスナック代わりに作り置きしておきましょう。

[材料]

作りやすい分量

パンの耳100g

  1. (オリーブオイル・ガーリック入りのハーブソルト各大さじ2)
  2. (サラダ油・砂糖各大さじ2)

[作り方]

  • パンの耳を食べやすく切って、aとbをそれぞれ絡める。
  • 天板にオーブンシートを敷いて、①を広げて160℃のオーブンで20分ほど焼く

※パンの耳の状態によって、aとbを調整してください。それぞれ、パンの耳に絡まる程度でOK。あまりベタベタにならない方がサクサクに仕上がります。バターで作ると、リッチな味わいになりますが、パターを溶かすのが面倒な場合はオイルで十分においしくなります。

フライパンでもできる!黒糖きなこラスク

ラスクをわざわざオーブンで作るのは面倒だなと言う方にはフライパンでもできます。黒糖ときなこで和風に仕上げましたが、上で紹介したように、単純に砂糖のみや、ガーリックを入れるなど、お好みでどうぞ。

[材料] 

作りやすい分量

パンの耳80g バター・黒糖各大さじ1~2 きなこ適宜

 [作り方]

  • パンの耳を1㎝ほどの大きさに切る。
  • フライパンにバターと黒糖を入れて溶かし、①を加えて混ぜる。
  • 炒めるように、全体に絡め、かりっとなったら、きなこを振る。

パンの耳?ブラウニー

ざくざくのクッキーのようなケーキのようなブラウニーは、もとがパンの耳だったとは思えない本格スイーツのおいしさ。フードプロセッサーを持っていれば、泡立ても必要なく、混ぜるだけなので、あまりストレスを感じないスイーツです。

[材料]

20㎝四方の角形1枚分

パンの耳160g

  1. (板チョコ2枚・100g 無塩バター90g)
  2. (砂糖90g アーモンドプードル30g ココア大さじ1~2)

溶き卵2個分 ミックスナッツ60g

 [作り方]

  • 小さなボウルにaを加えて湯せんにかけて溶かす。
  • フードプロセッサーにパンの耳を入れて細かくして、bを加えてさらにかくはんし、卵、aを加えて、よく混ぜ、粗くきざんだナッツを加える。
  • 天板にオーブンシートを敷いて、②を四角になるように広げて180℃のオーブンで20分ほど焼く。
  • 焼き上がったら、少し冷ましてから切り分ける。

最後に

カリっとした食感がおいしいパンの耳スイーツをご紹介しました。チープなおやつの印象も、食べてみれば、意外にリッチなお菓子になってしまうから、これなら、何度でも作りたくなるはず。忙しい年末にも、ちょっとしたお茶菓子として、作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら