これって乳がんのしこり?症状や検査など、乳がんにの基礎知識を知っておこう

スポンサーリンク
728×90

乳がんと言えば、最近、北斗晶さんや小林麻央さんが乳がんであることを公表しています。実は、乳がんは現在女性の15人に1人が発病しており、とても高い発がん率です。しかし、その一方で乳がん患者の90%は治ると期待されており、乳がんの早期発見が完治する為に必須ということになります。芸能人の乳がんの公表により、年々乳がん検診を受ける女性は増えていますが、それほど乳がん検診を受けることは大切ということなのです。それでは、今回は早期発見のためにも乳がんの基礎知識を学びましょう。

乳がんってどんな病気?

年々乳がんにかかる女性が増えており、現在年間5~6万人が乳がんにかかると予想されています。また、乳がんは30代から増え始め、40~50代で発病率がピークを迎えます。

そもそも乳がんとは、乳腺にできる癌のことを言います。

大人の女性の乳房は乳頭から乳腺が15~20個放射線に並んでいて、それぞれの乳腺はさらに小葉に分かれ、小葉は乳管に繋がっています。そして乳がんの90%以上が、この乳管から発生しているのです。最も乳がんが出来やすい場所は、外側上部が全体の約半数を占めています。

さらに、乳がんは「非浸潤がん」と「浸潤がん」の2種類に分けられます。「非浸潤がん」とは、リンパなどの他の場所への転移がなく、完全に切除すれば100%完治できます。「浸潤がん」とは、脇や胸骨といったリンパ節への転移があり、しこりで乳がんを発見することが多いがんとなります。

乳がんの症状について

それでは、乳がんになるとどのような症状があるのでしょう。

乳房のしこり

乳がんの代表的な症状といえば、乳房のしこりになります。一般的には、しこりが5m~1cm程度の大きさになると自分で意識して触ってみると、何となくしこりがあることに気付くのですが、しこりがあるからといって必ずしも乳がんであるという訳ではありません。

乳房にえくぼのようなくぼみ

しこり以外では乳房の皮膚の近くに乳がんがあると、えくぼのようなくぼみや皮膚が赤く腫れたりなどの症状もあります。

脇の下のしこり

乳がんはリンパ節に転移しやすく、特に脇の下や鎖骨上のリンパ節に転移しやすいと言われています。リンパ節が大きくなると腕のむくみやしびれといった症状が表れます。

ほかの臓器への遠隔転移

約30%の確率で最初に転移する場所は骨への転移となります。転移した臓器により症状が出る場合と、症状が全く出ない場合もあります。骨転移の場合は骨折しやすく、肺転移は咳が出たり呼吸が苦しくなるといった症状があります。

乳がんは早期発見のためにも検診を受けよう

乳がん検診はどのような方法で行われるのか、事前に検診の流れを知っておくと安心です。まず、はじめに問診と視触診から始まりますが、視触診だけではある程度の大きさがなければほぼ乳がんであるかどうかの判別はできません。

そして、乳がん検診にはマンモグラフィ検診と超音波検診が取り入れられるのですが、この2種類の検診全てを行うのか視触診と組み合わせて行われるのかは医療機関や個人の判断により異なります。

また、2006年度に厚生労働省より

「40歳以上の女性に対し、2年に1度の視触診およびマンモグラフィの併用検診を行う」

ということが指針され、ほとんどの自治体で2年に1度の乳がん検診を推奨しています。

現在の乳がん検診の費用の多くは公費で賄われており、残りの1部を自己負担で受けるというスタンスになっており、その費用はおおよそ0円~3000円前後で検診を受けることができます。

最後に

いかがでしたか?症状がないとなかなか乳がん検診に行こうと思えないかもしれませんが、乳がんは症状に気付かないケースもあるため検診を受けることが必要です。

最近では芸能人が乳がんを公表し乳がん検診を受ける女性が増えているように、乳がんのことを知ることで検診を受ける必要性を感じられるのではないでしょうか。

また、定期的な健診はもちろんですが、もし胸に違和感があったり異変に気付いたときは放置せずに医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら