収入の柱を増やす!副業とは違う週末起業とは?

スポンサーリンク
728×90




いま、週末起業という働き方がブームになりつつあるのを知っていますか?「給料をもっと増やしたい」「やりたい仕事は別にあるけど、今の仕事は辞められない」など、理由は様々ですが本業とは別に週末だけ起業している人も少なくないようです。言葉だけ聞くと起業ってカッコイイと思われがちですが、メリットもあればデメリットもあるのです。今回は、週末起業についてご紹介します。

週末起業と副業の違い

本業があるのに仕事をするなら副業ではないの?と考える人もいるかもしれませんが、週末起業と副業は仕事へ取り組む目的が違います。週末起業とは、どこかに勤めるのではなく週末に自分で起業して仕事をすることです。もちろん本業以外の時間であれば、平日の時間でも週末起業と同じになります。週末起業は収入を目的としたものだけでなく、自分のやりたいビジネスや興味があることを仕事にしてみたいという、どちらかというとビジネスを立ち上げたいということを目的としています。そして、副業とはあくまでもお金が目的であって、本業以外にも収入が欲しいためのお小遣い稼ぎのようなものです。このように、週末起業と副業では働く意味が異なるのです。

週末起業のメリットとデメリット

では、週末起業にはどのようメリットとデメリットがあるのでしょう。まず、週末起業のメリットは、週末起業をする目的でも述べたように自分のやりたいことを仕事にしたい、才能や資格、経験を活かしたいという、充実したライフスタイルを送ることができます。

そして何よりも本業の収入に加え、自分のやりたいビジネスで収入をさらに増やすことができるのです。やりたいことで収入を得るということが、働く上で何よりの達成感や自信となるのではないでしょうか。

しかし、週末起業にはデメリットもあります。まず、第一に挙げられるのが、勤め先が副業を禁止しているケースもあります。公務員であれば副業の禁止は間違いないですが、もし勤め先に副業がバレてしまい本業を退職なんてことになったら大変です。事前に、勤め先で副業が可能かどうかの確認をしておくことが大切です。

この他にも、休日も仕事となると休みがなくなるということもあります。プライベートの時間や友人関係などの付き合いも減ってしまう可能性もあるのです。

週末起業の見つけ方

週末起業をしてみたいけど、実際何をすれば分からないという人も多いのではないでしょうか。やりたいことや興味があることは、もともと資格や趣味に繋がっていることもあるかと思います。この場合は、持っている資格を活かすという方法もあります。せっかく持っている資格が本業では活用できないということであれば、週末起業にもってこいです。

調理師免許や栄養士の資格があれば料理教室を開いたり、もともと趣味でやっていたピアノを今度はピアノの先生として自宅レッスンをするという方法もあります。実際、週末起業は趣味の延長線という方が多いのも事実です。自分の好きなことを仕事にできるやりがいは、本業へのエネルギー源にもなるのではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?週末起業に興味はあるけど、なかなか手が出ないという人もいると思います。もし、本業で副業が禁止されていないのであれば、今の時代ではなかなか難しい「好きなことを仕事に」できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら