意外に簡単できる♪ラテアートで珈琲デコレーション

スポンサーリンク
728×90

バリスタが淹れる、芸術的なラテアート。とても素敵ですね。そこまでの技術も専用のマシーンも持っていないけど、コーヒーをデコレーションして楽しめないかしらと考えて、挑戦してみました。もちろん、準備したものは、家にあるものと、100円均一ショップで買えるようなものばかり。安価だけど、家に来てくれた友達に出してあげたら、「カフェみたい」と喜んでもらえそうなできあがり。あなたもチャレンジしてみませんか?

ラテアートの作り方

まず、準備したものは、生クリームと生クリームをホイップしたもの。デコレーションの土台作りに使います。ラテアートには牛乳を泡立てたものを使うようですが、専用の機械が必要らしいので、おうちでは手軽に生クリームがよさそう。両方が必要ではありません。

どちらかでOKです。泡立てが面倒な人はホイップしたものを。軽く泡立てたものを使いたいときは、生クリームを使います。どちらも日持ちがするものなので、常備しておけば、急な来客時にも対応できますね。

100均の型でかわいくラテアート♪

最初にチャレンジしたのは、100均ショップで売っているこんな型。ラテアートにもお菓子作りにも役立つ型です。この上からココアや抹茶を振りかければ、かわいいスマイルマークとクローバー模様ができるわけ。

これさえあれば、ほぼ、何の苦も無くできるはず。100均ショップで、ココアと抹茶のパウダーも購入して、いざ!

<準備するもの>

コーヒー、生クリーム、ココアまたは抹茶パウダー、型、茶こし

★好みで生クリームとコーヒーにそれぞれ砂糖を加える。

<作り方>

1生クリームを軽く泡立てて、ココアパウダーまたは抹茶パウダーと型を準備する。

2淹れ立てのドリップコーヒー(インスタントでもお好みで)をカップに入れて、1の生クリームを上に流し入れ、型をカップの上に置いて、パウダーを茶こしで振りかける。

<感想>

想像以上に簡単。かわいくできました。抹茶パウダーはお茶の香りがしますが、下の生クリームがコーヒーと遮断するので、気になりません。コーヒーと抹茶ケーキを食べているような感じだと思っていただければ、大丈夫。

泡立ては強くしない方が、コーヒーとの馴染み方はよさそうです。熱いコーヒーの上に冷たいクリームを流し入れましたが、アイスコーヒーでも合いますね。生クリームの中にもコーヒーにも砂糖は加えずに作りました。甘いものがお好きなら、砂糖を加えて調整してください。

ケーキ用のデコレーションでかわいくデコ♪

続いてはホイップクリームを絞り出した上にアラザンやチョコをのせて、ケーキ風なデコレーションにチャレンジ。

<準備するもの>

コーヒー、市販のホイップクリーム(甘みの加えられたもの)、アラザン、チョコ

★好みでコーヒーに砂糖を加える。

<作り方>

1淹れ立てのドリップコーヒー(インスタントでもお好みで)をカップに入れて、その上にホイップクリームを絞り出して、表面を覆う。

2アラザンやチョコなど、好みのケーキ用のデコ素材を上から振る。

<感想>

コーヒーの上に絞り出すのが大変そうに思えますが、簡単に浮くので、くるくると回すように絞り出せばOKです。アラザンは軽いので、問題なくのせられましたが、チョコはやや重かったようで沈みました。

麦チョコやチョコスプレーなど、できるだけ軽いものをのせないと沈んでしまうようです。

それでも、コーヒーの中に沈んだチョコは、意外においしかったので、これはこれであり? 砂糖を加えていると甘すぎるかもしれませんが、ブラックコーヒーの中のチョコと上のホイップクリームがちょうどいい感じでした。

キャラメルソースを使ってデコ♪

最後はもっとスイーツっぽいデコを楽しんでみたいと思ってやってみました。生クリームの上からキャラメルソースをかけ、キャラメルがけのくるみ、ココナッツクッキーをのせて…。

<準備するもの>

コーヒー、市販のホイップクリーム(甘みの加えられたもの)、または生クリームを軽く泡立てたもの、キャラメルソース、キャラメルがけのくるみ、ココナッツクッキー

★好みでコーヒーに砂糖を加える。

<作り方>

1淹れ立てのドリップコーヒー(インスタントでもお好みで)をカップに入れて、その上に市販のホイップクリームを絞り出すか、生クリームを軽く泡立てたものを加える。

2上にキャラメルソースと、くるみまたはクッキーを好みでのせる。

<感想>

軽く泡立てた生クリーム(写真右)はキャラメルソースをかけると沈んでしまいます。市販のホイップクリーム(写真左)の方は大丈夫でした。キャラメルがけのくるみとココナッツクッキーはよく合います。

ちょっとしたスイーツ気分も味わえて、満足できるスペシャルなコーヒーになりました。

最後に

珈琲デコレーションにチャレンジ。いかがでしたか? スイーツそのものを作るよりも簡単にスイーツのような楽しみ方ができるので、アイデア次第でアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか?

市販のホイップクリームを使うと、ケーキ風な楽しみ方ができますが、飲み物として楽しむなら、生クリームを軽く泡立てたものを使う方がおすすめ。お好みで選んでみてくださいね。

この記事を書いた人

arco
arco

ライター、編集者として仕事をして20年以上になります。主に女性向けの生活情報について、雑誌、フリーペーパーなどの企画から取材、撮影、編集まで一括して行って来ました。


スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら