カメラ女子が選んでる、甘すぎないおしゃれなカメラバッグをご紹介!

スポンサーリンク
728×90

カメラ女子という言葉が定着して、一眼レフミラーレスを持ち歩く女性カメラマン向けのカメラグッズも珍しくなくなりました。カメラバッグといえば、機能性だけで無骨で無個性というのは過去の話…なのですが、カメラ女子といえばカラフルで可愛い柄のものが目立ち、シンプルなファッションが好みの女性には、選びがたいものも少なくありません。そこで今回はシンプルで甘すぎない、クールなカメラバッグを扱うブランドを紹介します。男性も使えそうなものが多いので、彼氏や旦那様と共有してもいいですね。

キャンバス系のシンプルなデザインのnadowa(ナドワ)

フォトグラファーの視点から作られたカメラバッグは、キャンバス系のシンプルなデザイン。種類は少ないのですが、シンプルなだけに幅広い洋服に違和感なく合わせられます。なかでも人気なのがCampagne(カンパーニュ)と名付けられたトート型カメラバッグ。

インナーケースは取り外すこともできるので、カメラを持ち歩かない日も活躍します。カラーはブラック、ライトグレイ、レッドの3色。A3サイズがちょうど収められるサイズで、口の部分はくるくると巻いて閉じるようになっています。

伸ばして使えば、かなりの荷物を持ち歩くことができます。

http://www.nadowa.com/index.html

「カメラと日常」をテーマにした革小物を扱うAcru(アクリュ)

大阪の南船場にある「カメラと日常」をテーマにした革小物を扱うお店。オンラインショップもあるので、遠方の人もモノヅクリにこだわったカメラまわりの商品を手に入れることができます。カメラバッグは、どれも男女問わず長く愛用できる普遍的なデザイン。

それでいてモノヅクリへのこだわりが感じられるからか、無味乾燥なものはひとつとしてありません。

  • ショルダーバッグ
  • トートバッグ
  • ポーチ

など、すべてのカメラバッグには刻印を入れることができます。大人の女性も満足できる、質の高いバッグが見つかるはずです。

http://acru-shop.net/

「個性的であり続けていたい」をテーマにZKIN(ジーキン)

ZKINは広告デザインのクリエーターにより設立されたShine Republic社のブランドです。「個性的であり続けていたい」をテーマに、美しいデザインと機能性にこだわったカメラバッグやカメラアクセサリーを取り揃えています。

バッグの種類も豊富なので、レンズを何本も持ち歩く人も、コンパクトにカメラを持ち歩きたい人も、用途によって大きさやテイストを選ぶことができます。リュック型でおすすめなのが、Yowieと名付けられた大容量バッグパック。

レンズを装着した一眼レフカメラ1台とレンズ2本を持ち歩くことができます。背面に13インチタブレット端末を収納できるポケットがあり、側面には三脚を固定するベルトが付いています。

http://z-kin.com/jp.index.php

カメラバッグが浮かないコツ

カメラバッグがファッションを台無しにしてしまわないためには、自分のファッションの傾向を知ることが重要です。

バッグインしてしまうカメラケースなら、どんな柄や色を選んでもOKなのですが、バッグのように露出の割合が大きいアイテムは、ファッションの一部として選ぶと失敗が少ないのです。

そうなるとシンプルなものが一番使い勝手がいいという結論になるのですが、あとは撮影スタイルに合わせて、大きさやスタイルを絞って、あなたに一番のカメラバッグを見つけてください。

最後に

カメラはカメラでも日々使っているスマホカメラをちょっと工夫すれば写真を上手にとれます。続けてご確認ください!

スマホのカメラで、素敵な写真を上手に撮る3つのコツ!!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら