実は自動車保険についている!JAFを呼ばなくても車のトラブルが解決できるロードサービス

スポンサーリンク
728×90

車のトラブルといえばJAFを思い浮かべる方が多いようですが、実は車の自動車保険にもロードサービスが提供されているのを知っていますか?実は、ほとんどの自動車保険にはロードサービスも付帯しており、JAFを呼ばずとも自動車保険のロードサービスで解決できてしまうことが多いのです。では、なぜJAFに加入している人が多いのでしょう。それでは、JAFと自動車保険のロードサービスとの違いを比較してみましょう。

JAFと自動車保険のロードサービスは対象が違う

JAFは会員が対象となるため、自分の車以外にも友人の車やレンタカー、会社の車を運転していた際のトラブルにも対応してくれます。さらに、会員は運転していなくても同乗しているだけで、サービスの対象にもなります。

そのため、家族で車を運転する場合は、運転する家族一人一人が会員にならなければサービスを受けられないということになるのです。

しかし、自動車保険のロードサービスは契約している車が対象となるため、他人が契約車両を運転してトラブルが起きた場合にも、その車に対してはサービスの対象となります。

そのため、契約者が別の車を運転していたときのトラブルについては、契約車両と違うため自動車保険のロードサービスを受けることはできないということです。

自動車保険のロードサービスでできる範囲

JAFの最も多い出動理由について調べてみたところ、1位「バッテリー上がり」、2位「タイヤのパンク」、3位「キー閉じ込み」、4位「落輪」という結果になりました。実はこれらの内容は、自動車保険のロードサービスでカバーできる範囲のものがほとんどなのです。

そのため、発生しやすいカートラブルの内容は、自動車保険のロードサービスで解決できてしまうということが分かります。

しかし、実際に自動車保険のロードサービスを使わずに、JAFを利用する方も多くいます。その理由は、「自動車保険のロードサービスを使うと等級が下がり、保険料が上がってしまう」と間違った認識をしている人がいるようです。

自動車保険のロードサービスは、何度利用しても等級が下がることも保険料が上がることもないので、安心して活用してください。もちろん、JAFも何回利用しても年会費が上がることはありません。

JAFと自動車保険のロードサービス両方に加入する意味は?

ここまでJAFと自動車保険のロードサービスの違いについて説明しましたが、両方加入するメリットはあるのでしょうか。

さきほど説明したように、発生しやすいカートラブルは自動車保険のロードサービスで解決できることがほとんどですが、マイカー以外に会社の車やレンタカーを利用することが多い人はJAFも併せて加入しておくと安心です。

また、JAFにはロードサービス以外に、会員優待サービスにも力を入れています。宿泊施設や飲食店、テーマパークなどの優待券や割引サービスとしてJAF会員はサービスを受けることができます。お出かけすることが多い人にも、JAF会員になることはメリットのようです。

最後に

いかがでしたか?自動車保険にロードサービスが付帯していることを知らない方や、利用することで等級が下がるといった誤った認識をしていた方は、今までもったいない思いをしていたかもしれません。

運転する人の利用状況によってJAFにも加入した方が良いのか、保険会社のロードサービスの内容をしっかり把握した上で判断しましょう。

また、自動車保険の人身傷害という補償、歩行中も担保される補償にしておけば、ケガによる治療費はほとんど支払うことはなくなるのです!次の記事でご確認ください!

自転車保険は必要なの?転倒したケガは自動車保険の歩行中も担保する人身傷害でカバーできる!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら