高校を卒業して、初めて自動車保険に入る前に知っておきたい、とっても基本的な自動車保険に関すること。

スポンサーリンク
728×90




世の中には一度も事故にあわず、保険を使う事無くすむ方もいると思いますが 人によっては何度も事故にあう方もいます。自動車保険は実際に事故にあってみないと分からないことがたくさんあると思いますが 今日は基本的なことをお伝えして、少しでも「へぇ~」と思っていただけたらうれしいです。特に高校を卒業して自動車に乗り始めるかた。基本的な知識として覚えておいてください!

自動車保険には大きく分けて2種類の保険があります。

自賠責保険は法律で全ての自動車に加入が義務付けられています

あまり意識していない方も多いと思いますが車検を取る時に必要なので、ほとんどの方は車の購入時や車検と一緒に 加入や更新の手続きをしています。もし自賠責が切れていると罰金や減点などキビシイ罰則があります。

原付など車検がない車は気がついたら切れていたなんてこと起きているかもしれません。

任意保険は加入しなくても罰せられません

それに対して任意保険はというと、加入する、しないは任意なので入っていなくてもお咎めはありません。

ですので車に乗っている方の中には 「保険料も高いし、自賠責があるから任意保険はかけなくてもいいや。」 なんて思っている方がいるかもしれません。もしそんな風に思っている方がいたら要注意です。

なぜなら自賠責と任意保険には補償内容に大きな違いがあります。

自賠責保険と任意の自動車保険には補償の違いがある

まず自賠責というのは、被害者の方のケガに関するものしかお支払いできません。つまり、相手の車や建物など物への補償や、運転している加害者の方のケガの補償は全くありません。

しかも治療費や休業損害などの補償は限度額が120万円と決まっていますし、 死亡時や重度後遺障害での最高額はそれぞれ3000万円と4000万円となっています。とても十分とは言えませんね。

因みにひき逃げされた場合、被害者の方はどうなるかご存知ですか?

相手は逃げちゃったわけですから自賠責すら使えない状況です。でも安心してください。日本には政府保障事業という制度があり、自賠責とほぼ同じ補償を受けることが出来ます。 最低限の補償は国が見てくれるわけです。

後で相手が見つかった場合はキッチリ政府が加害者に費用を請求するようになっています。それに対して任意保険は大きく分けて3つの補償から成り立っています。

  • 相手への賠償
  • 自分の車に乗っている方の怪我
  • 自分の車の修理費

相手への賠償には治療費、休業損害、逸失利益(その方が本来得られるはずだったが事故により得られなくなったお金) 慰謝料などを含む対人賠償と、車や建物など物の修理費を補償する対物賠償があります。

どちらも通常は無制限で契約している方が多いです。自賠責で補償出来る金額を越えた部分を対人賠償で補償します。ここで注意しなくてはいけないのは、あくまでも他人に対しての賠償になりますので、自分の親や子供をはねた場合は賠償の対象外になることもあります。

自分の家やもう一台車を持っている方が自分の車にぶつけた場合も同様に保険は使えません。補償の対象は他人の財物です。こんなケースでも保険が使えてしまうと悪い事を考える人が出てきてしまう可能性があるので対策がうたれているんですね。

自分の車に乗っている方の怪我ですがコレはいくつかの種類があります

実際にかかった費用をお支払いする人身傷害や、予め決めておいた金額が支払われる傷害一時金搭乗者傷害などがあります。

傷害一時金や搭乗者傷害は自分の保険が無くても同居の家族や、実家の保険などがつかえるケースもあり、 注意しないと請求漏れになる可能性があります。

せっかく保険が使えるのに使わないともったいないですし、この怪我に関する補償は保険を使っても 翌年の保険料が値上がりしません。気兼ねなく保険を使うことが出来ます。

自分の車の修理費、車両保険について

車両保険と言われる補償ですがコレも選択肢があり、大きく分けると2種類あります。 一般条件と車対車です。

一般条件は補償が厚く、どんな状況の事故でも保険が使えます。

車対車の場合だと保険料は一般条件よりも割安ですが、保険を使う為の条件があり注意が必要です。その名の通り相手は車に限定されますので電柱や塀にぶつけた場合、駐車場に停めておいたときの当て逃げなど 相手が確認できない状況では保険が使えません。

車対車の事故は、動物や自転車、電車などとの接触も車ではないのでダメということになります。

以上が任意保険の概要になります。 この他にも色々な特約があり、困った状況を助けてくれるものになっています。 自賠責のみで車を運転する事の恐ろしさをお分かりいただけましたでしょうか?

最後に

保険代理店の方の話で一番ビックリしたのは 「思ったよりも任意保険未加入の方が多いな。」という事でした。100%入っているものと思い込んでいましたが、実際の任意保険加入率は私の体感だと90%ぐらいでしょうか?

「運悪く無保険車にぶつけられました。」

という私のお客様も何人か見ていますが 本当に大変な思いをされています。 いつ、誰が、どんな事故にあうかはわかりません。 後悔しない様にシッカリと代理店の方と相談し、納得した内容の保険に加入することをお勧めします。

また、自動車保険のロードサービスについて次の記事でご紹介しております。JAFを呼ばなくてもレッカーサービスって付いていることがあるんですよ。

実は自動車保険についている!JAFを呼ばなくても車のトラブルが解決できるロードサービス

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら