車を長持ちさせたかったらこれをやったらダメ!車の寿命を縮めるNG行動

スポンサーリンク
728×90

は「10年10万キロ乗れば寿命」なんて言葉を聞きますが、お気に入りの愛車であれば長く乗りたいのが正直なところ。実は、現代の目覚ましい進化により車の寿命は延びでいるそうです。

ただし、最も気を付けなければいけないのは、私たちの車の乗り方にあります。みなさんは気付かないうちに、車の寿命を縮める乗り方をしているかもしれません。今回は、「車の寿命を縮める、やってはいけないNG行動」をご紹介します。

乾いた状態でワイパーを動かす

フロントウィンドウにウォッシャー液を噴射して、ワイパーを動かすことはありませんか?

実は、フロントウィンドウが乾いた状態でこの行為をしてしまうと、ガラスの表面に細かな傷をつけてしまいます。さらには、ワイパーのゴムも傷めてしまうのです。

日常的に、ウォッシャー液とワイパーでフロントウィンドウを掃除している人は、気付かないうちにNG行動をしているということです。また、ウォッシャー液が車のボディにかかってしまうと、シミになることも少なくありません。

正しいフロントウィンドウの掃除の仕方は、濡らした雑巾でこまめに拭くのが良いでしょう。

ただし、泥はねなどであまりにも視界が汚れて見えないときは、ガラスの傷よりもウォッシャー液とワイパーを使って、汚れを取ることを優先してくださいね。

停止した状態でハンドルを据え切りする

据え切りとは、車を停止した状態でハンドルを切ることです。ほとんどの車にはパワーステアリングが備わっており、車が停止していてもタイヤをフルロックまで切ることができます。

もちろんメーカーでは据え切りに対応する耐久性を考慮していると思いますが、長い目で見ると据え切りはタイヤやステアリングゲージに負担がかかるため、おすすめできないNG行動と言えるでしょう。

駐車やUターンなど、据え切りすることがあるかもしれませんが、あまりにも頻度が多いようであれば、気を付けた方が良いですね。車にやさしい運転の仕方は、微速で動きながらのステアリング操作です。

駐車スペースの問題などでどうしても据え切りが必要なこともあるため、絶対NGということではありませんが、意識的に控えることをおすすめします。

エンジンをかけてすぐにアクセルを踏んでいる

急いでいるときなど、エンジンをかけたらすぐにアクセルを踏んでいることはありませんか?車を運転するときは、暖機への配慮を心がけてください。

エンジンをかけてすぐは車が冷えた状態であり、エンジンやミッションのオイルが全体に回っていないため、アクセルを踏み込むと急激に仕事をさせることからトラブルの原因となるでしょう。

車で出かける前にエンジンをかけたらアイドリングで放置しておきたいところですが、環境対応の面からNG行為となります。そのため、水温が低い状態を示す青いランプが消えるまでは、アクセルの踏み込みすぎに気を付けて運転するのが良いでしょう。

駐車場の車輪止めに強くぶつけて止める

スーパーやコンビニなど、出先で駐車をするときに車輪止めに強くぶつけて停車していないでしょうか。車輪止めは事故を防ぐために設置されているため、強度があります。

そのため、駐車のときに車輪止めを頼りに強くタイヤをぶつけてしまうと、サスペンションに影響が出てしまうかもしれません。タイヤに傷がつく可能性も考えられます。車輪止めがある駐車場では、タイヤがやさしく当たるように止めてくださいね。

車を走らせる頻度が少ない

忙しくて車を運転する機会が少なかったり、住んでいる環境によって車の使用頻度が少なかったり、エンジンをかけることが少ない人もいるかもしれません。

現在の車は、バッテリーさえ上がらなければ数か月放置していても普通に乗ることができるでしょう。

しかし、数か月も放置しているとエンジンオイルが潤っていないので油膜がなく乾いた状態でのスタートとなります。車にとっては良くない状態でのスタートとなるため、エンジンにもトラブルが出る可能性も考えられます。

なかなか走る機会が少ない人でも、定期的に短い時間でも車を走らせる習慣をつけてくださいね。

定期的なメンテナンスを忘れずに

長く車を乗るために必要なことは、定期的なメンテナンスです。基本的なメンテナンスといえば、オイル交換。オイルは確実に劣化するので、定期的なオイル交換は欠かせません。そもそもオイル交換は、どのくらいの頻度で行うのが良いのでしょう。

できれば3,000~5,000㎞毎に交換するのが理想ですが、最近では環境破壊を防ぐ目的もあり、もっと長く走ってからの交換ということもあるようです。

なにより、メーカーの指定距離で交換することが間違いないでしょう。車の走行距離が短いからオイル交換をしないというのもNGですよ。

最後に

いかがでしたか?気付かないうちにやっていたNG行動はなかったでしょうか?車を長く愛用したいなら定期的なメンテナンスを忘れずに、寿命を縮めるような運転や車の扱い方をしないように気を付けてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら