猫はお留守番できる?1頭飼いか多頭飼いか?猫は1匹でも大丈夫?

スポンサーリンク
728×90




まず、を1匹飼ったけれど友達がいた方がいいのでしょうか?旅行に行くとき、出張が入ったとき、飼っている猫は寂しくないのでしょうか?猫の特徴から探っていきましょう。

猫は2泊3日くらいならお留守番ができる?

猫を飼っている友人知人と話していると、結構な確率で「旅行をした」という話をききます。これは犬の飼い主からはあまり聞かない話です。あったとしても旅行をしたというついでに「ペットホテルに預けてきてね・・・」という罪悪感を告白してくれます。

猫のブリーダーさんにも

「旅行に行くときはどうすればいいですか?」

と質問したところ、

「猫は2泊くらいなら家においても大丈夫よ」

という返事が返ってきました。寂しくて体調を崩してしまったりしないのかと質問をすると、次のようなことを教えてくれました。

猫は単独行動する動物

猫はもともと単独行動をする動物なので、1匹で寂しいだろうと思うのは人間の主観でしかないのです。寂しいのかな、という発想は太古の時代から群れで生活してきた犬からきていて、太古の時代の猫は単独行動をしていたのです。

そして、気が向いたときだけ飼い主に甘えてきたという歴史があるのです。ですから、1匹だと寂しいというのは間違い。むしろ、多頭飼いをすると愛情が分割されて、飼い主に甘えたいときに甘えられない、というストレスが生じてくる場合もあります。

SNSなどで、2匹の猫が仲睦まじくじゃれあっている様子を見ることができますが、無理に2匹飼う必要もないのです。諸費用もお手入れも2倍、ですからね。

ラガマフィンが100匹になった話

先日、とある地方都市で、寂しいだろうと雄雌2匹のラガマフィンを購入し、去勢避妊のタイミングを失い、ネズミ算式に仔猫が産まれ、あっという間に100匹以上になってしまった例があります。

飼い主夫婦は手術代、その他の費用を会社の上司に借金を申し込み、それでも追いつかず、とうとうボランティア団体に投げてしまいました。

部屋は毛だらけ、各猫の栄養は行き届かず、不潔な状態。残念ながら、これでは猫を飼う資格はありません。多頭飼いをしたければ、楽しいだけではなく、自分ができる範囲を吟味されることをお勧めします。

猫をお留守番をさせる準備

では2泊程度の旅行に行くときはどうすればよいでしょうか?ごはんをそのままボウルに置いておくのは不衛生なので、自動給餌器でセットした時間にごはんが出てくるようにします。

そしてたっぷりのお水を与えておけば、猫は好きな家の中で、勝手気ままに過ごしているでしょう。

長期の旅行に行くときは、まずはブリーダーさんに確認を。普段出入りしている人にご飯とトイレの世話をお願いするか、もしくはペットシッターさんに最低限のことをお願いするという方法もあります。自分の猫の性格から一番合った留守番方法を模索しましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら