ぐるなびが選ぶ、最も世相を反映した今年の一皿「鶏むね肉」を使った料理をご紹介!

有名なグルメサイト「ぐるなび」は、さまざまな飲食店を紹介しているサイトです。一度はお店探しに利用したことがあるのではないでしょうか。そんな「ぐるなび」から、12月4日に今年最も世相を反映した料理「今年の一皿」が発表されました。去年選ばれた一皿は「パクチー」ですが、今年は何が選ばれたのでしょう。気になる今年の一皿をご紹介します。また、今年の一皿に選ばれた食材を使ったおすすめ料理レシピもご紹介しますね!

ずばり今年の一皿は「鶏むね肉料理」

ぐるなびが選んだ今年の一皿は、「鶏むね肉料理」でした。柔らかくてジューシーな鶏もも肉の方が好きという人も少なくないでしょう。では、なぜ鶏むね肉が選ばれたのでしょうか。

近年、高齢化社会により健康食への意識の高まりから、高たんぱく低脂肪が注目されているようですね。そのため、料理のアレンジ次第で柔らかくおいしい料理に変身する「鶏むね肉」が選ばれたそうです。

数年前から流行っている塩麹に漬けて柔らかく仕上げる料理なんかも人気になっているんです。ひと昔前は、パサパサしているイメージも強かった鶏むね肉ですが、おいしく食べられるレシピがあればうれしいですよね。

筆者おすすめ鶏むね肉レシピをご紹介しましょう。

鶏むね肉の簡単レシピ「鶏ハム」

みなさん、鶏ハムはご存知ですか?筆者は、自分でハムを作れるの?と半信半疑でしたが、実際に作ってみると本当に簡単に作れて、それでいておいしいという嬉しい喜びでした。実は、鶏ハムレシピは料理家の栗原はるみさんがご紹介していたことでも有名なのです。

それでは、おすすめの「鶏ハム」レシピをご紹介します。

■材料

  • 鶏むね肉・・・2枚(600g)
  • 砂糖・・・小さじ2
  • 塩・・・大さじ1/2

■作り方

  1. 鶏むね肉は皮と脂を取り除き、身の厚い場所から包丁を入れて開いていきます。均等に2㎝くらいの厚みにしましょう。
  2. 開いた鶏むね肉は、表と裏に砂糖をすり込んだら次に塩を同様にすり込みます。このとき、塗る順番を間違えないようにしてくださいね。
  3. ジッパー付きの保存袋に入れたら、冷蔵庫で3時間ほど寝かせます。
  4. 冷蔵庫から取り出したら、広げたラップの上で鶏むね肉2枚を少し重なるように並べ、ラップをくるみながら筒状にしていきます。ラップは空気が入らないようしっかり巻き付け、両端はねじってラップが剥がれないようにしましょう。
  5. 鍋にたっぷり水を入れて沸騰させたら、ラップでくるんだ鶏むね肉を入れて火を止めます。そのまま3時間ほど置きましょう。
  6. 鍋から取り出して、好みの厚さに切ったら出来上がり!生ハムのように薄切りにしてサラダの上に乗せたり、厚切りにしてパンに挟んだり、鶏ハムでいろいろな料理が作れますよ。

鶏むね肉を柔らかくする小麦粉を使った「照りマヨチキン」

手間がかからない時短料理は、作る側としてはどんな料理でもありがたいですよね。鶏むね肉はパサパサして硬くなりやすいイメージがあるだけに、鶏むね肉を柔らかくするのに「小麦粉」を使ってみましょう。

鶏むね肉が柔らかくなる「照りマヨチキン」のレシピをご紹介しますね。

■材料

  • 鶏むね肉・・・2枚(400g)
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • 小麦粉・・・大さじ2
  • サラダ油・・・適量

(A)

  • マヨネーズ・・・大さじ5
  • にんにく・・・少々

(B)

  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1

■作り方

  1. 鶏むね肉は、一口大にそぎ切りにして塩こしょうをふって下味を付けます。次に、小麦粉をまぶしましょう。
  2. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱したら、さきほどの鶏むね肉を揚げ焼しましょう。焼いている間に、(A)を混ぜ合わせておきます。
  3. 鶏むね肉に火が通ったら、余分な油は取り除きます。そのままフライパンに(B)の調味料を加え、強火で鶏むね肉にからめます。
  4. お皿に鶏むね肉を取り出したら、(A)を加えてあえたら出来上がりです。

キャベツの千切りなど、野菜の上に盛り付ければ照りマヨのたれが染みておいしいですよ。柔らかくて子供にも人気のメニューで、ご飯も進みます。

「塩麹」で鶏むね肉しっとり柔らか「鶏むね肉のバターソテー」

塩麹は数年前からさまざまな利用法で有名となり、塩麹を使ったたくさんのレシピ本も発売されています。鶏むね肉をしっとりとした食感にしてくれ、それでいて他の調味料の邪魔をしないため、塩麹を使う人も少なくないようです。

そんな塩麹を使った「鶏むね肉のバターソテー」レシピをご紹介しますね。

■材料

  • 鶏むね肉・・・1枚(200g)
  • 塩麹・・・20g
  • 片栗粉・・・適量
  • バター・・・10~20g
  • 粗挽き黒こしょう・・・少々
  • レモン・・・お好みで

■作り方

  1. 鶏むね肉は一口大にそぎ切りにして、塩麹をまぶします。ぴったり密着するようにラップをかぶせ、冷蔵庫で1時間~半日ほど漬けましょう。
  2. 片面に片栗粉をまぶし、熱したフライパンにサラダ油を入れ、焼き色がつくまで鶏むね肉を焼いていきます。片面を焼いてひっくり返したら、今度は蓋をして2~3分焼いて火を通しましょう。
  3. フライパンにバターを加え溶かしたら、粗挽き黒こしょうを少々かけて出来上がりです。好みでレモンを添えても良いですね。塩麹に漬けるだけで、驚くほどしっとり柔らかに仕上がりますよ。

最後に

いかがでしたか?鶏むね肉は、アレンジ次第で鶏肉のパサつきをなくしおいしくいただけるだけに、納得の「今年の一皿」なのかもしれませんね。今回ご紹介したレシピは、筆者独断ではありますがどれもおすすめなので、よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら