共働きの忙しい働くママもこれでご飯の準備は大丈夫!育児と仕事をうまく両立するコツ!

スポンサーリンク
728×90




共働きの多い今、育児と仕事の両立に悩むママも多いことと思います。「もう疲れた!」とならないために試してほしいコツをご紹介します。今回は料理に関するコツをまとめます。

朝のうちに夕食の下ごしらえも済ましておく

仕事が終わって子供を迎えに行って、そのまま夕食準備…。仕事で疲れているのにもうひとふんばりしなくてはいけなくて、どっと疲れてしまいますよね。子供も日中離れていた分、いつもより甘えんぼになっていたりして、なかなか思うように夕食準備も進まないですよね。

そんな時には、材料を切っておくだけでもいいので、朝少し早く起きて夕食の分まで準備をしておくことをおすすめします。一度に切ってしまえば包丁やまな板を洗う回数も減りますね。帰ってからは炒めるだけ、和えるだけにしておくと良いです。

時間のかかる煮物系は朝火を通しておいて、そのまま夕食まで置いておくと味がしみて美味しいですよ。

また、途中までできているという安心感から、退社後にも少し気持ちに余裕が持て、子供にもいつもより大らかに接することができると思います。

常備菜を作るようにする

今、主婦に人気がある「常備菜」。働くママにとって活用しない手はありません。土日など時間に余裕がある時に作っておくと、ものによっては1週間くらい日持ちするものもあるのでとても便利です。

冷蔵庫にいつも常備菜があることで、平日のお弁当作りや食事作りがぐんと楽になりますよ。常備菜のレシピ本も豊富に出ているので一度試してみると良いと思います。

もしものためにレトルト食品を用意しておく

「子供にはできるだけ手作りを食べさせたい!」

と思うママの気持ちは素晴らしいです。ですが、残業で遅くなった、疲れすぎて料理をする気にならない・・・という時についつい

「今日は外食でいいか」

と思ってしまいませんか?

もちろん外食をすることでママも息抜きになるのなら良いと思いますが、それが続いてしまうと家計にも響くし、ママ自身も罪悪感が募ったりすることもあると思います。

そういう事態を防ぐためには、もしもの時のためにレトルト食品を家に常備しておくと良いと思います。

一から料理をする気にはなれないけどちゃんとしたものを食べさせたいというママは、レトルトのパスタソースに野菜を炒めて乗っけてみるなど、少し手を加えるだけでも見栄えも栄養も全然違いますよ!

外食するよりもお財布にも優しいのでママも罪悪感が少なくて済みますよね。時には上手にレトルトも活用してみましょう!

おわりに

いかがでしたか?育児と仕事の両立はとても大変なことですよね。料理は「しない」というわけにもいかず、子供の栄養も考えるとなると頭を悩ませてしまいます。ですが、いつも完璧を求めすぎず、時には上手に手を抜くことが両立のためのポイントですよ!

また、まだまだ使うことにためらいを感じるかもしれませんが、家事代行サービス。ちょっと覗いてみませんか。続けて次の記事をご覧ください。

働くママ必見!育児のアドバイスまでしてもらった家事代行サービスをご紹介

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら