子どもにはどんな保険が必要?子どもの保険について考えよう

子どもが生まれると多くの親が一度は考えるのが、保険のことです。子どもの保険ってどんなものがあるの?と思いますが、一般的には貯蓄を目的とした学資保険や、ケガや病気を保障する医療保険などが思い浮かぶのではないでしょうか。では、どのような保険が子どもには必要なのでしょう。今回は、子どもの保険について考えてみましょう。

子どもにはどのような保険が必要?

一般的に保険といえば、ケガや病気のときの入院時の保障や死亡時に支払われるものを考えますよね。しかし、もし子どもが亡くなった場合に経済的損失があることはほぼないため、生命保険の必要性は感じられません。

そして、ケガや病気はいつなる可能性があるか分からないため、医療保険は加入しておくと安心という点があります。(※地域によって医療費の自己負担がゼロの地域もあるので、絶対ではないです。)

子どもが成長すると関わってくる人たちも増えてくるため、その分何らかのトラブルが発生する可能性もあります。そんな時には賠償責任補償がついている保険だと安心ではないでしょうか。

子どもが保険に入っていると安心な理由

では、どのような場合に子どもの保険に加入していると安心なのでしょう。例えば、子どもが大きな病気や怪我で入院した場合には、入院時の費用を保障してくれる医療保険の加入をしていると安心です。

また、子どもが友達に怪我をさせてしまったり、他人の物を壊してしまった場合に加入していると安心なのが、個人賠償責任保険です。個人賠償責任保険は、第三者に損害を与えた場合に、その賠償責任を保険でカバーすることができます。

日常的に起こる可能性があるトラブルにも、幅広く対応してくれます。

そして、ここ最近増えている自転車と人との接触事故に対応している自転車保険です。子どもが自転車で他人に怪我をさせてしまった場合や、子ども自身が自転車で転んで怪我をしてしまった場合にも保障されます。

保険には様々な保障がついているため、起こる可能性を考えたうえでどのような保険に加入するか考えるのが良いでしょう。

教育資金を貯めたいなら学資保険!

学資保険に加入しているという方も多いと思いますが、教育資金など子どもの将来必要となるお金を貯蓄できるのが学資保険です。学資保険は生命保険会社が販売している商品のため、ほとんどの学資保険に生命保険機能がついています。

万一、契約者の親が保険料支払いの契約満了以内に死亡した場合、その後の保険料の支払いが免除されるということです。しかも、将来支払われる祝金や満期金は契約通り支払われるため、普通に銀行で貯金するよりも安心ということです。

この他にも学資保険にはメリットがあり、支払った保険料より返金率が高い保険もあります。また、銀行で貯蓄する場合に比べ、学資保険ではお金を引落すことが出来ないので確実に貯められるということなのです。

最後に

いかがでしたか?子どもの保険で悩まれている方の参考になったでしょうか?入園、入学など新生活を迎える時期が近づき、これから人との関わりが増える上でどのような保険が必要なのか考えるといいのではないでしょうか。

意外な方法があった!教育資金を学資保険でなく外貨建ての個人年金保険で貯める方法とは

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら