息子・娘の反抗期でお悩みのママ・パパへ?我が家はこの方法で反抗期も何のそのでした!

スポンサーリンク
728×90

子どもを育てるって本当に大変です。小さな産声で誕生した小さな命。赤ちゃんの間は何をやってもただただ可愛くて愛しくて、お人形のように扱っていたはずなのに・・・1才になり2才になりと成長するにつれ、少しずつママもパパも怒ったり、叱ったり、時には言う事を聞かないとイライラしたり・・・。親なら誰でも経験があるものです。私にも3人の子どもがいます。一番上の子は高校生男子です。俗にいう思春期真っ盛り!です。「さぞかし大変なんでしょうね~(汗)扱いに困るでしょ~(汗)」なんてお声を頂戴します。実際は・・いいえ!(笑)ち~っとも困っていません。むしろ大の仲良しです(照)一緒に買い物も行きますし一緒に映画も行きますし、お手伝いだってしてくれます。特別変わったお子さんなんでしょ!!って思いましたね?子どもを育てるうえで大切なことを押さえていれば何も困ることなんてないのです。

ママパパは子どもにも人格と感情があることを忘れてはいけない!

これは私が一番頭においていた事です。読んで字の如くですが、子どもにも立派な人格と喜怒哀楽の感情があります。それはイコール親の言いなりロボットではないという事です。

「アレしなさい!」

「コレしなさい!」

ついつい言ってしまいますが、子どもはロボットではないので親の思うような動きや答えはしてくれません。そう思った上で接すれば腹も立ちません。ですから私は、父親である主人が大人だからの言い方や態度で子どもに接すれば全力で子どもの目の前で

「それは違う!!その言い方はおかしい!!」

と意見します。

そうすることで、子ども達は大人同士でも間違いを注意するんだ!一方的に言ってくるだけじゃないんだ!と感じてくれたみたいです。大人だって誰だっていきなり人に

「○○しなさい!」

とか

「○○するな!」

なんて言い方で言われると嫌でしょ?自分が言われたら・・と置き換えて考えるだけでいいんです。

子どもにはメリハリを必ずつける!

これも私が徹底的に気をつけていることです。我が家では毎朝起床してきた子ども達は必ず「おはようございます」と挨拶をしてきます。私が

「おはよう!」

と呼びかけても決して「おはよう!」などと返事はしません。3人とも必ず敬語ですし、これは当然ご近所の他人の方に対しても同じです。我が家では大人は友達ではない!と繰り返し言ってきました。

どんな大人でも人生の先輩という立場は変わらないので、そこは肩を並べるような言動はしてはいけないと教えました。

一番身近な親の私であってもその部分は同じなので、そうさせています。

しかし一方で一緒に遊ぶ時は、とことんおバカになってあげます。遊びと言うジャンルでは逆に彼ら子ども達の方が現役だと思うので、ゲームも教えて貰いますし負けたくないと思ったらズルもします(苦笑)わざととバレないように、すっとんきょうなミスもします(笑)

そうする事で逆に子ども達が先輩のような立場や環境を作ってあげられるので、ガンガン突っ込まれます(笑)嬉しそうに突っ込んできます。

時にはお笑い芸人のように、頭を叩かれることもあります。でも、それでいいんです!!

そうすることで、お互いの立場や位置関係が成立するので子ども達も親のいう事を受け入れやすくなっていたみたいです。この様にやっていい時ダメな時、言っていい時悪い時を教えていくと理解が早いです。

子どもの思春期の悩み!反抗期は自己申告制!?

はじめに記したように、我が家には思春期たちがおります。私もテレビや雑誌、また先輩ママさんなどからいろいろな情報を得ていました。

  • 女の子は思春期になるとパパとは話さない!
  • すぐに膨れて拗ねてしまう!
  • 男の子は誰とも話さないで自分の殻に入ってしまう!
  • 暴力的になる!
  • ・・・

全部関係ありませんでした。子どもの顔色を窺って判断して気を使う。

はじめは「ふむふむ」と私もうなずくばかりでしたが、至った結論がそんなもんわかるかい!!でした(笑)魔法使いでもマジシャンでもないのに・・・そんなことできる訳がない!!

そこで私は思春期兄妹を呼び、宣言しました。

「我が家では反抗期は自己申告制にします!」

と。

それはそれは子ども達は驚いていました(爆笑)けれど、あなた達には感情もあるし成長の都合上イライラしたりするのは仕方がない事なので止めろとは言わないけれど、私だって魔女ではないので分からない!だから言ってくれればいい。それだけです(笑)

あ~~イライラする!!

物に当たってしまいそう!お母さんに文句が言いたい!!

そんな感情がきたら

「僕、今日から反抗期に入るから!!」

と言ってくれと。これが先手必勝?なのか子ども達は言ってきません(笑)もちろん少しは反抗もしますし、拗ねたりもします。

しかし私が

「え?聞いてないけど反抗期なの?」

と恍けて聞いてみると

「いや・・そこまでじゃない・・」

と照れ笑いで終了です。可愛いじゃないですかww

最後に

いかがでしょうか?子どもを育てるって本当に大変です。でも気負うことなく自然の毎日の中で、1人の人間と思って接していけば案外簡単な方法が浮かんでくるものです。自分がされて嫌なことはしない言わない!昔から言われてきたことですが先人の言葉はさすがです。

私の考えも少しはママとしての先人の言葉と捉えて参考にして頂ければ幸いです☆

お母さん!お父さん!頑張って!!!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら