子供の歯磨きは何歳から?虫歯になりやすい場所は?フッ素は有効?子供のはみがきの疑問

はみがきの仕方というのは、箸の使い方と同じようにいつの間にか覚えているものです。しかし、誰でもはじめからできていたわけではありません。最初は慣れからはじまり、ひとりで歯磨きができるようになるまで、過程があるのです。ものごとを覚える早さはもちろん個人差がありますが、お子様がひとりで歯磨きができるようになるにはどのようにしたらいいのか、そしてお子様の歯に関するよくある疑問についてお話したいと思います。

赤ちゃんの歯磨きはいつから?

歯磨きは、歯が生えてきたらはじめましょう。生後6ヶ月を過ぎたころから、下の前歯が生えてきます。歯が生えた=虫歯になる可能性ができた、と考えてください。

もともと新生児のお口の中には、虫歯の原因となる細菌はいないので、虫歯になることはないのですが、親からお子様へのスプーンの使いまわしなどで細菌が移ります。それ以外でもいろいろなものを口に入れることなど、なんらかの方法で移ってしまうことが多いのです。

最初からハブラシを使うとお子様は驚いてしまうので、まずはガーゼで歯を拭くようにして、徐々に慣れさせていきましょう。慣れてきたら赤ちゃん用のハブラシを使い、磨いてあげるようにしてください。嫌がられることもあると思いますが、やさしく、歯磨きが好きになるように願って行いましょう。

子供の歯磨きの習慣づけ

1歳を過ぎると、だんだん歯が生えそろっています。このころから、決まった時間に歯磨きをするなど、習慣づけをはじめましょう。まずは寝る前から、その後、慣れてきたら毎食後といった感じです。

急に歯磨きするとびっくりしてしまうので、最初に頬や唇を触ってコミュニケーションをとってから始めると効果的です。

ハブラシをやさしく小刻みに動かし丁寧に磨きましょう。自分の手の爪の生え際にハブラシを当ててみて、痛くないくらいの強さで、お子様の歯を磨くようにしてください。強く磨きすぎると、歯磨きが嫌いになる原因になります。

お子様が自分でハブラシを持てるようになったら、お子様自身にも歯磨きをさせてみてください。上手にはできないと思いますが、歯磨きができたらよくほめてあげましょう。その後、仕上げ磨きをしてください。

ハブラシを口にくわえたまま転ぶと喉に刺さる事故もあるので、必ず注意して見守るようにしましょう。

乳歯が虫歯になりやすい場所

虫歯で来院されるお子様は、だいたい虫歯の場所は同じです。上前歯か奥歯の溝です。上前歯はジュースやスポーツドリンクなどを習慣的に飲んでいると虫歯になりやすいです。

兄弟がいる場合、お兄ちゃんやお姉ちゃんと同じものを飲みたがるので要注意です。冷蔵庫から無くすことをお勧めします。どうしても飲みたがるときはストローであげるようにしましょう。

奥歯は溝が細かく汚れがたまりやすいので、虫歯になりやすいです。クッキーのようなものが一番溝にたまりやすいです。大きく口を開けてもらい丁寧に磨いてあげましょう。

子供の歯は小さく、隣り合う歯との隙間が大きいので、歯と歯の間に食べかすがつまりやすいです。食べかすが詰まったままだと歯肉が腫れて痛がることもあるので、もし可能でしたら、フロスも使っていただくと一番いいです。

歯科の治療は3歳半から可能だと言われているので、それより小さいころから虫歯を作らないのが大切です。3歳半でも、実際治療をするのはかなり困難なので、お家での歯磨きはとても重要になります。

しかし、歯磨きがうまくできなかったからといって、すぐ虫歯になるということではないので、神経質になりすぎないでください。ここでお話することは、あくまでも例であって完璧にこなさないといけないというわけではありません。

もともと子供は唾液が多いので、虫歯になりにくいということもあります。

子供のおやつの選び方

「甘いものは虫歯になる」とよく言われますが、子供は甘いのもが好きです。甘いおやつにもいろいろな種類がありますが、口の中に滞留するものは虫歯になりやすいと考えてください。

たとえば、ゼリーとチョコレートではどちらの方が口の中に滞留すると思いますか?イメージですとチョコレートの方が滞留時間は長そうですよね。食べた後も口の中に残る感じがあります。これはやはりチョコレートの方が虫歯になりやすいです。

比較的ツルっと喉に流れてしまうものの方が、甘いものでも虫歯にはなりにくいので、ゼリーやプリンなどのおやつを選ぶのが良いと思います。さきほど少し触れましたが、クッキーは虫歯になりやすいおやつのひとつです。もし、食べた後は、歯磨きを心がけましょう。

子供用の歯磨き粉はいつから?

うがいができるようになったら、使って大丈夫です。子供用の歯磨き粉を選びましょう。歯を強くしてくれる「フッ素」入りのものだと、さらに良いです。しかし、中には歯磨きをするふりをして、歯磨き粉だけなめて終わりにしてしまうお子様もいるので要注意です。

歯磨き粉は虫歯になりにくくする成分が入っていますが、ハブラシで汚れを取り除かないと虫歯にはなってしまうので、大人と一緒に歯磨きの時間をとったり、砂時計を使うなど工夫してみると良いと思います。

歯科医院でできるフッ素塗布とは

フッ素とは歯を強くしてくれる成分です。虫歯になりかけの歯も、フッ素を塗ることで、虫歯をくいとめることができるときもあります。歯磨き粉の中に入っているものもありますが、歯科医院でできる「フッ素塗布」というものがあります。

フッ素を歯にぬったりしみこませたりする処置ですが、一般で手に入るフッ素より濃度が濃いので、より虫歯予防になります。自由診療になるので、費用は医院によって違いますが、一回千円前後でできると思います。

一回行っただけよりも定期的に行ったほうが効果は強いので、回数は必要になりますが、虫歯の予防効果は大きいです。いきなり虫歯の治療で来院するよりも、歯科医院への恐怖心を減らすことにもつながると思います。

1歳前後から行えるようですが、これも医院によって違うようなので、確認してみてください。

子供の歯科検診の周期

1歳半検診など定期的に自治体の歯科検診があると思いますが、設備の整っていない場所での歯科検診はどうしても虫歯を見落としてしまうことがあります。そのため、歯科医院へ訪れての歯科検診をお勧めしています。

乳歯は大人の歯より柔らかく、虫歯の進行が早いです。虫歯の早期発見がとても大切です。歯が生えたら3~4ヶ月に1回は定期健診に行くことが理想的です。

そして、歯科医院での定期健診を受けていなくて、自治体や保育園、小学校での歯科検診で虫歯があると言われたら、早急に歯科医院に予約の電話をしてください。さきほどもお伝えしたように乳歯は虫歯の進行が早いです。

親が忙しく、歯科医院へ連れて行くのが遅くなり、虫歯が大きくなり治療でとても辛い思いをしているお子様をたくさん見ました。お子様のために、これは徹底していただきたいです。

最後に

歯磨きに関して親御さんが気をつけることは、たくさんあり大変だと思います。神経質になりすぎることはないのですが、やはり歯は大切なものです。中には、乳歯は抜けるから虫歯になっても大丈夫と考えている方もいらっしゃるようですが、それは間違った知識です。

乳歯が大きな虫歯になると、永久歯にも影響があります。このことに限らず正しい知識を身につけて、お子様の歯を守っていきましょう。

また、大人の歯磨きでも気をつけて頂きたいことがあります。歯ブラシ、1か月に一回変えていますか!?

ヘッドの大きさ、毛の堅さ、毛先の種類。歯科衛生士がお勧めする歯ブラシの選び方

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら