もうすぐこどもの日!鯉のぼりや五月人形の由来、知っていますか?

スポンサーリンク
728×90




5月5日は「こどもの日」です。こどもの日といえば、鯉のぼり五月人形を飾りますよね。しかし、そもそもどうして鯉のぼりと五月人形なのでしょう?男の子がいるご家庭では、当たり前のように飾っているのではないでしょうか。また、これから初節句を迎えるにあたり、鯉のぼりや五月人形の購入を検討しているご家庭もいるでしょう。そこで今回は、鯉のぼりと五月人形を飾るようになった由来と、鯉のぼりと五月人形を購入するときの選ぶポイントについてご紹介します。

鯉のぼりの由来について

鯉のぼりの由来には、もともと古代中国の故事が由来しているそうです。中国にある竜門という滝が連なる激流があり、その滝を登りきった魚は龍になると言われていました。

ある一匹の鯉が、激流に向かい流れに逆らいながら竜門を登りきったところで、鯉は霊力を宿って龍となり天に昇っていったそうです。

中国では、龍はとても縁起のいいもので、皇帝の象徴なのです。このように、鯉のぼりには人生の困難も乗り越えて、鯉のように出世してほしいという願いが込められているそうです。

日本では、江戸時代に和紙に鯉を描いたものを飾っていましたが、大正時代に入り破れにくい綿の鯉のぼり、昭和30年代頃には合成繊維が入った鯉のぼりが広まりました。

五月人形の由来について

鎧や兜、五月人形などを飾る風習は、もともと武家社会から生まれたものです。鎧や兜を見ると戦争道具と受け取るかもしれませんが、武士にとっては自分の身を守る大切な道具であり、精神的な象徴でもあったのです。

現在は、鎧兜には身体を守るものという概念から、病気や事故から子供を守るという願いが込められています。

昔は、五月人形といえば、鎧兜を着た逞しい武者や大将人形を飾る家庭も多かったようです。

この他に、金太郎や弁慶、牛若丸など物語や歌舞伎の芸能などで知られている「武者人形」を飾って、強く勇ましい男の子に育つよう願いが込められていました。

現在は核家族が増え、住宅事情などによりスペースをとらないコンパクトな五月人形が主流となっています。

鯉のぼりを選ぶときのポイント

鯉のぼりには、いくつか種類があるのをご存知ですか?ベランダの柵に専用の金具で取り付けるタイプ、三脚のようなスタンドを使って飾るタイプ、土にポールを埋め込んで立てるタイプ、室内やベランダの柵に飾るのれんタイプなどの種類があります。

子供の初節句に鯉のぼりを飾ろうと考えている方は、まず自宅が一戸建てなのか、マンションなのか、マンションなら何階に住んでいるのかという点がポイントとなります。マンションの場合は、ベランダに鯉のぼりを飾っても良いのか事前に管理会社へ確認をしましょう。

また、上階のマンションであれば強風で鯉のぼりが飛ばされたり外れたりしないよう、スタンドタイプかのれんタイプが便利です。

鯉のぼりの値段もピンからキリまでさまざまです。室内に飾るタイプであれば約3,000円から購入できますが、ベランダに取り付けるタイプであれば約1万円から、スタンドタイプやポールタイプでは約2万円から購入できるようです。

しかし、中には10万円、100万円もする立派な鯉のぼりもあるので、予算や設置場所などを検討して購入を決めて下さいね。

五月人形を選ぶときのポイント

現代では、こどもの日に兜や鎧を飾るご家庭が多いようですが、収納場所や設置スペースなどにより、コンパクトな兜を飾るのが主流のようです。

五月人形の飾りには、外飾り(鯉のぼり)と内飾り(鎧、兜)があり、鯉のぼりは子供の出世を願い、兜や鎧は子供が無事健康に過ごせるよう願ったものであるため、本来は両方飾るのが望ましいとされています。

しかし、家庭の事情や地域によって何を飾るのかは異なります。内飾りとして兜を飾る場合、予算や設置スペースの確保を考えて購入する必要があります。一般的に、兜飾りは約4~10万円程で購入でき、タンスや棚の上、床に飾るご家庭が多いようです。

今後、転勤などで引っ越しの可能性があるご家庭は、コンパクトで収納飾りやケース飾りの兜がおすすめでしょう。

ケースの種類もガラスとアクリルのものがあり、子供がまだ小さく悪戯する可能性や転勤や引っ越しで移動が多いご家庭は、ガラスは割れる可能性があるためアクリルを選ぶと安心です。

鯉のぼり・五月人形を飾る時期としまう時期

一般的に鯉のぼりや五月人形を飾る時期は、4月中旬頃がベストと言われています。飾る日にちは大安にこだわる必要はありませんが、遅くても4月29日の昭和の日までに飾るようにしましょう。

また、しまう時期に関して決まった日にちはありませんが、天気が良い日にしまうのがベストです。あまり遅くなりすぎてしまうと梅雨の時期になってしまうので、5月中旬までに片付けると安心ですね。

屋外に鯉のぼりを飾った場合は、汚れやホコリがついている可能性があるので、しっかり落として乾いた状態でしまいましょう。

最後に

いかがでしたか?当たり前のようにこどもの日に飾っていた鯉のぼりや五月人形ですが、それぞれには違った意味があり由来も異なるのは面白いですよね。

また、これから鯉のぼりや五月人形の購入を検討している方は、ぜひ選び方のポイントを参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら