日本人の9割はなる可能性がある帯状疱疹。その原因と対処法

スポンサーリンク
728×90

加齢などで免疫力が低下すると発症しやすいのが「帯状疱疹」です。実は、日本人の9割は「帯状疱疹」の原因となるウイルスを持っているのをご存知ですか?

さらには、50歳以上から「帯状疱疹」になりやすい傾向があり、80歳までには3人に1人が発症するとも言われています。そこで今回は、「帯状疱疹」について原因対処法をご紹介します。

帯状疱疹とは?

帯状疱疹は、皮膚に神経痛のような痛みを伴い、痛みを感じる部位に水ぶくれや赤い発疹が帯状にできることです。一般的に神経痛のような痛みや帯状の発疹は身体の片側だけに現れ、3~4週間ほど続くでしょう。

症状は上半身に出やすく、最も多いのが胸から背中にかけて発症します。中には、顔や首といった目立つところに出ることもあるでしょう。

帯状疱疹による日常生活への影響

  • 痛みが強く、身体を動かすのがつらい
  • 痛みが気になって家事や仕事に集中できない
  • 痛くてぐっすり寝られない
  • 顔や首に湿疹ができると、外出しづらい

帯状疱疹の原因は水ぼうそうと同じウイルス

帯状疱疹は水ぼうそうと同じウイルスである水痘・帯状疱疹ウイルスが原因で発症します。水痘・帯状疱疹ウイルスに感染すると、まずは水ぼうそうとして発症。

その後症状が治まると思いきや、水痘・帯状疱疹ウイルスは水ぼうそうが治っても体外に排除されず、神経節と呼ばれる神経が集まる部分に留まります。

加齢や疲労、ストレス、病気などでウイルスに対する免疫力が低下していると、時間が経ってから潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスが再び活動し、神経を伝って皮膚に帯状の発疹が現れるのです。

免疫力を上げる対策は?

帯状疱疹を発症する原因は、免疫力の低下が大きく関係していることが分かりますね。免疫力を上げるためには、規則正しい生活とバランスの取れた食事が大切です。

睡眠時間が少なかったり、ストレスや疲労を感じたりすると免疫力が低下します。疲れているときは身体をしっかり休めて、適度な運動やストレッチをするのが良いでしょう。帯状疱疹は、治療が遅れると合併症を引き起こす可能性があります。

身体の片側だけに痛みや発疹、ピリピリした違和感があるなど、帯状疱疹の疑いがある場合は、できるかで早めに皮膚科を受診してくださいね。

50歳以上が摂取可能な予防ワクチン

水痘・帯状疱疹ウイルスに対するワクチン接種により、帯状疱疹を予防するのもひとつの手です。50歳以上の方は、帯状疱疹の予防ワクチンを接種できる対象となります。しかし、予防接種をしたからといって完全に帯状疱疹を防ぐものではありません。

予防接種をしていて帯状疱疹を発症した人は、症状が軽く済んだというデータもあるので、予防接種を検討している方は皮膚科や内科などで相談してみても良いでしょう。

顔に帯状疱疹ができると危険?

顔にできた帯状疱疹の症状は、基本的に他の皮膚にできる症状と変わりありません。しかし、顔は脳に近い部分であり、顔面神経などの重要な神経が集中しているので、合併症のリスクが高まる危険があります。

イギリスのロンドン大学衛星熱帯大学院の研究によると、目の周りに帯状疱疹が発症した場合、6ヶ月以内に脳卒中になるリスクが3倍以上高くなると発表しています。しかし、研究結果では抗ウイルス薬を使った療法により、脳卒中になるリスクは低下するという報告もされています。

顔にできる帯状疱疹の症状

  • 神経痛
  • 水ぶくれ
  • 発熱
  • リンパの腫れ
  • 頭痛
  • 味覚障害

顔にできた帯状疱疹の治療法

顔に帯状疱疹ができた場合、どのような治療法が行われるのでしょう。脳に近い部位なのでさまざまなリスクを生じる可能性がありますが、医師の指示により適切な治療を行えば、それほど恐れる必要はありません。

顔にできた帯状疱疹の治療は、抗ウイルス薬を使った治療が一般的です。ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬は、皮膚にできた水ぶくれや赤い発疹、痛みなどの症状を緩和する効果があります。

会話や食事で顔を動かすときに痛みを感じる場合は、頸部の交感神経が集まる部分にブロック注射を打って、症状を和らげることもあるでしょう。主な治療期間は、抗ウイルス薬を1週間ほど投与して回復まで安静に過ごします。

個人差はありますが、だいたい2~3週間ほどで症状は落ち着くでしょう。

顔にできた帯状疱疹は跡が残る?

顔に帯状疱疹ができてしまうと、跡が残らないか心配ですよね。帯状疱疹は、早めの治療が大切です。早期に治療をすることで跡が残ることはないでしょう。

水痘・帯状疱疹ウイルスは72時間で増殖のピークを迎えるので、ピークを迎える前の早い段階で治療を始めることが大切ですよ。痒みがあるときに患部をかいてしまうと、水ぶくれが破れて細菌に感染し、症状が悪化する可能性があるので注意してくださいね。

もし顔に跡が残ってしまっても、ほとんどは肌のターンオーバーによって少しずつ薄くなっていくでしょう。

最後に

いかがでしたか?帯状疱疹は誰もがかかる可能性があり、免疫力の低下が大きく関係しています。加齢とともにだれもが身体は衰えますが、できるだけ健康的な生活を送り免疫力を落とさないことが大切でしょう。

とくに、顔や首などの目立つ部分に帯状疱疹があると、外出しづらいなどの生活に支障が出てきます。ご紹介した帯状疱疹の原因や対策を参考にして、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染しないよう心がけましょう。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら