コインランドリーで洗える布団と洗えない布団がある。コインランドリーで布団を洗う方法やそのメリットは?

子供のおねしょや汗染みなどで布団をすぐ洗いたいときもありますよね。しかし、布団をどうやって洗濯しようか、悩まれる方も少なくないのではないでしょうか。クリーニングに出すのがベストだけど値段が高そう…となかなか洗えずに、布団カバーだけを洗濯して布団は干すだけという人もいるでしょう。そこでおすすめなのが、コインランドリー布団を丸洗いする方法です。コインランドリーでも全ての布団洗濯できるわけではないため、布団を洗う時の注意点と洗濯方法を知っておくと安心ではないでしょうか。今回は、コインランドリー布団の洗い方についてご紹介します。

そもそも布団は自分で洗えるの?

布団カバーは洗えても掛布団や敷布団は洗えないじゃない?と思われがちですが、現在では様々なメーカーから「洗える布団」が多く販売されています。

洗濯表示をチェックして、洗えるのか判断する必要があります。洗濯ラベルに手洗いマークや洗濯マークの表示があれば自宅でも洗濯できるのです。水洗い不可やドライマークの表示がある場合は、クリーニングで洗ってもらうのが無難でしょう。

自宅の洗濯機で大きな布団を洗濯するのはなかなか大変なことです。そこで、コインランドリーを活用するのがおすすめです。

コインランドリーで布団を洗う時の注意点

コインランドリーで布団を洗うとき、洗濯表示だけでなく注意する点がいくつかあります。

コインランドリーで洗うことができない布団

和布団

一般的に旅館などで多く使われている布団で、綿を多く含んでいます。綿は水に濡らすと固くなり、ボロボロになってしまう可能性が大きいです。

羊毛布団

羊毛は、洗うことでフェルトになり縮んでしまうので、クリーニングに出すのがベストでしょう。

キルティング加工がない布団

キルティング加工がない布団は、洗うことで中綿が片方に寄ってしまい使い物にならなくなってしまいます。特に敷布団はキルティング加工がされていないものが多く、どうしても洗いたい場合は布団を丸めて紐で何カ所か結ぶようにしましょう。

羽毛布団

羽毛はデリケートで傷つきやすいため、自宅で洗濯したりコインランドリーの乾燥機を使ったりするのは避けた方が良いでしょう。

打ち直しした布団は適さない

打ち直しとは、布団の中の詰め物を取り出し洗浄するため、硬くなった布団をふっくらとした布団に甦らせてくれる方法です。一般的に、打ち直しに適した布団はコインランドリーでは洗わない方が良いと言われています。

コインランドリーで布団を洗う時の手順

1:洗濯表示をチェック

洗濯マークや手洗いマークがついているか確認しましょう。

2:布団を丸めて縛る

型崩れしないよう布団は丸めて数カ所を縛るようにします。

3:中性洗剤で洗う

コインランドリーによっては洗剤が自動で出てきますが、自分で洗剤を入れる場合は布団へのダメージが少ない中性のおしゃれ着用洗剤を使いましょう。

布団を乾燥させる時の注意点

一般的なコインランドリーでは、洗濯から乾燥まで全て終わらせてくれるのですが、中には洗濯と乾燥機が別になっていることもあります。乾燥機に入れ替える場合は、布団がドラムの3分の1以下に収まるものを選びましょう。

乾燥機が小さいと乾燥する時間がかかる上に、乾ききらない部分が出るかもしれないからです。

布団を丸めた状態で乾燥するため、表面は乾いていても中が生乾きになっている可能性もあります。生乾きのままだと、嫌な臭いがしたりカビが発生したりするため、心配な場合は多めに時間を取り、1時間ほど乾燥させると安心でしょう。

コインランドリーを使うメリット

1:料金が安い

クリーニングに出した場合、約3000~5000円も料金がかかる上に出来上がりまで日数がかかります。それに比べ、一般的な大きさのコインランドリーで布団を洗えば、洗いが30分800円で乾燥が1時間800円となり、合わせて1600円で布団の洗濯から乾燥までができます。

もちろんコインランドリーにより値段は異なりますが、クリーニング代に比べるとだいぶお安いですよね。

汚れ具合によっては布団を買い替えるという選択肢もありますが、クリーニングにせよ買い替えるにせよコインランドリーで洗濯をするよりも高い金額を支払わなければいけないことになります。買い替え時期なのかも上手に見極めていきたいですね。

2:ダニを死滅できる

ダニは一般的に約60℃で死滅できるのですが、ダニの死骸や糞は布団の中に残ったままなのです。

コインランドリーの乾燥機を利用すれば、高温でダニを死滅させるだけでなく、回転することで布団をはたき、死骸や糞を落とす効果もあります。コインランドリーで布団を洗濯する場合は、乾燥機も活用してしっかりダニを死滅させると安心です。

最後に

いかがでしたか?布団を洗いたいけどどうしようか悩んでいる方は、コインランドリーで洗うという選択肢も入れてみてはいかがでしょう。布団を持ち運び丸く結ぶなどの手間はかかりますが、その日のうちに仕上がるというメリットもあります。

まずは、コインランドリーでも洗うことができるのかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら