飛行機の席は窓側がいい?通路側がいい?長時間のフライトが楽になる♪機内で快適に過ごす豆知識

スポンサーリンク
728×90

すでに夏休みの計画を立てている人も少なくないですよね。旅行や帰省などで飛行機を利用する人は、できるだけフライト時間を快適に過ごしたいものです。リラックスした時間を過ごすために、フライト中は様々なお役立ちグッズを準備する人もいます。フライト時間が長いほど、座席選びにも悩むのではないでしょうか。今回は、飛行機座席選びのポイントと長時間のフライト快適に過ごすお役立ちグッズをご紹介します。

失敗しない座席選びのポイント

飛行機のチケットを予約するとき、座席選びに悩む方も少なくありません。窓側と通路側、前方と後方など、どこがベストポジションなのでしょう。実は、場所によってメリット・デメリットがあるため、しっかり見極めて自分に合った座席を選びんでくださいね。

窓側のメリット

  • メリット1「外の景色を楽しめる」
  • メリット2「人の行き来が気にならない」
  • メリット3「壁にもたれることができる(寝やすい)」

窓側のデメリット

  • デメリット1「トイレに行きにくい」
  • デメリット2「座席上の荷物の出し入れがしづらい」
  • デメリット3「CAに声がかけにくい」

通路側のメリット

  • メリット1「トイレに行きやすい」
  • メリット2「CAに声がかけやすい」
  • メリット3「座席上の荷物の出し入れがしやすい」
  • メリット4「着陸後、降りるときに出やすい」

通路側のデメリット

  • デメリット1「外の景色が楽しめない」
  • デメリット2「通路の人の行き来が気になる」

前方の席のメリット

  • メリット1「着陸後、降りる順番が早い」
  • メリット2「飛行機の揺れが少ない」
  • メリット3「エンジン音が静か」

前方の席のデメリット

  • デメリット1「料金が高めに設定されていることがある」
  • デメリット2「搭乗順が後回しにされやすい」
  • デメリット3「座席上の荷物を入れるスペースが確保できないことがある」

後方の席のメリット

  • メリット1「搭乗の順番が早いことが多い」
  • メリット2「座席上の荷物を入れるスペースが確保しやすい」
  • メリット3「後方の窓側席は主翼から離れているため、景色が見やすい」

後方の席のデメリット

  • デメリット1「着陸後、飛行機を降りる順番が遅い」
  • デメリット2「エンジン音が気になる」
  • デメリット3「飛行機の揺れが大きくなりやすい」

長いフライト時間を快適に過ごすお役立ちグッズ

飛行機の中では、自由に動けるスペースがほとんどありません。フライト時間が長いほど、身体への負担も大きいでしょう。できるだけ快適に過ごすために、さまざまなお役立ちグッズを持ち込んでいる人もいます。ここでは、あると便利なフライト時間を快適に過ごすグッズをご紹介します。

1:マスク

マスクは定番アイテムといっても良いほど、フライト中に着用する人が多いアイテムです。特に海外旅行などの長時間フライトでは、機内の湿度が20%ほどしかない状態が長く続くため、喉を痛めたり風邪をひいたりする人もいます。マスクは、乾燥対策として一枚は持っていたいアイテムですね。

2:目薬

マスク同様に、乾燥対策として目薬が重宝します。コンタクトをつけている人は、特に乾燥しやすいので注意が必要です。目薬は、目を潤したり気分をシャキッとさせてくれたりと、役立つグッズです。

3:フットラック

あまり聞き慣れない方もいるかもしれませんが、最近注目されているのがフットラックです。見た目はショルダーバッグのようで、紐を座席前のテーブルにかけて足を置いたら、ブランコのようにゆらゆら揺れてリラックスした状態が保てます。

4:耳栓

飛行機では耳鳴りがしたり痛かったりと、不快感を抱いている人もいます。離陸や着陸時は機内の気圧が大きく変化するため、耳が痛くなりやすいのです。いつも耳が痛くなると悩んでいる方は、耳栓がおすすめです。シリコン製の耳栓は、長時間装着していても苦になりませんよ。

5:スリッパ

機内では同じ姿勢で過ごす時間が長くなるため、エコノミー症候群にかかってしまう可能性があります。できれば靴を脱いで楽な姿勢を保ちたいですよね。スリッパがあれば靴を履きかえる必要がないため、エコノミー症候群防止に通路を少し歩いたり屈伸したりするのに便利でしょう。

6:ネックピロー

ネックピローは、機内で一眠りするときに便利なグッズです。首や頭を支えてくれるので、座ったままで寝ていても身体が痛くなる心配がありません。車での移動中にも役立ちますよ。

ネックピローは、空気で膨らませるタイプやビーズタイプのクッションなど、様々な種類があるので、自分に合ったものを選んでくださいね。

最後に

いかがでしたか?フライト中、なかなか快適に過ごすことができないという方は、一度お役立ちグッズを試してみてはいかがでしょう。

ビジネスクラスを利用する場合は、配布されるアメニティグッズにアイマスクや耳栓などが含まれているようですね。

しかし、エコノミークラスを利用する場合は、自分で必要なグッズを機内に持ち込む必要があるため、事前に準備してくださいね。また、座席によっても過ごしやすさが異なるため、座席選びも慎重に行いましょう。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら