株を買う前に確認!【お得順!】お得な株主優待券TOP5

スポンサーリンク
728×90




中国の株価下落に伴い、乱高下が激しくなった8月末の日本株。新たにの購入を検討されている方に、株主優待券に関するお得な情報をお伝えいたします。

注目され始めている株主優待券

難しく、とっつきにくい投資と違い投資や株の知識のほとんどない主婦の方でも気軽に始められるのが株主優待です。株主優待とは株式会社が自社の株式を一定数以上保有している株主に対して優待制度を還元する制度のことを言います。現在株主優待を行っている株式会社は国内に約1200社程度存在し、その中でも10万円以下で株購入出来る会社は271社にのぼり、低コストで優待を受けることも可能です。今回は、低コストで購入出来る銘柄の内、優待の内容が主婦向けの金券や割引券、食品に特化している銘柄を厳選してご紹介します。

1.コックス

  • 【株主優待内容】商品引換券(1000円相当)2枚
  • 【必要株数】100株
  • 【最低株式購入金額】2万1400円
  • 【備考】500株以上保有で、商品引換券4枚など
  • 【企業情報】紳士衣料、婦人衣料、子供衣料などの関連商品の企画・製造・小売販売
  • 【会社ホームページ】http://www.cox-online.co.jp

低コストで優待内容の充実している銘柄です。Ikka、VENCEといったカジュアルブランドを取り扱っている会社です。

2.ホリイフードサービス

  • 【株主優待内容】店舗優待券(1000円)2枚
  • 【必要株数】100株
  • 【最低株式購入金額】6万1900円
  • 【備考】店舗優待券の他に4㎏のお米も選ぶことができます。
  • 【企業情報】外食産業、総合飲食企業
  • 【会社ホームページ】http://www.horiifood.co.jp

居酒屋の隠れ菴忍家を主力業態としてる企業です。

3.ユニーグループ・ホールディングス

  • 【株主優待内容】自社製品の商品券または自社開発食品商品の詰め合わせ(1000円分)
  • 【必要株数】100株
  • 【最低株式購入金額】6万2400円
  • 【備考】自社製品の詰め合わせは1000円分の「スタイルワン」「プライムワン」の詰め合わせです。
  • 【企業情報】総合小売、コンビニエンスストア、専門店、金融サービス事業など
  • 【会社ホームページ】http://www.unygroup-hds.com

サークルKサンクスを運営している他、アパレル専門店事業、フードサービス事業などを展開している企業です。

4.エーアイティー

  • 【株主優待内容】2000円相当の商品を、株主優待カタログの和歌山県名産品等より1点選択
  • 【必要株数】100株
  • 【最低株式購入金額】7万7000円
    【備考】カタログの3点の商品の内1点選択
  • 【企業情報】貨物利用運送事業(外航海運)、貨物利用運送事業(国際航空貨物)、通関業など
  • 【会社ホームページ】http://www.ait-jp.com

比較的購入金額が安価で、優待利回り・配当利回りともになかなかの高利な点が魅力的です。

5.リックコーポレーション

  • 【株主優待内容】2000円分の三井住友VJAギフトカード
  • 【必要株数】100株
  • 【最低株式購入金額】6万1800円
  • 【備考】1000株保有で5000円相当、5000株保有で7000円相当のギフトカード
  • 【企業情報】ホームセンター事業、ペット事業の運営
  • 【会社ホームページ】http://www.lic.jp

自社の買物券を株主優待としている企業が多い中で、全国共通のギフトカードはかなり魅力的です。

株を買うときに知っておきたいこと

株主優待を目的に株を買うとき、初心者がよくやってしまうミスがあります。例えば、9月末に株を保有していれば株主優待を受けられる銘柄を狙っていたとします。9月30日に証券会社を通して株を買ったとしても、株主優待は受けられないのです。なぜ!?

株の売買において、権利確定日という用語があるのです。株は売買をしてから3営業日後に株主の名簿に名前が載るのです。31日が権利の確定日ということであれば、28日までに株を購入する必要があります。

最後に

待っているだけの銀行貯金だけにとらわれず、特別な知識がなくても資産運用が出来て家計の助けになる株主優待を自分の好きな優待を選んで楽しく資産運用しませんか?

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら