結露でカビに悩まされないために!結露の予防と対策法とは

スポンサーリンク
728×90

最近、気温が低下して、窓の結露がすごいなんてことになっていませんか?冬が近づき室内と外の温度差により水滴が出来てしまう「結露」ですが、放っておくと大変なことになってしまいます。窓はビショビショで、押し入れにはカビが発生していた!という悲惨な思いをすることにならないために、冬の結露についてしっかり対策を練っておきましょう。

 結露はどこに出来やすい?

結露に悩む人は多いですが、結露が出来やすい場所はだいたい決まっています。結露に気付く一番の場所は、窓です。朝カーテンを開けたら、水滴が窓にビッシリ!と驚いた人もいると思います。また、スチール製の玄関扉も結露になりやすい場所です。出かける際に湿った玄関扉を見て、ビックリしたという人もいるのではないでしょうか。他には、壁や天井に気付いたら黒い点が出来ていて、日に日に増えていることもあります。これは、結露によりカビが発生したもので、一度発生したカビは驚く速さで繁殖していくのです。

聞いているだけでゾッとしますが、一番見落としやすい場所は押し入れの中です。押し入れに入れていた段ボールを出してみたら、段ボールの底がビッショリ濡れている場合もあります。そのうち乾くんじゃ…と放置しておくとカビがどんどん繁殖し、壁紙や床の総取り替えなど、とんでもないことになってしまうのです。

 結露対策はどうすればよい?

では、結露が出来やすい場所はわかったけど、どう対策をしたらよいのでしょう。まず、一番結露に気付きやすい窓は、結露防止シートを窓に張り付けましょう。毎日濡れてしまった窓を拭くのは大変ですが、この結露防止シートがあれば濡れた窓に一度張り付けるだけなのです。手間も省けて断熱効果もあるので、一石二鳥ですね。

また、壁や天井に出来てしまったカビは、カビキラーなどのカビ除去専用のスプレーで拭き取るのが効果的です。あまりにカビが増えてしまうと、なかなか取れなくなってしまいます。気付いたらすぐ拭き取るのが鉄則です。そして、もし押し入れにカビができてしまっていたら、アルコール除菌洗剤を染み込ませた雑巾でしっかり拭き取ります。拭き取った後は、押し入れの壁に除菌洗剤やエタノールを吹き付けて結露対策をしましょう。

 結露が出来ないように予防をしよう

結露を発生させないことはなかなか難しいことですが、少しでも発生しにくいような家づくりをすることが大切です。まず、結露防止には換気が一番です。お風呂や台所を使ったら、窓を開けたり換気扇を回して換気を心がけましょう。

また、冬は洗濯物を部屋干しにすることが増えますよね。部屋干しも湿気が増える原因となり、冬でも洗濯物を干している部屋はしっかり換気するようにしましょう。そして、冬は結露もそうですが乾燥にも悩まされます。加湿器を使いすぎてしまうと結露の原因となるため、湿度計を用意して室温が20~22℃で湿度が40~50%なら加湿器は必要ないでしょう。

最後に

いかがでしたか?できることなら、結露に悩まされず冬を越したいですよね。まずは、換気を心がけて風通しの良い家づくりができるようにすることが大切です。寒いからと締め切った状態を続けていると、気付いたらカビがあらゆる場所にビッシリなんて恐ろしいことになりかねません。できるだけ、室温バランスがとれるように換気を心がけて、今年の冬は気持ちよく過ごせるといいですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら