大勢の投資家とは反対とは反対の行動をとる、逆張り戦術とは!?

スポンサーリンク
728×90




前に説明した大勢戦術と反対の戦術が逆張り戦術です。逆張り戦術とは大勢の投資家がA社株が上がると予想して買い出るのに、それとは反対にA社株を売りに出る戦術です。つまり、大勢の投資家とは反対の戦術が逆張り戦術です。

逆張戦術は短期投資型

前に説明した大勢戦術は長期投資型であるのに対して、逆張り戦術は短期投資型です。というのは、大勢戦術は長期投資でも短期投資でも利益をえることができるのに対して、逆張り戦術は短期投資の場合しか利益を得ることができません。また、逆張り戦術は成功した場合、利益が多いのが普通です。インターネット株取引が盛んな現在、逆張りをする人が多いです。

逆張り戦術は危険が大きい

確かに逆張りで利益を上げたときは爽快なものです。大勢の投資家が損を出しているのに、自分は利益をあげているのですから。こんな快感が味わえるのも逆張り戦術が成功したときです。正しく、「人の行く裏に道あり、花の山」です。

しかし、大勢戦術の方が損をする危険ははるかに少ないです。それなのに、あえて大勢の投資家とは反対の行動をとる。これは失敗すれば、大損をすることは間違いありません。

逆張り戦術にはタイミングが大切

逆張り戦術にはタイミングが大切です。大勢戦術のように飛び乗り飛び降りの手は使えません。ではどんなタイミングで逆張りをするのか。例えば、上げ相場のとき、上げ相場の終わり近くで逆張りをかけます。上げ相場ですから、ほとんどの人は、株価はまだまだ上がると買いに出ています。しかし、相場が終わりに近づくと、まずプロの投資家から、手を引き始めます。そのころから、売りに出るのです。株価はまもなく天井をうち、下がり始めます。そしたら、今度は売るほうが大勢戦術になります。

つまり、逆張り戦術は、まもなく大勢戦術にかわるという時点で逆張りをかけるのです。株を買う場合も同じです。

逆張り戦術より、大勢戦術のほうが気楽です

大勢戦術は順張りともいいます。株で儲ける秘訣は長期的に上昇傾向の株を売買することです。つまり、大勢戦術しかありません。大勢戦術の場合、飛び乗り、飛び降りのタイミングはそれほど難しくありません。何よりも、今までに説明した1割転換法などを使うと、大勢戦術で損をすることはまれです。

下手に逆張り戦術を使って、株を買っても、底だと思った株価が、まだまだ下がるといったことはよくあります。その上、チャートをみても株価の底値信号、天井信号は100%信頼できるわけでもないのです。

株価の底値信号、天井信号

チャートなどでは株価が底値のとき、出てくる独特の信号があります。移動平均線の場合は、ゴールデンクロスがでてきたら、底値から少し反発したと考えます。これが底値信号の一つです。

また、デッドクロスが出てきたら、天井から、少し下がったのですから、これも天井信号の一つです。しかし、このような信号は100%信用できるわけではないのです。まあ、70から80%ぐらいの信頼度です。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら