エアコンはつけたまま寝る?電気代が気になる時は?寝苦しい熱帯夜を快適に過ごす方法

ここ最近、猛暑が続き夜も寝つけないという日々が続いていませんか?熱さで夏バテになりやすいため、夜はグッスリ眠って体力を回復させる大切な時間です。しかし、熱帯夜でなかなか寝付けないという方も少なくないでしょう。そこで今回は、熱帯夜でも快適な睡眠環境を作る方法をご紹介します。

エアコンは睡眠中もつけておくのが正解

寝苦しい夜は、エアコンをつけたいですよね。しかし、身体に悪そうだからと、エアコンをつけず我慢している方も少なくありません。

実は、身体に悪いという考えは間違いなのです。最低でも、エアコンは眠りについてから3時間はつけておくのが正解です。

エアコンの理想的な設定温度

そこで気になるのが、エアコンの設定温度ではないでしょうか。理想的なエアコンの設定温度は、少し低い26℃で湿度は50%前後に保つのがおすすめです。

室温を26℃に保つことが、ナイトウェアを着た状態で理想的な睡眠をとることができる上限と言われています。

できれば朝まで26℃を保つのが良いのですが、エアコンをつけっぱなしにするのに抵抗がある人は、眠りについてから3時間後にエアコンが切れるよう、タイマー設定をするのが良いでしょう。

人の体感温度は、気温以外にも天井や床、壁の温度などに左右されます。寝室全体を快適な温度に保つため、眠る30分程前からエアコンをつけておくのがおすすめですよ。

どうしてもエアコンの電気代が気になる!

エアコンを26℃設定で夜もつけっぱなしにするのは、どうしても経済面で躊躇してしまうという方も少なくないでしょう。

少しでも電気代を節約したいという方は、ナイトウェアを着ないで眠るという方法もあります。ナイトウェアを着ないで眠る場合は、室温が28~30℃であると快適な睡眠を得られるでしょう。

ただし、下着姿で寝ることになるので、お腹が冷えないようにお腹周りだけタオルをかけるなどの対策をしてくださいね。

就寝前から体温を下げておくと深い眠りにつきやすい

人は、体温が下がるときに眠気が増すと言われています。寝る1~2時間前に入浴やストレッチなどで体温を上昇させておき、その後急速に体温が下がることで熟睡しやすくなります。

夏場はどうしてもシャワーで済ませたくなりますが、シャワーでは体温を上げることができません。38~40℃のぬるま湯に、20分程湯船につかることが大切です。運動で体温を上げる場合は、あまり激しい運動をせず、ウォーキング程度に抑えてくださいね。

扇風機を上手に活用するのもおすすめ

昔から使われている扇風機を上手に活用して、快適な睡眠を得ることも可能です。扇風機の消費電力は、エアコンに比べ20分の1程度です。節約志向の方には、扇風機の活用法がおすすめでしょう。

扇風機を就寝時に使うときは、首振りにして風が直接身体に当たらないように、角度を上向きにしてください。扇風機は、天井に向けて使うと、室温が効率よく下がりますよ。

首振り機能を使わずに直接1カ所だけ身体を冷やしてしまうと、筋肉が冷えすぎて「こむら返り」や「痙攣」を引き起こす可能性があるでしょう。

万一、手持ちの扇風機に首振り機能がない場合は、風の強さを弱にして頭だけに当てるようにしてください。脳がクールダウンされて、快適な睡眠が得られる効果があるでしょう。

脳のクールダウンにおすすめのアイテム

扇風機を頭に当てて脳をクールダウンさせる方法を説明しましたが、他にもおすすめのアイテムがありますよ。保冷剤などの冷却用ジェルを冷やして枕の上にのせたり、ドラッグストアなどで購入できる氷枕を活用したりすることもできます。

ネット通販やドラッグストアなどで購入できる冷却ジェルでできた枕もあるので、使いやすいものを選んでくださいね。

涼しい場所で寝る工夫をしよう

寝る場所は寝室と決めてしまわず、寝苦しい日こそ室内の中で涼しい場所を探して眠る工夫をしましょう。とある調査によると、季節ごとに寝る場所を変えているという人が、全体の4割もいたそうです。そして、寝室以外で眠る場所として多いのが、リビングです。

眠るまでエアコンがついているリビングで過ごしていた場合、リビングが最も涼しい場所になりますよね。そのため、夏はリビングでそのまま眠るという人も少なくないようです。しかし、涼しいと感じる場所は室温だけでなく、間取りなどによって変わってきます。

一般的には、北側や東側の部屋で、2階より1階の方が涼しく感じると言われています。一度、室内のさまざまな場所で寝てみて、涼しいポイントを探してみると良いかもしれませんね。防犯上の問題がなければ、庭やベランダで寝るというのも選択肢の一つです。

スペースがあれば、外にテントを張って寝るのもおすすめですよ。室内で眠るよりも涼しいですし、何より子供は大喜びです。アウトドア気分を手軽に味わえますね。

最後に

いかがでしたか?まだまだ暑い日が続くため、熱中症対策にも注意が必要です。日中の対策だけでなく、夜の睡眠を快適に過ごすための対策も必要ですね。熱帯夜でなかなか寝付けないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

Sara
Sara
みんなのブログで生活をしていく上でのノウハウや節約術などのお役立ち情報を提供しております。毎日ブログを更新していますので、見に来てくださいね。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら