もう使わない口紅などの化粧品の使い方は?お家の中で使える、意外で簡単な再利用法おしえます

スポンサーリンク
728×90

古くなった、肌に合わなかった、でも捨てるのはもったいない…そんな化粧品ありませんか?ファンデーションをボディファンデとして使ったり、アイシャドウやチークをマニキュアに混ぜたりといった使用方法もありますが、今回は化粧品としてではない、意外で簡単な再利用法をまとめてみました。どれも何かと組み合わせることなく簡単に再利用できますので、面倒なことが苦手な方にも試せる方法です。

乳液やクリームは汚れ落としクリームとして再利用

乳液やクリームは、水と油分を乳化剤で結合させたもの。この構造は靴クリームも同様です。色素が入っていないので、靴の汚れを落とすために使うクリームとして再利用してみましょう。靴だけではなく、革製品のクリーナーや保湿クリームとしても使えます。

他にも、タイツやストッキングの上に塗りのばせば、静電気防止の効果もあります。はがしたいシールになじませて、シールはがしの代用としても。フェイスクリームだけではなく、ハンドクリームも同じ用途で利用可能です。 

口紅は研磨剤として再利用

口紅はシルバーを磨く研磨剤として再利用できます。口紅に含まれる二酸化チタンが研磨剤の役割をし、変色したシルバーもキレイになります。ティッシュに薄く口紅をのばし、シルバーを磨くだけ。細かい部分は綿棒を使うと便利です。

また、口紅の油分を利用して、油性ペンが肌についてしまった場合の汚れ落としとして使うことができます。汚れになじませて洗い流すだけ。どちらの場合も、口紅の色は気にすることはありません。 

クレンジングはクリーナーとして再利用

クレンジングはパフやブラシのクリーナーとして再利用できます。ファンデーションを落とす場合と同様に、汚れになじませて洗い流せばいいのですが、獣毛ブラシなどは、水気を嫌うものもありますので、個別のお手入れ方法を確認してください。

また同じ油分の汚れという意味では、コンロの掃除にも活用できます。古くなったクレンジングを、洗い流すとはいえ顔に触れるものに使いたくない方は、こちらの利用法がおすすめです。 

香水はクリーナーとして再利用

香水をそのままルームフレグランスとして使うのも簡単でいいのですが、窓ガラスや鏡を掃除するクリーナーとして使うこともできます。香水に含まれるアルコール分が汚れを落とし、拭きあとを残りにくくするという効果があります。

他にも掃除機のフィルターに吹きかけると、排気の香りがいい香りになったり、香水をしみこませた布でカーペットを拭くとダニ予防になったりと、お掃除に大活躍します。ただ、香りが強すぎる場合があるので、どうしても気になるようならエタノールで薄めるのも手です。

最後に

身近な日々の生活用品。再利用方法は沢山ありますね。化粧品だけでなく、コンタクトレンズの洗浄液や保存液についても実は知るとおいしい使い方があるのです。続けてご覧ください!

コンタクトの洗浄液・保存液の使い道について!メガネのレンズが綺麗になる?

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら