夏はカレー!いつもとひと味違う美味しいカレーを作るコツとは?

スポンサーリンク
728×90




カレーと言えば、大人から子供まで人気のメニューの一つですよね。その様な理由や調理が比較的簡単な事から、食卓に上がる回数が多いご家庭も多いのではないでしょうか?しかし、カレーの味付けは単調になりやすく飽きっぽくなりやすいのも事実です。今回は、たまには一味変わったカレーが食べたいと思ったり、家族からのリクエストがでてきたとき是非試していただきたいコツをご紹介します!

まろやかなカレーを作るにはヨーグルト!

お子さんが食べる時や辛さ・味などをまろやかに仕上げたい時は、ヨーグルトを使いましょう。ヨーグルトは色々な種類があると思いますが、無糖タイプのプレーンヨーグルトが良いでしょう。ヨーグルトの酸味が、カレーの辛さを程よく中和してくれます。

ヨーグルトを入れる分量は、大人4人分でおおさじ3杯位を目安にして下さい。もちろんお好みで調整していただいて構いません。

カレーの味を引き立てるのがチョコレート!

カレーの辛さや味を引き立てたい時には、チョコレートがおすすめです。味わいにコクが生まれ、カレーの辛味が引き立ちますよ!隠し味程度に使用する場合は、一かけらのチョコレートを加えます。チョコレートもヨーグルト同様、お好きな分量を入れてみて下さい。

チョコレートも沢山の種類がありますよね。私はいつも、ミルクチョコレートを使用しています。糖分が含まれていますが、カレー本来の味を邪魔することはなく程よいコクが引き出されます。

ビタータイプや無糖のチョコレートを使うとまた違った味が楽しめるのでは?と次回に挑戦してみようと考えています。

甘さが欲しい時はすりおろしリンゴ!

カレーに甘さが欲しい場合は、すりおろしリンゴを加えてみましょう。子供が食べる時にもおすすめです。特にポークカレーとの相性が良く、味を程よく引き立ててくれるのです。リンゴをすりおろすことがポイントですよ~~~~!

和風な味を強くしたいなら醤油!

カレーに醤油???と思われる方も多いかもしれませんが、これが意外と合うんです。カレーの辛さが抑えられるほか、多めに入れれば和風カレーに早変わり!!カレーうどんのルーにしたい時には、醤油もしくはダシつゆを少し多めに加えます。

子供も喜ぶ食べやすいカレーの出来上がりですよ!

最後に

いかがでしたか?ご紹介したヨーグルト、チョコレート、すりおろしリンゴ、醤油は、カレールーを加えるタイミングで混ぜるのがおすすめです。是非いつもと違ったカレーを楽しんで下さい!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら