断捨離はもはやブームではない!1kの賃貸でも、持たない暮らしはもう当たり前になりつつあります!

スポンサーリンク
728×90

ある時から断捨離ブームがはじまり、片付けられない人は「明らかに使っていないものは、全て捨てる」という意識が強くなりました。そして、ある程度捨てることに落ち着いたら、今度は「持たない暮らし」というのが注目され始めました。誰しもくつろぎの場所に、物をごちゃごちゃ置きたくないですよね。片付けられない人が断捨離をして、次に何をすればいいか分からず、気付いたらまた物が増えていたなんてことはありませんか?今回は、そんなお困りの人に伝えたい「持たない暮らし」についてご紹介します。 

不要な物を「出」したら、今度は「入」れない

断捨離ブームに火がつき、だいたいの捨てるという定義については、みなさんご存知だと思います。物を「出」すことに成功したら、今度は「入」れることを増やさないように気持ちを切り替えましょう。

例えば、郵便物や荷物が届いたり、仕事の道具を買いに行ったり、何かと物が入ることは出ることより多いと思いませんか?そのため

  • 「無駄なものを買わない」
  • 「貰わない」
  • 「持ち込まない」

の意識を普段からもっていれば、自然と物を入れることが減っていきます。 小さな1Kの賃貸に住んでいる場合は特に考える必要がありますよね。

高級品でも使わなければゴミに等しい

結婚式の引き出物で高級なペアカップを貰ったけど、自分の好みに合わずにずっと箱に入ったまま・・・なんてことありませんか?いくら高級品でも使わないまま取っておくだけでは、何の価値もなくただの場所取りになってしまいます。

「自分の暮らしに似合わないものは持たない」

という気持ちが大事なんです。でも、せっかくの頂き物を捨てるなんて失礼ですよね。その場合は、親や友達に譲ったり、直接顔の見えるフリマで

「好みが合わなかっただけで、本当に素敵なものなんですよ」

と気持ちを込めて売るということを考えてもよいでしょう。 

備えは大事だけど、備えすぎは邪魔になる

「備えあれば憂いなし」ということわざがあるように、地震や災害に備えて非常用のグッズを常備している人も多いと思います。これは、とても大切なことですよね。でも、溜めすぎているということはありませんか?

もちろん必要最低限の常備品はあると便利ですが、備えばかりに気がとられて賞味期限が過ぎた非常食や、有効期限が過ぎた乾電池など、本当に使いたいときに使えないなんてことになりかねません。備えることも大事ですが、その前に今を楽しく生きることにも関心を持ってほしいと思いました。

持たない暮らしには、捨てることを増やすのではなく、物を入れないということを増やすのが大切なのです。物が増えなければ、自然と捨てるものも増えないといことに繋がります。無駄遣いやとりあえず使えるしと買ったものほど、意外と使われていないということも多いと思います。

この機会に自分のくつろぎの空間に、無駄はないか確認してみるのもいいのではないでしょうか。

最後に

ものを片付ける方法として有名になったのが、こんまり流の「ときめき整理収納法」!まだご存知でない方、ぜひ次の記事をお読みください!

こんまり(近藤麻理恵)流が大人気!ときめき整理収納法とは

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら