授乳中のママにオススメのハーブは「 たんぽぽ(ダンデライオン)」。タンポポコーヒーも、たんぽぽ茶も。

スポンサーリンク
728×90




妊娠中から食生活など色々気遣ってガマンもたくさんしてきたママ。やっと出産して色んなガマンから開放されたかと思ったら今度は授乳。自分が食べて飲んだものが全て母乳の質に直結するから、また違う方向から食生活に気を付けないといけないですよね。赤ちゃんが飲んでる量も気になるし、乳腺炎なんて心配事も出てきます。色々ある心配事から今回は母乳の出や質を良くするたんぽぽに絞って紹介したいと思います。

たんぽぽコーヒーは母乳量を調整してくれる

たんぽぽは、中国では古くから漢方薬として利用されていて、ヨーロッパでも薬草として使われているなど、昔から食用とする習慣があります。その効能はたくさんあって、

  • むくみの改善や便秘解消
  • リラックス効果
  • 利尿作用
  • 発毛育毛効果
  • ホルモンのバランスを整えてくれる

ことから生理痛の緩和や不妊治療に用いられたり様々ですが、なんと言っても母乳の出を良くするということで妊娠中や授乳中の方には知られていますよね。日本でも産後母乳の出をよくする民間薬として昔から用いられていました。

たんぽぽの根にはいくつかの苦み成分が含まれていて、それらの有効成分に分泌物の代謝を高める作用があることから母乳の促進作用につながると言われています。たんぽぽは母乳の出を良くするだけでなく、出過ぎる母乳量を調整してくれるという作用もあるんです。

たんぽぽの根は土の中で育つので体を温めてくれます。なので血流が良くなります。そしてたんぽぽには血液を浄化する作用もあります。鉄分やカリウムが豊富な上、脂肪や血液中のコレステロールを減らして母乳をサラサラにしてくれるので母乳の質も良くしてくれるんですよ。

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーの違いは?

一口にたんぽぽと言っても、「たんぽぽ茶」と書いてあるものと「」と書いてあるものがあります。同じものだと言う人もいますが、ちょっと違うんです。

簡単に説明すると、たんぽぽ茶にはたんぽぽの根だけでなく葉っぱも茎も含まれています。それとは逆にたんぽぽコーヒーはたんぽぽの根のみが使われています。飲み方も、たんぽぽ茶は乾燥させた根っこや葉っぱを細かくしてそれを煎じて飲みます。わかりやすく言うと緑茶と同じ作り方に飲み方です。一方たんぽぽコーヒーは根っこを焙煎してあるのでコーヒーと同じ作り方と飲み方ですね。

味は、たんぽぽの成分が根っこの乳液に凝縮してるので、たんぽぽコーヒーはほんのり甘くて深い味、たんぽぽ茶は根っこだけでなく葉っぱや茎も使われてるのでたんぽぽの成分が薄くなってすっきりしています。

成分はどちらも原料はたんぽぽなので同じです。好みに合わせて選んでみてくださいね。

副作用を気にしなくても大丈夫

ノンカフェインなので飲む時間帯を気にする必要がありません。排尿や排便の回数が増えることがあるかもしれませんが、それはたんぽぽに利尿作用や便秘を解消してくれる作用があるからです。飲みすぎて体に悪い影響が出てるワケではありませんので、デトックスだと思って気にせず飲んでくださいね。

ちなみにわたしは、たんぽぽコーヒーを薄めに作ってお茶として飲んでいます。以前はおやつの時間などにコーヒーとして飲んでいたのですが、コーヒーとして飲むとやっぱりミルクとか入れたくなってしまいます。なのでそれをなくすためにお茶として飲むことにしました。1日1.5~2リットルほど飲みますが、母乳の量も安定してるし、余計なものが体の中に溜まってない感じで体が軽い気がします。効果の出方は人それぞれなので参考までに。

最後に

色んなタイプのたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーが売られているので、成分などもちゃんと見て自分にあったものを見つけてくださいね。

母乳育児をしている全国のママ、母乳の出の良し悪しでママが追い詰められることがないように。赤ちゃんの笑顔とママの笑顔のために、少しでもその手助けになればと思います。

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら